バスケのデータ見ながら語ります。

17-18シーズンプレビュー ヒート編

このエントリーをはてなブックマークに追加

特にニュースもないし何書こうか考えていたところ、ヒートのプレビューの話をいただきました。プレビューってまだ早いかな、と思っていましたが、よく考えたら30チームあるので2日に1チーム書いても2ヶ月かかります。まぁ全チーム書くことはないでしょうが。

そんかわけで第1弾はヒートです。アーヴィングとのトレード成立しない前提です。

, , ,

◉最大のストロングポイント

管理人はヒートが嫌いです。その理由は仲良しこよしでビック3なんて結成してリーグをつまらなくしたからです。アレ以降、いろいろな場面でその影響が出ています。ウィザーズのオーナーは初めてラグジュアリータックスを払う事になった件について、ラグジュアリータックスはレブロンGMが原因と言ったそうです。戦力集中とサラリーキャップを大きく超えたチーム設計はアンバランスなリーグを加速させました。

つまりはプレーでなく姿勢としてレブロンが嫌いで、故にヒートも嫌いでした。でも、それって今の選手にもチームにも関係ありません。そしてビック3全員が去ったヒートは開幕後の低迷から立て直し、終盤戦のスパートで一気に注目チームとなりました。スター不在の中行われるチームプレーは素晴らしいものでした。

, , ,

ヒート最大のストロングポイントはスポルストラHCとなりました。ビック3が去った事で評価を上げたわけです。戦力が強大で勝っていただけ、という評価を覆しました。ちなみに社長のパット・ライリーもかつて同じ事をしています。

スターがいなくなった事で、チームとしての機能性を高めるというのは、よくある話である反面、それだけの人材を集める方向に切り替える事が難しく、勝利に結びつかない事が多いです。

その点ではライリーとスポルストラのコンビは機能しているといえます。見事に層の厚いチームを作りました。 ちなみにこのオフにペイサーズが同じ取組をしています。

, , ,

◉アウトサイドの改善で勝利を呼び込む

ドラジッチの20点を筆頭に、平均二桁得点が8人並びます。(ウィンスローは18試合のみ)全員が残留見込です。

しかし、8人中5人がガード登録の選手という奇妙な構成です。3P全盛期のNBAにおいてはそこまで外のシュート数が多いわけではないのですが、チームの勝利との関係性は高いものがありました。

12月までの成績

10勝24敗
平均98.4点
3P 8.5/25本 34%

1月以降の成績

31勝14敗 平均106.5点 3P 10.8/28.4本 38.1%

得点が8点増えており、3Pは2.3本増えたので7点増えた事になります。二桁得点の8人中6人が平均3本以上の3Pを打っています。 つまり全方位アウトサイドシュートスタイルの確立が生み出した得点力アップでした。

41勝41敗でしたが、勝った試合の3Pは41%、負けた試合は31.7%と10%の差があります。シューターを揃えたチームではないので、安定感に欠けるのは否めないでしょう。

, , ,

リーグで38.1%以上の確率で3Pを決めたのはスパーズ、キャブス、ウォーリアーズの3チームだけです。この確率をシーズン通してキープ出来るかが、キーポイントになりそうです。

夏の補強でセルティックスからオリニクを獲得しました。オリニクの能力については賛否でそうですが、アウトサイドシュートには定評があります。 ストレッチ系のインサイドを得た事でさらなる3Pの増加、チームオフェンスを崩さずにビックマンを使える利点があるため、ヒートにとっては有用な存在です。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
チーム展望
タグ:
ホワイトサイド
ドラジッチ
オリニク
ヒート

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「17-18シーズンプレビュー ヒート編」へのコメント

ありがとうございます、楽しみにしてます(^^)
オドムは素晴らしい選手だったので、今の現状が悲しいですね。

「17-18シーズンプレビュー ヒート編」へのコメント

コメントありがとうございます。

プレビューはキングス編を書いている途中だったのでレイカーズは後日。ポジティブすぎる内容になるイメージなのでプレシーズンくらい待とうかと思ってましたが先に書いてみます。

印象深いチームはキングス編の中にも入れました。個人スタッツに触れてフューチャーするのは良いかもしれませんね。過去よりも現在の地味な選手がいいかな。
1番分析したいのはレイカーズ時代のオドムです。

「17-18シーズンプレビュー ヒート編」へのコメント

いつも楽しんで読ませて頂いてます(^^)。
過去の印象に残っているチームや選手の事を書いてもらえたら嬉しいです。
レイカーズのファンなのでレイカーズのプレビューも楽しみにしてます(⌒▽⌒)

「17-18シーズンプレビュー ヒート編」へのコメント

ちょっと調べてみたらドラジッチは3.4点でリーグ20位なのでまずまずですが、次に来るのがウェイターズの2.1点でリーグ62位です。

30チームですから上位2人でこのランクではチームは厳しいですね。

こんな記事も読みたい

【高校バスケ】2017' 福島 #バスケインターハイ 最終日。女子:桜花学園の連覇がストップ、岐阜女子が初優勝🏆✨。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

【高校バスケ】2017' 福島 #バスケインターハイ 6日目。男子:福大大濠が4OTを制し明成とのファイナルへ。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

カイリーのトレードが決まらない【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:5285
  • 累計のページビュー:548017

(08月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. カイリーのトレードが決まらない
  2. FA・トレード 20170717
  3. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  4. バトラーのトレードを考える
  5. カイリー・アーヴィングのトレード問題を考える
  6. FA・トレード 気になるチーム
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編
  9. FA・トレード 20170706
  10. ウォーリアーズの今季を振り返る

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss