バスケのデータ見ながら語ります。

17-18シーズンプレビュー レイカーズ編

このエントリーをはてなブックマークに追加

プレビュー第3回はレイカーズです。

データを検索すると酷い数字ばかりで、何から伝えれば良いのかわからないまま時は流れて、浮かんでは消えていくありふれた内容ばかりです。 レイカーズファンは多いでしょうし、マジックがフロントを指揮するようになってまだ半年です。これまでの方向性を変えた部分もあるので、現状は把握するだけにして将来に期待し物事はポジティブにみていきましょう。

, , ,

◉目標を設定しよう。

ヒートは勝つ事が目標なので具体的な改善事項まで触れました。キングスは白紙で頑張れよ、という具体性ゼロにしました。レイカーズの目標は難しいです。人気チーム故の特権も含めてキングスとは事情が異なります。

コービーが3年連続ケガをした時点で1つの時代が終わり、再建に方向性を変えました。コービー不在でドラフト指名権に恵まれた事もあり若手有望株が既に集まった状態です。

加えて来夏にはレブロンやポール・ジョージの獲得が騒がれています。何故レブロンなのかは不明ですが、噂が出るという事はレブロン側が仕掛けている可能性もあります。

, , ,

再建のためにシーズンを通じて育成目的で過ごすのではなく、大物FA加入すれば優勝を狙えるチームになる事が目標になります。具体的にポイント化してみましょう。

◯完成度の高い若手スター育成 ◯欠点の少ないチームの確立 ◯サラリーキャップの整理(放出候補確定)

レブロンが戻ってきた時のキャブスで考えると、FAでエース加入(レブロン)、若手スター(アーヴィング)、チームとしての機能(モズコフ、トンプソンなどのインサイド)となり、同時に余剰人員とトレードでラブを獲得しています。 そう考えると今いる選手はトレードで大放出作戦になりますが、高く売るためにも勝利に向けたチームである事は重要です。

, , ,

レブロンが加入するかは別にしてFAは視野に入れているはずです。その意味ではロンゾとイングラムを本物にして、他にロールプレーヤーを作る事が目標となるはずです。

また来年の指名権はトレード済みです。これ以上の有望株を増やすのではなく、今のメンバーで戦術を整えて戦えるチームにしていく事になります。

長くなりましたが、結局は1つでも多く勝つのが目標です。但し、内容にも拘るべきというだけです。 エースが加入して全てを解決してくれるなんて都合の良い事はあり得ません。ベースを上げて弱点を減らし、願わくば自分達のカラーを出す。そこに加わりたい、と思わせる事が大切です。

, , ,

◉ショータイム・オフェンス

マジックが目指すのはショータイムです。そしてHCにはウォーリアーズを勝たせたHC代行であるルーク・ウォルトンがいます。 ならばオフェンスでやるべき事は自ずと見えてきます。ウォーリアーズに近い水準で考えてみましょう。

オフェンス

得点 104.6(17位) レーティング 103.4(24位) 2PFG 49.4%(22位) 3PFG 34.6%(22位)

まぁどれも真ん中より下という微妙な感じです。ショータイム時代は115点以上なので理想には程遠く、いろんな部分を解決しなければいけません。それは今のウォーリアーズクラスだよと。

理想は理想でしかないので、分解して見ていきましょう。

, , ,

◯イージーオフェンス

ペイント内得点 47.7(4位) オフェンスリバウンド 11.4(7位) セカンドチャンス 13.5(10位)

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
チーム展望
タグ:
イングラム
ジュリアス・ランドル
ロンゾ・ボール
ブルック・ロペス
レイカーズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「17-18シーズンプレビュー レイカーズ編」へのコメント

いえいえ、楽しく読ませて頂きました(^^)
やっぱりチームには軸がありますよね、管理人さんのおっしゃるようにポールジョージ欲しかったです。

「17-18シーズンプレビュー レイカーズ編」へのコメント

いまいちな内容で申し訳ないです。やはりスターターが3人変わるとなるとシステムは読めない面が大きいです。

レイカーズの場合、優勝狙う前提なので、リーグの5本の指にはいる選手が欲しくなります。それには代償も必要なのですが、フロントがリスクを避けすぎました。スクラップ下手でしたね。

ダンカンのいるうちにレナードを育てたように、コービーのいるうちに新しい才能を探すべきでした。ポール・ジョージも含めてドラフト10位以下でスターになった選手も多いのでスカウト力がなさすぎました。

「17-18シーズンプレビュー レイカーズ編」へのコメント

レイカーズのプレビューありがとうございます(^^)
ブルズ王朝の後もそうでしたが、チームのスクラップアンドビルドは大変ですね、でもやっぱりロンゾボールでどのような変化が起こるか楽しみです。

こんな記事も読みたい

【男子日本代表】FIBA男子アジアカップ2017 予選 G1 日本🇯🇵 ● 68-84 ○オーストラリア🇦🇺。#FIBAAsiaCup2017【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

【NBA】アフリカゲーム2017' Team World○ 108-97 ●Team Africa。#NBAAfricaGame【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

2017 水まつり3on3バスケ大会@名よせ商店街四季菜(8/6) 終了しました。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:10994
  • 累計のページビュー:1724631

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  10. バトラーのトレードを考える

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss