バスケのデータ見ながら語ります。

17-18シーズンプレビュー キャブス編

このエントリーをはてなブックマークに追加

アーヴィング騒動が決着した事でまさかの補強に成功したキャブス。トレード拒否条項を持ちながら残留宣言をしていないキングと共にラストダンスに臨む陣容は整いました。 最後のシーズンになるかどうかは知りませんが、それも考慮すべき一因です。

キャブスについては振り返りをしています。

キャブスを振り返る

今読むと少し印象も違うのですが、基本的にはこんな感じです。

◯全てをレブロン仕様にしたため、レブロンがいないと機能しない。いても調子悪いと機能しない。

◯戦術はない。言うなれば戦術レブロンを日常的にしている。ティロン・ルーはデビット・ブラッドの遺産を食い潰した。

◯シーズンを通したプランニング不足。

一番大切なのはプランニングの部分です。

, , ,

◉主な新加入選手

放出 カイリー・アーヴィング デロン・ウイリアムス デリック・ウイリアムス

加入 ホセ・カルデロン デリック・ローズ アイザイア・トーマス ジョー・クラウダー ジェフ・グリーン 2018ネッツ指名権

まず最も大きいのはクラウダーの獲得です。 ・レブロンの代役 ・ディフェンダー ・スモールラインナップの大型化 ・SGの強化

デリック・ウイリアムスでも良かったと思いますが、実績のない選手は信用されないチームです。チームプレイヤーのクラウダーは様々なオプションを可能にします。 特にJRスミスを見限れる体制は重要です。3P以外に仕事がなくなり気味になっていました。 レブロン、クラウダー、ラブを軸にしたスモールラインナップも組みやすくなります。

コーバーはSFとしての起用が多くなりましたが、SGにするとディフェンスの負担が減ります。もっともPG陣のディフェンスが不安なのでその点では微妙ですが。

本当はジェフ・グリーンで十分だったのですが、アーヴィング余波を受けた可哀想なグリーン。アメリカ代表クラスだったのにな。ジェフ・グリーンってミニマム契約の選手ではないです。

グリーン2016

, , ,

◉ラインナップの多様性

クラウダーとグリーンでスモールにもビックラインナップにも対応し易くなりました。これが何故重要かというと、レブロンの特殊なポジションにあります。

省エネも含めてディフェンスではSFかPFを担当し、オフェンスではガードになります。

逆に言えば、ディフェンスではガードかSFを担当し、オフェンスではSFかPFを担当できる選手がいれば楽になるわけです。 クラウダーとグリーンはまさにそれが出来る選手になります。

またトリスタン・トンプソンの代役不足も課題になっていました。オフェンスリバウンドマスターはサイズの問題もありディフェンス面で不安があります。だから代えたい時があるのですが、ラブにお願いするしかありません。この時、インサイドはラブとレブロンになるだけでなく、他はガード3人になる事があります。

これもクラウダーかグリーンがSFに入る事でインサイドディフェンスを強化出来ます。

同じ選手で多様性を持たせられるため、安心してラインナップ変更が可能になります。

, , ,

◉トーマスの獲得

7ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
チーム展望
タグ:
ラブ
アイザイア・トーマス
レブロン
キャブス
ローズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【#Bリーグ・プレシーズン】2017/8/27 Game3 #富山グラウジーズ🔥○ 81-78 ●琉球ゴールデンキングス。#grouses【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

【女子U24日本代表】2017' 第29回ユニバーシアード競技大会 準決勝 日本🇯🇵○ 84-63 ●ロシア🇷🇺。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

【#Bリーグ・プレシーズン】2017/8/26 Game2 #富山グラウジーズ● 70-87 ○琉球ゴールデンキングス。#grouses【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1350317

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. カイリーのトレードが決まらない
  3. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  4. 今季のキャブスを振り返る
  5. バトラーのトレードを考える
  6. カイリー・アーヴィングのトレード問題を考える
  7. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編
  8. FA・トレード 20170717
  9. 17-18シーズンプレビュー クリッパーズ編
  10. FA・トレード 気になるチーム

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss