バスケのデータ見ながら語ります。

17-18シーズンプレビュー ブレイザーズ編

このエントリーをはてなブックマークに追加

プレビュー再開はブレイザーズ。メディア予想ではプレイオフにすら出れないとされる事もあるなど、何だかとっても怪しいですが、注目したいのはイーストのヒート、ウエストのブレイザーズなのです。

サボっている間に公式サイトに抜かれたので、そちらのプレビューもあります。 http://www.nba.co.jp/nba/2017-18-team-analysis-blazers/s3yei2juhpgy1tue75s3j8wkh

, , ,

◉補強したっけ?

ポール・ジョージ ↔︎ 指名権×3 カーメロ・アンソニー ↔︎ ハークレス他

ビックネームに果敢にアタックしていくブレイザーズだけど、結局何かしたっけ? 年俸が高過ぎるアレン・クラブをネッツに渡したり、プレーしてないのにチームメイトに苦言を呈したエジーリを解雇したくらいしかニュースがなかった気がします。

グリズリーズですら割と動いたのに、動かなかったのはシーズン後半の好調に明確な理由があったからです。優勝のためにビックネームは狙うけど、そうでなければ現状を変えたくない一面もあります。

, , ,

◉ヌルキッチ

ナゲッツではヨキッチが大ブレークし、チームは急激にオフェンス力をあげました。それまでレギュラーセンターだったヌルキッチは使えない選手とみなされても仕方ありません。

そんな選手と素晴らしいハッスルプレーヤーでありアメリカ代表歴もあるプラムリーをトレードするという信じられない事をしました。既にキャップスペースのないブレイザーズがRFAとなるプラムリーをキープ出来ないと判断してのトレードでしかないと考えられていました。

◯ブレイザーズ成績 オールスター前 23勝33敗 オールスター後 18勝 8敗

◯ヌルキッチ成績 ナゲッツ所属 8.0点 5.8リバウンド 1.3アシスト 0.6スティール 0.8ブロック

ブレイザーズ所属 15.2点 10.4リバウンド 3.2アシスト 1.3スティール 1.9ブロック

アシスト以外はプラムリーを上回り、驚くほどにチームにフィットしました。特にディフェンス面での貢献は非常に大きかったです。

オールスター前と後の比較 ◯平均得点 107.3→109.3 ◯平均失点 110.1→105.0

ヨキッチがナゲッツのオフェンスを激変させたのならヌルキッチはブレイザーズのディフェンスを激変させました。

, , ,

ヌルキッチはプラムリーよりも遥かに優れている選手、というわけではないので、ガードコンビ中心のブレイザーズに完璧にフィットしたとしか言いようがないです。

そんなヌルキッチの良さが全て出たような試合ハイライトです。

28点20リバウンド8アシスト6ブロック ‪https://youtu.be/XlZxGKYMv14‬

ヨーロッパ系のアウトサイドもあるスキルフルなセンターではなく、高いというよりデカいタイプです。プラムリーの方が走れますが、ペイント内のフットワークの良さはヌルキッチが上です。

プラムリーとヌルキッチ出場時のチーム成績 (比較しやすくするため48分換算) プラムリー → ヌルキッチ

◯失点 109.6→104.4 ◯被FGアテンプト 85.6本 → 89.0本 ◯被FG 46.9% → 44.9% ◯被3Pアテンプト 25.6本 → 24.3本 ◯被3P 39.5% → 33.4%

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
チーム展望
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

バスケットボール部・第93回関東大学バスケットボールリーグ戦 対神奈川大①【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

2017' 男子第69回 北海道大学バスケットボール選手権大会 (インカレ予選) Game5 星槎道都大● 74-96 ○東海大札幌。【星槎道都大学 男子バスケットボール部 BraveFoxies】

【NBA17-18】カーメロ・アンソニーがサンダーへトレード、ウエストブルック&ポール・ジョージとBIG3結成🔥。#ThunderUp⚡【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:15143
  • 累計のページビュー:1739773

(12月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  10. バトラーのトレードを考える

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss