バスケのデータ見ながら語ります。

2017 ファイナル第5戦 データ編

このエントリーをはてなブックマークに追加

第5戦をデータで振り返ります。お互いの良さも相手への対策も出た最終戦に相応しい試合でした。もし第6戦、第7戦があっても好不調の波があるだけで、同じ様な試合になったと思います。どこかでウォーリアーズが勝ったはずです。

◉高確率だったキャブスのシュート

FG53% 3P46%

非常に高確率だったキャブスのオフェンス。試合をみていた限りではJRスミスは例外として、そんなイメージはありませんでした。

ウォーリアーズ FG51% 3P37%

キャブスにら劣るがこちらも高確率だったウォーリアーズ。こちらもデュラントは例外として、そんなイメージはありません。

データをみると62-52というペイント内得点がもたらした高確率でした。キャブスではレブロンとトリスタン・トンプソン。確かに終盤のレブロンはヘルプが来なくてダンクしていた。ウォーリアーズではカリーが6本のレイアップを決めていた。あとはデュラント。

さて、このペイントでの得点は第1戦を思い起こさせる。しかし、あの試合では両チームとも極端に低いFG%だった。特にウォーリアーズはそれを嫌がって、第2戦からアウトサイドシュートに切り替えていた。

ペイント内が多かった1つは速攻が良く出たから。キャブスはスティールからの速攻がよく出て25点。ウォーリアーズはキャブスのピックアップミスから18点。 前半はウォーリアーズのブレイクパスを奪って速攻するなど走る前に止める作戦だったキャブス。速攻で上回れたのだから作戦勝ちだった。

さて、一般的にペイントの得点が多く、確率の高いシュートセレクションはオールドスクールでは正しい選択であり、勝利に近いはずだ。3Pの確率も上回ってるし。

しかし、より得点したのは確率の低い3Pを多く打ったウォーリアーズ。キャブスの24本に対し38本を打った。第4戦で決められまくった3Pをウォーリアーズが打たせなかった、とも言える。46%も決められていたら当然ではある。

キャブス3P数 アーヴィング 12本→2本 ラブ 8本→3本

決まったのはアーヴィングの1本だけなので、徹底して打たせない事に成功している。特にラブに関しては前の試合でワイドオープンが5本もあったため、徹底してマークしている。デュラントやグリーンが外までマークするわけだからインサイドで得点されるのは仕方ない。

なお、アーヴィングはそもそも打つタイミングが難しすぎるから対策したのかわからない。第4戦もマークされているのに打っていたし。

キャブスもウォーリアーズの3Pを警戒してミドルレーンを空けるシーンが頻繁に。イグダラアタックは試合の流れを変えました。

お互いに3Pを警戒したが故のペイント内得点だったといえる。そしてFG%が低くても3Pを多く打った方が勝ったのだから、互いの選択が正しかったといえる。

, , ,

◉ラブのスタッツからみる特性

ひとつ興味深いデータがある。ラブのディフェンスレーティングは非常に悪かった。

チーム 126 ラブ 142

30分出場の数字なのでディフェンスが出来ない選手だ。ところがラブが出ている時間は速攻での失点は9点、ペイントは28点とこの試合としては少ないのだ。チームメイトよりも守れていたラブ。

つまりラブがいるからインサイドを攻め難い。でも、そんな時間の方がウォーリアーズは得点していた、という事になる。アウトサイドの方が効率が良かったというわかりやすい例。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ヴェジタリアン兄弟が208cmの立派な体格に!NBA初の本格菜食主義へ!マイケル ポーターJr.【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ゴールデンステイト・ウォリアーズ王座奪回【スポーツ えっせい】

【NBA16-17】FINAL GSW 4-1 CLE , KDがファイナルMVP、ウォリアーズが2年ぶりのNBAチャンピオン🏆。#NBAfinals【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:1349
  • 累計のページビュー:696946

(09月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. カイリーのトレードが決まらない
  3. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  4. FA・トレード 20170717
  5. 今季のキャブスを振り返る
  6. カイリー・アーヴィングのトレード問題を考える
  7. バトラーのトレードを考える
  8. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編
  9. FA・トレード 気になるチーム
  10. ウォーリアーズの今季を振り返る

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss