バスケのデータ見ながら語ります。

17-18シーズンプレビュー キングス編

このエントリーをはてなブックマークに追加

プレビュー第1弾はリクエストいただいたヒートにしましたが、後半に向けてチームが改善した事や特徴がわかりやすかったので書きやすいチームでした。

第2弾はどこにしようか考えましたが、逆に書きにくいチームにしようと思いました。そこで選んだのはキングス。データの使いようがない若者と移籍ベテランで成り立つチームです。

不安なのはキングスに需要(ファン)があるかどうかですが、かつてキングスはリーグで最もエキサイティングなチームでした。スーパーなパッシングゲームは見る人を興奮させてくれました。

「そんな時代知らない」という方には動画検索をお勧めします。

kings2000s

今では高いスキルを駆使してプレーするインサイドプレーヤーが増えてきましたが、その先駆者的なチームがキングスです。PFクリス・ウェバーとCブラデ・ディバッツからもファンタスティックなプレーが飛び出しリーグ2番目の強豪でした。そんな当時のチームが完全に解体された2006年からキングスはプレイオフに進出出来ていません。

その時代が忘れられないからか、低迷するチームのフロントで指揮を任されているのはディバッツです。

, , ,

◉失敗続きのチーム作りをリセット

ディバッツはチーム立て直しに奮闘し、カズンズを中心にゲイやロンドなんかも在籍して、それなりに期待値を上げては補強に失敗して下げる行為を繰り返します。

そして遂にチームに見切りをつけカズンズを放出しました。FAになれば移籍濃厚という事も関係はしていましたが、それはスケープゴートに過ぎず本質的にはチーム立て直しがメインだったはずです。

, , ,

そんな状況に陥った要因は弱いチームでありながらドラフトに失敗し続けた事が挙げられます。

2011年からのドラフトで7位、5位、7位、8位、6位、8位と高順位で指名していきますが、残っているのは2015年のウィリーコーリースタインのみです。

チョイスも酷ければ育成もガマンできず、早々にトレードしては失敗してきています。これをみるとむしろカズンズに同情したくなります。 リラードを指名していたら? クレイ・トンプソンを指名していたら? きっと今頃はプレイオフでの勝利を目指すチームだったでしょう。

キングスはドラフトも育成も下手! ここ重要です。

, , ,

◉期待値を高めた3ヶ月

そんなキングスの夏の動きの中に興味深いニュースがありました。四月に就任した副社長のスコット・ペリーがニックスのGMになるというニュースです。僅か3ヶ月の在籍でしたが、この間のキングスはメディアから賞賛されました。

まずチームは完全にリセットされます。現在公式サイトには18人の選手が掲載されていますが、3年以上のNBA経験がある選手は6人だけ。キングス在籍3年以上の選手は0です。完全に若手主体に切り替わりました。

ドラフトは5位と10位指名権がありました。ロッタリーを狙っていたと思われますがクジに外れました。それでもデアーロン・フォックスが獲れたのはPG豊作のドラフトならではです。 さらに秀逸だったのは10位指名権を15位と20位に変換し、ジャスティン・ジャクソンとハリー・ジャイルズを獲りました。どちらももう少し上位での指名が予想されていた選手です。この2人がどれだけ活躍するかはわかりませんが、かなりツキもあったドラフトでした。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
チーム展望
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「17-18シーズンプレビュー キングス編」へのコメント

ダグ・クリスティの存在も現代の構成と似てますよね。オフェンスは最低限でディフェンス優先。
でもそんなクリスティも意外性のあるパス出すのだから面白いチームでした。今何してるのでしょうか。コーチに向いてそう。

ウルブズは好きなのでやりたいのですが、シボドーのバスケットへの理解に乏しいので、選手が大きく入れ替わった中でどんな構成で書くべきなのか迷っています。

「17-18シーズンプレビュー キングス編」へのコメント

ありがとうございます。

ロケッツとクリッパーズは需要が多そうなので必ずやります。問題はカーメロ待ちという事です。
クリッパーズはこのままのロースターかもしれませんが、ロケッツは構成考えないとまずい気がしますので。でもハーデンとのコンビは意外と機能しそうな雰囲気でした。

少し後回しになる予定です。

17-18シーズンプレビュー キングス編

2000年初頭のキングスは本当に魅力のあるチームでしたね。
2002年のウエストファイナル(対レイカーズ)、個人的には
プレーオフで一番の好シリーズだと思っております。
ダグ・クリスティのハードなディフェンスと、
シュート決めた後に人差し指を天に向けるパフォーマンスが大好きでした。

シーズンプレビュー、楽しみにしております。
可能であれば、オフで一番動きがあったウルブスをお願いしたいです。

「17-18シーズンプレビュー キングス編」へのコメント

いつも楽しく拝見しています。
データ分析による解説や展望論にはとても説得力があり、更新が毎回楽しみです。

さて、現在シーズンプレビューを投稿されていますが、私からは2チームのリクエストがあります。
それはロケッツとクリッパーズです。
私はクリス・ポールのファンなので、今回の移籍に絡んだ上記チームの展望を書いていただきたいです。
可能であれば、よろしくお願いします。

今後もご無理なさらず、更新されることを楽しみにしています。

こんな記事も読みたい

2017正官庄 東アジアチャンピオンズカップ 8/4 サンロッカーズ渋谷 ○69-62● 安養KGC。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

【Bリーグ FINAL】川崎ブレイブサンダース VS 栃木ブレックス 終章【WinnieTheBooの散発ブログ】

【高校バスケ】2017' 福島 #バスケインターハイ 最終日。男子:福岡大大濠が明成を1点差で退け優勝🏆✨。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:10994
  • 累計のページビュー:1724631

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  10. バトラーのトレードを考える

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss