バスケのデータ見ながら語ります。

クリス・ポールについて考えてみる①

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリス・ポールは現役最高のPGでしょうか。

答えはNOです。

かつてキッドやナッシュの時代に、若手のホープとして、将来その座は揺るぎないものになると考えられていましたが、下の世代の押し上げに抗えませんでした。世代の押し上げは単に個人で上回る選手が現れたという事ではなく、バスケの戦術、プレースタイルが変化したため必要な要素も変化したという事です。変化に対応仕切れなかったともいえます。

, , ,

PGの役割はゲームを作り、アシストでチームメイトに得点させ、チームを勝たせる事

そんなPG像は昔の話です。理由は色々ありますが、センターの時代はインサイドにボールを入れるところからオフェンスが始まるので、そんなシチュエーションを作るゲームメイクが仕事でしたが、今はガードからオフェンスが始まります。

そのためウエストブルックタイプやカリータイプのPGも成立する様になりました。最も勝利に貢献している選手は誰か?という指標で測ると、クリス・ポールはNO.1ではありません。

, , ,

管理人はクリス・ポールをNO.1と考えていないどころか、3本の指にも入らないと思っていますが、

「アメリカ代表を自由に選んで良い」

と言われたらポールを選びます。

デュラントやレブロンがウイングにいるチームで最も効果的にプレー出来るのはポールです。間違ってもウエストブルックやハーデンは選びません。

しかし、「サラリーキャップを含めてNBAチームを作ろう」と言われたら、ポールに高額サラリー払っては良いチームは作れません。逆にウエストブルックやハーデンなら作れます。(ウォーリアーズはサラリーディスカウントし過ぎ、キャブスはタックス払い過ぎだし)

より多彩で決定的な働きの出来るPGがいて、かつ戦術的にもそんな選手を活用していくのが現代NBAです。国際ルールと違うのも重要です。 1番長くボールを保持する選手なので、もはやゲームメイクに留まらず、あらゆるタスクをこなす選手が増えました。

クリス・ポールは現役最高のPGかもしれませんが、PGの中で最高の選手ではない。そんな表現が最適かもしれません。

, , ,

◉クリス・ポールのスタッツを確認する。

シーズンスタッツをみて再確認してみます。

出場試合 43勝18敗 得失点差 +9.5 レーティング +14.9

素晴らしい数字でレーティングの14.9はリーグ5位で上位にはウォーリアーズの4人しかおらず、また上位7人でウォーリアーズ以外はポールしかいません。 レブロンは+7.7なので倍近くポールが優っています。

ちなみに得失点差9.5も5位なのですがレブロンは6.5で9位と迫られます。今季のポールはケガで休場も多かったですが、出場時間も31.5分と短く、もっと出ていれば勝率も上がったのでしょう。

, , ,

勝ち試合と負け試合ではFG%が7%違います。

勝利 49.6% ターンオーバー 2.1 敗北 42.9% ターンオーバー 3.2

アシストやリバウンドも少し下がりますが、それよりもターンオーバーが増えるのはポールらしくないともいえます。クリッパーズの明暗を握りすぎてました。

, , ,

アシスト/ターンオーバー率 3.83

ポールの上を行くのはイグダラしかいません。PGで続くのはルビオ3.5とTJマッコネル3.36。どちらもアシスト数が多く個人的にお気入りの選手だけど、リーグの中でPGとしての評価は低いです。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
移籍・トレード
考えるシリーズ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【NBA17-18】マヌ・ジノビリが現役続行宣言、スパーズで16年目のシーズンへ。#GoSpursGo【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

【U-24男子日本代表】2017' 第39回男子ウィリアム・ジョーンズカップ G5 日本🇯🇵○91-86●チャイニーズ・タイペイB🇹🇭。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

【Bリーグ FINAL】川崎ブレイブサンダース VS 栃木ブレックス 第3Q【WinnieTheBooの散発ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:10994
  • 累計のページビュー:1724631

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  10. バトラーのトレードを考える

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss