バスケのデータ見ながら語ります。

U19雑感 大会全般

このエントリーをはてなブックマークに追加

U19を観ました。これまでの日本では考えられないくらいの試合が続き10位という成績を修めました。ユニバでは長谷川世代が準優勝、竹内世代がベスト4はありましたが、U19レベルの方が世代トップの選手は多いと思います。

日本の試合は全て観ましたが毎日試合するので感想を書く間も無く次の試合が終わった感じです。同じチームの感想を毎日書いても似たような内容になりがちだったでしょうが。

, , ,

◉大会の特徴

「日本は良かったよね。決勝までいったチームとも接戦だったし、マジ強いわ。」という前にU19という事でどんな特徴があったかに触れておきます。

ほとんどの試合が接戦になる大会でした。大勝した感があるチームはアメリカ、カナダ、リトアニアくらいです。韓国の大敗はありますが。日本は大敗しなかったという点ではこれまでと違いますが、接戦というのはありがちな展開だったといえます。

アンダー世代という事もあり高さに対する耐性が低い印象もあります。イタリアなんかは異常なまでに八村を怖がっていましたが、他の試合でもやっぱり怖がっていました。アメリカ、カナダ、マリ、ドイツ、リトアニアあたりだけが高さに苦労していなかった感じです。

そしてこれは単なる高さではなくウイングスパンなども関係するので、スペインがマリに苦戦したように若い世代では慣れていない部分が大きいのでしょう。 アメリカですらドイツの高さというか長さには手を焼いていました。ドイツはガードに長い選手がいるので、思うようにパスを繋げませんでした。

, , ,

接戦が多い理由は実力差が得点に表されにくいからです。実力差というかチャンスを作っても決めきれないシーンが目立つという事です。速攻が決まらないのは日本に限った事ではなく、多くのチームで発生していました。

アメリカは当然速攻で苦労しませんが、それだけでなく数的同数と判断すると速攻でも躊躇いなく3Pを打ってきます。これはリトアニアなんかも同じです。三上や杉本もそういう環境で育ってきたのですが、この舞台で発揮できるかは違う問題なのでしょう。

シュートの確率はシュート力だけでなくセレクションとメンタルの問題でもあります。そこの拙さは各チームにありました。 シュートを狙ってからドライブするというよりは、ドライブが出来ない時にシュートを打つ、みたいな姿勢です。

, , ,

◉シュート確率

そんな点も踏まえてシュートの確率を見ていきます。

フリースロー

単純なシュート力とも言えるフリースローが70%を超えたのは韓国だけでした。かなり外した印象のある日本でも4位なのでフリースローで稼げた形です。エジプトに至っては40%とシャックに教えてもらった方が良いレベルです。

昨年のリオオリンピックでは70%を切ったのはアルゼンチン(69%)のみです。

2PFG%

50%を超えたのはリトアニアとニュージーランドだけ。日本は44%で9位。30%台も3チームいて恐ろしいことに準優勝のイタリアが36%です。これらのチームは確率は低いけど試投数は多めです。

リオでは50%を切ったのは4チーム。これらのチームは試投数も少なめなのでイージーシュートが少なかったのでしょう。

3PFG%

3Pが30%を超えたのはアメリカ、ドイツ、リトアニア、アルゼンチンの4チーム。全て対戦しなかった国です。日本は29%で8位。そして下位5チームのうち4チームと対戦しました。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【U-19男子日本代表】FIBA U19ワールドカップ2017 9-12位決 日本🇯🇵○76-73●エジプト🇪🇬。#FIBAU19【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

【U-19男子日本代表】FIBA U19ワールドカップ2017 9-16位決 日本🇯🇵○77-64●韓国🇰🇷。#FIBAU19【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

【NBA】ヤオ・ミン以来最高の中国人プレイヤー ジョウ・チーがロケッツへ入団。#Rockets 🚀【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

バスケコーチ
  • 昨日のページビュー:8873
  • 累計のページビュー:425637

(07月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. FA・トレード 20170717
  2. バトラーのトレードを考える
  3. FA・トレード 気になるチーム
  4. FA・トレード 20170706
  5. 今季のキャブスを振り返る
  6. FA・トレード 20170703
  7. ウォーリアーズの今季を振り返る
  8. クリス・ポールについて考えてみる①
  9. カイリー・アーヴィングのトレード問題を考える
  10. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss