バスケのデータ見ながら語ります。

カイリー・アーヴィングのトレード問題を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

カイリー・アーヴィングがトレード志願したそうです。

極めて真っ当な要求だと思います。キャブスの試合を見る度に「これで満足しているのか?」と疑問に思っていましたが、やっぱり不満を抱えていた様です。

優勝を目指すチームにおいて、そんな不満を表に出さず、そしてチームのために3年も我慢したのだから、アーヴィングの要求はしっかりと受け止めてあげる必要があります。 そうでなければ戦術を見直すわけですが、ワガママキングのチームではそれは叶いません。

, , ,

◉本来のカイリー・アーヴィングとは?

前回のクリス・ポールの記事でも触れましたが、管理人はアーヴィングを単なる1on1ファイターだと思っています。

ボールはレブロンに支配され、回された時は自分で決めることを要求される。PGの役割が変化したとはいえ、それはより幅広くなったのであり、アーヴィングみたいに得点にタスクが限定されたらPGとはいえません。

しかし、レブロンが来るまでは若い有望なPGでした。レブロンが欲しがるのはチームプレーに難点のある選手と自分のプレーに合う選手ばかりで、アーヴィングはどんどんタスクを限定されていきました。

自分が主役になれるチームに移籍したいのではなく、自分がPGでいられるチームに移籍したいのだと思います。

, , ,

それではアーヴィングの本来の姿はどんな選手なのでしょうか。レブロンとチームメイトになる前年の成績と3年後の2016ー17シーズンから考えてみます。

ポイント 20.8 → 25.2 FG 43.0% → 47.3% 3P 35.8% → 40.1% アシスト 6.1 → 5.8 ターンオーバー 2.7 → 2.5

本人が成長したというのも大きいわけですが、今の方が個人でも良い結果を残しています。特に得点力は驚異です。

あれっ?でもちょっと待って。

「オレはもっとチームの中心として得点したいんだ!ボールをオレに持たせろ!!」

なんてのはよくある話だけど、このケースってレブロンやラブが加入してむしろ得点増えています。序列は下がったかもしれないけど、個人の活躍度は上がっているわけです。

FG本数 17.4→19.7

そんなわけでシュートを打つ本数も増えています。初めの2年は少し減りましたがそれでも16本以上打っています。かつては弱小チームで唯一のスターだったのに今よりもシュートをシェアしていたわけです。 本来は1on1ファイターではない選手だという事がみてとれます。

, , ,

というわけで、どうやらアーヴィング個人の活躍度に不満があるとは思えません。レブロンHCのバスケが嫌そうです。それはどんな違いがあったのでしょうか。

◉チーム平均得点、FG本数

98.2点 → 110.3点 84.8本 → 84.9本

ドアマットチームからトップチームになったので得点は大きく違いますが、FG本数は同じなので確率が大幅に向上しています。オールスターのビック3で70.6点をあげています。FGにすると84.9本中52.4本をビック3で打っています。

3年前はアーヴィングも含めたトップ3人で51.8点で、84.8本中44.3本です。

つまり決められる選手にシュートを集中したオフェンスにシフトしたことになります。逆にいえば昔は全員オフェンスをしていました。効率よくシュートが決まっていくバスケはやっていて楽しいのが普通ですが、いくらなんでも集中し過ぎなのでしょう。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
移籍・トレード
考えるシリーズ
タグ:
ワガママキング
アーヴィング
レブロン

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「カイリー・アーヴィングのトレード問題を考える」へのコメント

そうです。それは論理の飛躍です。ただキャブスとレブロンのバスケとは大きく違います。人もボールも動く方がアーヴィングのチームだった頃のキャブスです。

ウォーリアーズが理想かは本人に聞かないとわかりませんが、ウォーリアーズに近しいパス本数や移動速度だった事はデータから読み取れると思います。

その上で移籍希望先を考えると「割とそんなバスケ」レベルかなと結論付けています。

「自分が主役になれるチームでプレーしたい」というのはキャブス側から流れてきたウワサに過ぎず、本人は何もコメントしていないので、その意見は鵜呑みにしない前提でデータを比較しています。
チームアーヴィングをやりたいのだろうとは、あまり考えていません。ただ、チームレブロンはどうみても違うのだろうという事です。

あとデータは所詮データでしかなく、人の感情とは別世界なのでそれを言い出すとデータでは何も否定も肯定も出来なくなってしまいます。そこはもう受け取り方次第なので、「このデータでは否定出来ない」という意見も正しいと思います。

ひょっとしたらレブロンとか全く関係なくクリーブランドの街に飽きただけ、とかかもしれませんし。




カイリー・アーヴィングのトレード問題を考える

「個人のパス数が減った→トラリク→ウォリアーズのようにもっと全体でパスを回すバスケをしたいんだ」つうのは論理の飛躍でしょ。チームレブロンから離脱してチームアービングをやりたいんだろうという意見はそのデータじゃ否定できてない

こんな記事も読みたい

【女子日本代表】FIBA女子アジアカップ2017 予選 G1 日本🇯🇵○106-55●フィリピン🇵🇭。#FIBAAsiaCupWomen2017【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

【U-19女子日本代表】FIBA U19ワールドカップ2017 予選 G1 日本🇯🇵○66-61●オーストラリア🇦🇺。#FIBAU19【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

クリス・ポールについて考えてみる②【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:10994
  • 累計のページビュー:1724631

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  10. バトラーのトレードを考える

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss