バスケのデータ見ながら語ります。

17-18シーズンプレビュー ペリカンズ編

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナゲッツ、クリッパーズ、ブレイザーズと続いてのペリカンズです。このシリーズはウエストのプレイオフ進出ライン上のチームをプレビューして順位を考えていきます。

◉最強インサイドコンビ

プレーヤーのパワーランキングは常に議論の的になるわけですが、最強インサイドコンビのカテゴリーを作ったら満場一致でアンソニー・デイビス&デマーカス・カズンズになるのではないでしょうか。 それくらい強力なコンビですが、それ以上にインサイドコンビを中核に置くチーム作りは珍しくなりました。

2010年代後半の現代バスケにおいて、最強インサイドコンビは勝利をもたらせるのか?

その答えは今の所NOです。 しかし、ペリカンズが成功すればリーグの流れを変えてしまう可能性があります。やっぱりビッグマンコンビは有効だと。

そんなコンビに高い機能性をもたらす新しい発想のシステムが産まれるかに注目していますが、それをプレビューするのは難しく、また正直、ペリカンズのスタッフから新しい発想が産まれる予感はありません。

, , ,

◉ディフェンス勝負出来るのか

コンビは珍しいですが、ビッグマンを中核に置くのは珍しくありません。そんなチームはディフェンス力を売りにしています。例外はクリッパーズくらいですが、それはベンチが弱いというロスター構成の問題なので違う話です。

強力なビッグマンを抱えるペリカンズですが、カズンズ獲得後はむしろディフェンス力を落としました。

◯ディフェンスレーティング オールスター前 104.6(8位) オールスター後 105.6(13位)

付け足しておくとディフェンスは悪くなっていますが、オフェンスの改善が大きくトータルではプラスに働いています。 トレードでプレイオフ滑り込みを狙ったけど、カズンズ獲得後も負け越したのは、ディフェンスが改善しなかった事に原因がありました。

, , ,

ビッグマンディフェンスに強く関わる数字を見て行きます。 プレビュー目的ですから全てカズンズ後の数字です。

◯ディフェンスリバウンド 34.6(5位)

◯ブロック 4.6(18位)

◯ペイント内失点 43.8(12位)

インサイドが強いチームとしてある程度の成果はあるものの、最強インサイドコンビというには、どれも物足りない数字です。

そして実はブロック数はリーグ5位から12位相当へ減りました。カズンズは細かい部分でサボりがちなのも関係はしますが、それだけが理由ではなさそうです。

, , ,

◉インサイドを攻めさせる

カズンズ獲得後にブロック数は減ったものの、ペイント内失点は減り、被FGアテンプト数も減りました。一方で被FG%は悪化しました。どれも誤差の範囲内ではありますが、総じてみてとれるのが

カズンズ&デイビスを相手が気にして、無理にインサイドを攻めてこない

そんな構図が浮かんできます。至極当たり前の対策ですが、ペリカンズはそんな対策に負けたと言えます。

, , ,

前回のブレイザーズ編では「ヌルキッチ獲得によりアウトサイドディフェンスが向上した」という点に触れました。そしてインサイドを任されたヌルキッチはブロックが大幅に増えました。

ペリカンズは「インサイドが強いから失点が減るはず」くらいに捉えたかもしれませんが、しっかりと戦術を絡めないと対策に負けるという事です。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
チーム展望
タグ:
ロンド
カズンズ
アンソニー・デイビス
ペリカンズ

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「17-18シーズンプレビュー ペリカンズ編」へのコメント

ペリカンズのレビューありがとございます。

HCの話題にも触れていただき、
またまた興味深く拝読しました。

こんな記事も読みたい

【大学バスケ】2017' 男子第69回 北海道大学バスケットボール選手権大会 (インカレ予選) 第3週。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

バスケットボール部・第93回関東大学バスケットボールリーグ戦 対国士舘大① 【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

17-18シーズンプレビュー ブレイザーズ編【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:2692
  • 累計のページビュー:2017794

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  9. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss