バスケのデータ見ながら語ります。

17-18シーズンプレビュー グリズリーズ編

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年の夏はサラリー高騰が進み、その中でリーグ最高年俸となったのはグリズリーズのコンリーでした。お前が最高かよ!とツッコミが入る契約でしたが、1年経てば違和感はなくなりました。 高額契約が増えた事もありますが、プレーオフではチームを強力にリードし、クレバーなプレーメイクと勝負強いスコアリングでスパーズを苦しめる姿は数字には現れないコンリーの価値を示しました。

そんなコンリーとリーグ最高のセンターと評価されたマーク・ガソルを中心としたチームは、毎年50勝を超えるエリートチームでしたが、15-16シーズンに衰えを見せ始めました。

13年 56勝 14年 50勝 15年 55勝 16年 42勝

こうして変わる事を求められ、新人HCのフィツデイルの下で同じコアメンバーで16-17シーズンを戦い43勝を挙げ、危なげなくプレーオフに進みました。

, , ,

◉ベテランズの退団

この夏にピンス・カーター、ザック・ランドルフ、トニー・アレンが退団しました。彼らの退団により15-16シーズンに400分以上出場した選手は9人居なくなり、残ったのはエース2人とジャマイカル・グリーンの3人だけです。(グリーンは未契約、チャルマーズは戻ってきたけど。)

何故、こんな事態が起こったかというとプレーオフこそベテランに依存した戦い方をしましたが、フィツデイルは前任が全く出来なかった若手の活躍とオフェンスの変革を促したからです。ある程度の成功を収めたシーズンを終え、新たなシーズンに向けエース2人はそのままに周囲の若返りを図りました。

まぁ若返りと言っても大して若くないですが。

, , ,

◉主な新加入選手

タイリーク・エバンス ベン・マクレモア

大して若手でもありませんが、ローカルチームでは長く在籍してくれる事も大切です。特にエバンスはメンフィス大出身なので、そんな期待もしているでしょう。

2人ともアウトサイド中心の選手なので、ランドルフに代表されるようなポストプレーからの脱却を図ることになります。その傾向は既にありました。

, , ,

15-16シーズンと16-17シーズンの得点比較

◯ガソル弟
得点 16.6→19.5 ペイント内 7.1 → 7.2 3P 0→ 4.2

兄同様に多彩なガソルはペイント内得点はそのままに3Pで平均得点をグッと上げました。そもそもキャリアで12本しか決めていなかった3Pを104本決めました。年齢を重ねても多彩な能力を見せつける兄弟です。

このアウトサイドシュートの流れは、もちろん新HCがもたらしたものです。

◯チーム得点 99.1(24位)→ 100.5(29位)

ペイント内
44.0(11位)→ 40.5(24位) 3P
18.4(27位) → 28.1(15位)

グリズリーズも平均得点を上げましたがリーグ全体がオフェンスに傾く中では相対的に弱くなりました。ドライブから得点できる選手を欠いているため、3Pに活路を見出したといえます。

◯3PFG 33.1% (29位)→ 35.4%(17位)

確率は標準ではありますが、元々が酷かったので大きな改善です。ベースは出来てきたので、新加入の2人にはアウトサイドオフェンスを強化してくれる事が求められます。

ただ、2人ともベストな選択肢ではないので、どちらかがフィットしてくれて、もう一方が6THマンになれれば十分でしょう。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
チーム展望
タグ:
フィツデイル
コンリー
ガソル
グリズリーズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【NBA17-18】D・ウェイドが再びレブロンとタッグを組む、キャブズとの1年契約に合意。#DefendTheLand【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

【NBA】2017 Nba Championship: Highlights ウォリアーズ "Strength In Numbers" [DVD] 、見ました。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

チーム紹介⑦・⑧ ~専修大学&明治大学(2010~2013)~【気ままなバスケブログ~基本シーホース、たまにNBA~】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:9828
  • 累計のページビュー:1668782

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. カイリーのトレードが決まらない
  4. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. バトラーのトレードを考える
  10. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss