バスケのデータ見ながら語ります。

2017 ファイナル第5戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーリアーズ 129 キャブス 120

ホームに戻ってきたウォーリアーズ。4連敗なんて考え難いけど、次戦がアウェーという事もあり、ホームで決めてしまいたいよね。

, , ,

◉狙う相手が明確なキャブス

早々にボールのないところでトンプソンがファールをとられる。アーヴィングとの対決はレフリーも気にしていたのだろう。更にキャブスはスイッチからラブとトンプソンのマッチアップを作るなど、トンプソン狙いかな。 トンプソンがいなくなればアーヴィング守れるのはデュラントだけになる。

ウォーリアーズはボールをプッシュする意識が高いが、そこを狙うキャブスのディフェンス。アーヴィングのスティール&速攻からデュラントのパスをレブロンがカットして速攻。この場面では共にバックコートからフロントコートのカリーへのパスなので、アーリーを止める狙い。

ウォーリアーズのオフェンスは悪くないけど、グリーンとパチュリアを徹底して空ける。1Qという事もありグリーンは冷静だったけど、パチュリアはちょっと。ジャンプシュート入るのに打たずに突っ込んでミスする場面はよく見るよね。

カリーは止められてる風だけど、パチュリアとイグダラが交代すると連続してドライブを決める。これはスペーシングの問題とパチュリアほどイグダラをフリーには出来ない事情がわかる。

そんな立ち上がり。

, , ,

◉ツキはキャブスにある。

第4戦はファールトラブルがウォーリアーズに重くのしかかった。この試合でも同じ現象。しかも微妙なコールだからタチが悪い。 トンプソンとデュラントが不在となる事でキャブスはリードを保っていく。

ウォーリアーズにとっては実験。アーヴィングにマコー。手が長くフットワークの良いマコーは通じるかと思ったが、連続でやられて失敗。でも交代するアーヴィングはケガもち?

コーバーのところをリビングストンで攻めていく。コーバーってディフェンス頑張るけど、ウォーリアーズからするといなしやすいのかもしれない。 ここのズレからカリーが攻めやすくなる。まぁデュラントもトンプソンもいないからカリーを活かす意識が高い方が大きい。

1回は逆転したウォーリアーズだけど、アーヴィングのスーパー3Pとカリーの珍しいハンドリングミスからの速攻でキャブスがリードした1Qだった。

ラスト1分の内容も、レフリーのコールもキャブスに味方している。まだまだツキが残っている感じのキャブス。アーヴィングはこの試合も理解不能の3P。

, , ,

◉ベンチメンバーに打たさせる両チーム

2Qは連続してキャブスの速攻。ウォーリアーズみたいなブレイク。マコーを空けて打たせるのが成功していた。その前のプレッシャーが効いているので、マコーは打つ判断しか出来ない。ベンチメンバーに打たせてたのはウォーリアーズの作戦だったのに。

タイムアウト後に酷い展開となる。ウォーリアーズはウエスト、イグダラ、グリーンがドフリー。キャブスはジェファーソンがドフリーで打つ。戦略がいきすぎたやつ。 キャブスはアイソレーションの時は3人がウォーリアーズの速攻に備えていた。サッカーみたいなDF。

そんなベンチに打たせまくる作戦は粘りをみせたウエストとイグダラの怒りのトマホークダンクが炸裂した。スゴイダンクでタイムアウト。

タイムアウト明けはカリーとデュラントがピック&ロール。どちらも守れよ!作戦への切り替え。

, , ,

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
イグダラ
アーヴィング
カリー
デュラント
ウォーリアーズ
レブロン
キャブス

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【高校バスケ】2017' 平成29年度、関東高等学校バスケットボール選手権 男子決勝 市立船橋○94-70●正智深谷。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

【バンビシャス奈良】「バンビシャス奈良 ふれあいDAY presented by スポーツミツハシ」に選手とシカッチェが参加!【大志を抱け! バンビシャス奈良】

2017 ファイナル第4戦 データ編【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1350317

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. カイリーのトレードが決まらない
  3. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  4. 今季のキャブスを振り返る
  5. バトラーのトレードを考える
  6. カイリー・アーヴィングのトレード問題を考える
  7. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編
  8. FA・トレード 20170717
  9. 17-18シーズンプレビュー クリッパーズ編
  10. FA・トレード 気になるチーム

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss