バスケのデータ見ながら語ります。

17-18シーズンプレビュー ホーネッツ編

このエントリーをはてなブックマークに追加

イーストの注目チームのひとつホーネッツ。何故、注目しているのか。 ハワードが入ったから? ケンバがいるから? ジョーダンがオーナーだから?

答えはマリク・モンクが加入したからです。とても楽しみだったのですが、捻挫したのがドラフトワークアウト中なのにキャンプでも完治してない様なのは、かなりマズイです。 そんなわけで1番の注目ポイントを失いました。

ちなみに注目チームとして挙げても、注目=勝てる、ではありません。追いかけるだけの面白そうなネタがあるのかどうかです。

, , ,

◉もう1度、周囲を確認

ホーネッツの話をする前に、もう1度イーストを見直します。

◯元々ホーネッツより強いプレーオフチーム キャブス セルティックス ウィザーズ ラプターズ バックス

◯明らかに弱くなったプレーオフチーム ペイサーズ ホークス ブルズ

◯プレーオフ争ってたチーム ヒート ピストンズ ホーネッツ

つまり何もしなくてもプレーオフまで順位を上げられる程に周りは弱くなりました。 そんな中でハワードを獲得したのだから注目したくもなるものです。

そんなハワードのために放出したのは、ベリネリとマイルズ・プラムリー。落ち目のハワードとはいえ暴利のトレード。しかもハワードのサラリーは23.5ミリオン。放出した2人は約19ミリオンなのだから財布にも響きません。

◯ハワード 13.5点 12.7リバウンド

◯ベリネリ+プラムリー 12.9点 5.6リバウンド

まぁどう考えてもプラスにしかならないトレードでした。1巡目指名権とられた、とかならわかりますがホークスの陣営は謎過ぎます。

, , ,

◉ケンバの大活躍

◯ケンバ・ウォーカー 23.2点
FG44.4% 3P39.9% 5.5アシスト 2.1ターンオーバー 1.1スティール

ケンバは活躍しオールスターにも選ばれました。カイリー・アーヴィングに比肩する数字で同等の評価を与えて良い、もしくは1人でチームを引っ張った分、ケンバの方が上かもしれません。 アシストだけはもう少し頑張りましょう。

そんなケンバの視点から考えて行きます。

, , ,

◉シュート力不足のチーム

ではケンバのアシストが少ないのは何故でしょうか。チームのFG%をみてみます。

◯FG 44.2%(26位) ◯3P 35.1%(18位)

チームは低いFG%と程々の3Pですが、40%決めたケンバを除くと33.3%になりリーグ最低クラスになります。

ケンバは61本のパスを出し、16本(3P6.2本)のシュートに繋げ、5.5アシスト(3P2.1)になりました。

ケンバのパスからは2P49.6%、3P33.6%となります。この数字は悪い数字なのですが、チームの平均的なFG%に近いので、シュート力不足でもあります。

つまりチームメイトのシュート力が低くてアシストが少ない事になります。

同じくらいのアシスト数のアーヴィングはパスの本数は10本くらい少ないですが、2P57.1% 3P38.7%と周囲のシュート力を得られます。 単純比較すればケンバはキャブスなら+1本のアシスト数にはなっていました。

, , ,

1人事例を挙げるとマービン・ウイリアムスが出てきます。この選手はスターターですが前年から大きくFG%を落としました。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
チーム展望
タグ:
モンク
ケンバ
ホーネッツ
ハワード

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【湘南校舎男子バスケットボール部】関東大学リーグ戦 大東文化大戦【東海スポーツ】

Bリーグ2017-18開幕節:地区間の実力差の定量的評価【konakalab】

なぜ、サラリーキャップが戦力を均衡させないか【Go Angels Baseball!】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:9828
  • 累計のページビュー:1668782

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. カイリーのトレードが決まらない
  4. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. バトラーのトレードを考える
  10. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss