バスケのデータ見ながら語ります。

2017 ファイナル第4戦 データ編

このエントリーをはてなブックマークに追加

第4戦をデータで振り返ります。試合の印象はキャブス決め過ぎだろ!です。元も子もない感想です。だからデータで見た時にその理由を解析出来るのかがポイントです。 何もなければ好不調が激しすぎるチームとなり、次戦以降の期待はできません。

◉ついに落としたペース

99.7回

遂に100を下回ったペース。キャブスがオフェンスで上回ったのは確かだけど、試合のテンポも下げられていました。早いペース、とティロン・ルーが言い続けたのはなんなのでしょうか。

しかし、これが本来のキャブスの試合。ハイスコアは良いけどハイテンポはダメ。第3戦でも同じ事を書きましたが、より下がったテンポと増えた得点。 オフェンスならウォーリアーズな気がするけど、あくまでもハイテンポで相手のマークを困難にしイージーシュートを増やすのが本質。フリーなら3Pもイージーに含みます。逆にキャブスは1つのオフェンス効率の高さが売り。相手のミスより自分達の強さ、みたいな。

, , ,

◉オフェンスレーティング

キャブス 136 ウォーリアーズ 117

さてキャブスが良かったのは触れるまでもない。ウォーリアーズの117がどんな数字かというと、ウエストファイナルまでの平均が116。シーズン平均が113でリーグ1位だ。

つまり117を残せればNBAで最高のオフェンス力を誇れる。得意の速攻で9点しかとれなかった割に凄い数字だったといえる。

あくまでもキャブスが良すぎた。それも歴史に残るくらいに良すぎた。そんな試合に過ぎない。

, , ,

◉何故、あんなに3Pが入ったのか?

答えはわからない。なんせディフェンスが寄っている場面でも50%以上決めている。ワイドオープンでも決められなかったのに。 第3戦後のデータ分析でレブロンからのパスからシュートになる確率が高すぎるとしていた。それがどうなったのか。

第3戦まで の平均 パス64本中28本44%がシュート (3P13本)

第4戦 パス67本中23本34%がシュート(3P14本)

ちなみにイーストファイナルまでは35%だったので、データ的にも良い時の形になったといえる。

このデータが示すものは何なのか。1つはレブロンからのパスで打ち急ぐな、という事。早打ちはダメよ。これはペースダウンにも繋がる。 もう1つはこれまではレブロンがプレーに関与し過ぎ。この試合はアーヴィング様の試合だったともいえる。

ちなみにレブロンは3P37.5%と1人蚊帳の外だった。

また代わりにトリスタン・トンプソンからラブとアーヴィングが3Pを3本ずつ決めている。インサイドアウトの基本が2人の確率を支えていた。

レブロンのパスから打てるのはウォーリアーズのワナの気がしてきたのは第3戦。そして他の選手からのパスで打つ機会が増えて勝った第4戦。ロケッツがスパーズに負けた理由を見直してみたくなる数字だ。

, , ,

他に3Pが入った理由として、入る選手に打たせた側面もある。第3戦まで決まっていなかったキャブスだけど、JRスミスは43%、レブロン39%、アーヴィングとラブが30%とスターターは悲観するほどでは無い。アーヴィングとラブは第3戦が酷過ぎただけ。

前半13本決めたキャブスだけど、全部この4人だった。ベンチメンバーは打ったのも2本だけ。 これが狙った結果だとしたら、レブロンのパスからシュート数が減った理由にも繋がる。打たせるべき選手に回るまで打たなかったのだ。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【大学バスケ】2017’ 関東大学バスケットボール新人戦 ファイナル #東海大○71-69●#日本大。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

【NBA】FINAL CLE 1-3 GSW , レブロン:トリプルダブル&カイリー40得点、キャブスがスリー24本でファイナル1勝目。#NBAfinals【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

バスケットボール部・第57回関東大学バスケットボール新人戦対立大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:1349
  • 累計のページビュー:696946

(09月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. カイリーのトレードが決まらない
  3. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  4. FA・トレード 20170717
  5. 今季のキャブスを振り返る
  6. カイリー・アーヴィングのトレード問題を考える
  7. バトラーのトレードを考える
  8. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編
  9. FA・トレード 気になるチーム
  10. ウォーリアーズの今季を振り返る

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss