バスケのデータ見ながら語ります。

17-18シーズンプレビュー ジャズ編

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロケッツはオフェンスに振り切った戦術を採用し、圧倒的な存在感を示しリーグで三番目に勝ち目立ちました。 その一方でディフェンスに振り切ったのがジャズです。しっかりと51勝をあげ、リーグで5番目に勝ちました。それは長い時間をかけて熟成してきた戦術が実を結んだ喜ばしいものでした。

そんな喜びも束の間。エースのヘイワードを引き止める事は出来ず、何の見返りもなくセルティックスへと去っていきました。

チームはゴベールを中心にディフェンスに力点を置く事を表明していますが、これ以上どうやったらディフェンスに傾倒出来るのかは疑問です。

失点 96.8(1位) ディフェンスレーティング 102.7(3位) ペース 93.6(30位)

厳しく守った上で、極めて遅いペースで試合を進めるのがジャズです。これだけ分かりやすければ、ヘイワードがいなくなってもやる事は変わらないでしょう。

, , ,

◉ディフェンス

被FG% 44.3%(2位) 被3P% 35.8%(17位)

前回のグリズリーズ同様にシュートを外させる事に長けていますが、3Pに対しては平均的な確率で決められています。

被FGアテンプト 82.0(3位) 被3Pアテンプト 22.9(2位) 被FTアテンプト 20.7(6位)

しかし、グリズリーズは外からのシュートは打たせていたのに対して、ジャズはどこまでも追いかける形でそもそも3Pを打たせません。

一方でファールで止める事を良しとせず、フリースローも打たせません。ファール数がリーグトップのグリズリーズとは大きな違いがあります。

失点 96.8(1位) ペイント内失点 41.0(8位) 速攻での失点 10.5(2位)

失点が少なく、また速攻もやられない割には、ペイント内はやられています。外まで守るので切り込まれる事は織り込み済みのはずです。そこには当然ゴベールが待っています。

, , ,

◯ゴベールの被FG 6.6/15.4 43.1%

◯ゴベールのブロック 2.6(1位)

ゴベールの近辺からシュートを打たれた本数15.4はリーグで4番目に多いです。あれだけの高さを誇る選手の近辺から打せているわけですから、意図的に追い込んでいる面が伺えます。

そしてブロックがリーグ1位。強力なリムプロテクターとして機能していました。新しいシーズンでもその流れは変わらないでしょう。

イングルスなんかはゴベールの存在を利用して極端なディレクションをかけたマークをし、上手く手を出してスティールします。ディレクションはウィークサイド側を抜かせてしまいヘルプディフェンスと挟む形のトラップにもなっています。

またヒルはスイッチが発生した時などは、相手のビッグマンをブロックしてインサイドに入れないようなプレーをします。これは相手にスペースを与えることになりますが、ゴベールがいる分だけ得をする算段です。

細かい部分でゴベールの高さを活かしにいきます。

, , ,

ではゴベール不在時はどうなのでしょうか。プレーオフでは開始直後にケガで不在となったものの、何の問題もなくクリッパーズと戦いました。

◯ゴベールのディフェンスレーティング オンコート 100.6 オフコート 107.5

そんなわけでゴベールは超重要です。フェイバーズもいるのでプレーオフではカバー出来ていましたが、長いシーズンなのでよりディフェンス力を強化するにはゴベールが健康でいることと、オフコートレーティングを上げることがポイントになりそうです。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
チーム展望
タグ:
ドノバン・ミッチェル
ストックトン&マローン
ルビオ
ゴベール
ヘイワード
ジャズ

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【#Bリーグ】17-18 アルバルク東京の伊藤大司選手がレバンガへ電撃レンタル移籍。#レバンガ北海道【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

17-18シーズンプレビュー グリズリーズ編【バスケのデータ見ながら語ります。】

【NBA17-18】D・ウェイドが再びレブロンとタッグを組む、キャブズとの1年契約に合意。#DefendTheLand【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:2692
  • 累計のページビュー:2017794

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  9. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss