バスケのデータ見ながら語ります。

2017 ファイナル第4戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャブス 137 ウォーリアーズ 116

ショックの大きそうな敗戦からの第4戦。舞台はクリーブランド。試されるのはプライド。

これまで、もっとウォーリアーズ対策すべきと述べてきたけど、この状況では自分達を貫く方が大切だと思う。でもそれはアイソレーション万歳作戦でもあるので、ちょっと引くよね。

, , ,

◉わかりやすい立ち上がり

JRスミスの連発でリードを奪えたキャブス。好調さが積極性を生み出している。でももっとわかりやすいのはウォーリアーズ。バカみたいに早打ち。こちらも関係ないって感じ。

目立つのはグリーンとパチュリア。見えるミス、見えないミスを連発。まぁ明らかにフリーにされてる。キャブスのリードはここの賭けに勝ったこと。

JRスミスがシュートを決め、トリスタン・トンプソンがオフェンスリバウンドをものにしたキャブスとグリーンがミスを続けたウォーリアーズ。それぞれ主軸にはマークが付いているので空いた選手の差が現れた。第3戦までも同じだったよね。

そんなわけで先手を取ったキャブスだけど、その時間がこれまでより長かった。6分で30点近くまで行くのだから当たりすぎ。JRスミスが攻守で効いていた。

堪らずイグダラを出したウォーリアーズ。イグダラがいるとグリーンがボールを持つ時間が減るので攻めやすくなる。そこでデュラントがボールを持てたため追いつきそうなウォーリアーズ。

, , ,

◉ファールファールファール

しかし、酷いファールトラブルに陥るウォーリアーズ。まぁでも全部ファールだよね。正当なレフリング。 キャブスで驚異的にシュート入っているのはラブくらいなのだけど、ここは冷静さを欠いていたウォーリアーズ。1Qで49点て何?

キャブスは徹底的にハイピックを使ってきた。第1戦で成功を収めていたプレーは何を生み出すかというとスクリナーがリングへ飛び込むプレー。ど真ん中割られるのでウイングのヘルプが寄ってくる。

そこでJRスミスとラブに両サイドから決められたのが止まらなかった要因。

でもウォーリアーズも30点は超えてきた。ディフェンス機能しないと追いつきはしないけど、カリー&トンプソンが爆発すればオフェンスは全く問題ないよ、くらいまでは持ってこれたのがキャブスへのプレッシャーに繋がるのか。

, , ,

◉アイソレーション?

2Qになりレブロン休みの時間にアイソレーションだらけのキャブス。なんで?せっかくの良い流れをぶった切りそうなオフェンス。決めるアーヴィングだけど、同じだけのミスもしている。案の定、ウォーリアーズが追いつく流れが再び生まれる。

でも、今日はちょっと違うぜ、アーヴィング。とんでもない3Pを決め続ける。さらにJRスミスまでとんでもない。ラブも落とさない。

これだけ決め続ける事が出来たら、どんなチームも勝てないよ。ここに関してはウォーリアーズを責めても仕方ない。悪いとか言ったら可哀想。

ここで第3戦を振り返ろう。ウォーリアーズディフェンスは3Pを打たせて落とさせたよ。コーナーへ猛追するイグダラすげー、と評しました。

でもハイピックから攻められるとリングを背にしているので追いかけるのは難しく、またレブロンはあまりドライブしません。これでは追いかけるのは難しい。

またシリーズ通じて3Pが入らなかったキャブスだけど、スターターはそこそこ決めていた。この試合ではベンチメンバーに打たせなかったキャブス。リチャードソンはスクリナーとしてダイブする役なので空けるわけにいかないのが成功している。 つまりウォーリアーズからするとフリーにする選手を見つけられていない状態。あっちもこっちも守らなければいけないワナにハマっている。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
アーヴィング
ウォーリアーズ
キャブス

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【湘南校舎男子バスケットボール部】関東大学新人戦 2回線 大東文化大戦【東海スポーツ】

【湘南校舎男子バスケットボール部】関東大学新人戦 準々決勝 日本体育大【東海スポーツ】

【大学バスケ】2017’ 関東大学バスケットボール新人戦 日本大が延長で筑波大を下しファイナル4。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:542733

(08月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. カイリーのトレードが決まらない
  2. FA・トレード 20170717
  3. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  4. バトラーのトレードを考える
  5. FA・トレード 気になるチーム
  6. カイリー・アーヴィングのトレード問題を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. FA・トレード 20170706
  9. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編
  10. ウォーリアーズの今季を振り返る

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss