バスケのデータ見ながら語ります。

2017 ファイナル第3戦 データ編

このエントリーをはてなブックマークに追加

第3戦をデータで振り返ります。この試合はデュラント&トンプソン vs レブロン&アーヴィングの構図がハッキリと現れました。

◉3人に集中した得点

デュラント 31点 トンプソン 30点 カリー 26点

レブロン 39点 アーヴィング 38点 JRスミス 16点

カリーの42%(ただし3Pは56%)を除けばみんなFG50%超えというなかなかみないタイプのハイスコアゲーム。

勝負は終盤のエースの働きの差でした、即ちアイソレーション対決。デュラントがレブロンを上回るのは予想通り、確率的に高い結果が出た正当なものでした。

しかし、アーヴィングをトンプソンが止めた事は読めない部分でした。試合全体でみればアーヴィングの勝ちですが、終盤に完封されては負けたようなものです。合わせてレブロンもイグダラに抑えられました。

つまりウォーリアーズのオフェンスが上回るのは予想された現象ですが、キャブスのオフェンスが抑えられた要因が何なのかは傾向をみたい所です。キャブスの最後の得点は残り3分でJRスミスが決めた3P。それから8本連続失敗して試合が終わりました。なお、細かいプレー分析ではないので、あくまでも傾向です。

また、この試合はキャブスペースにみえたけど、リードを奪えたのはウォーリアーズ(パチュリアとグリーン)が自滅した部分だけ。 本来であればアイソレーションから得点し空いた外から仕留めるのがキャブス流。アイソレーションで勝てていたのに仕留められなかったのは何故なのか。

, , ,

◉ペースを握ったのはキャブス?

前半の印象は点差が離れるかは別として第2戦のようにバテる事はないように見えました。その理由が何処にあったのか、比較してみます。

ペース 108.5→103.3

速攻得点 30→13
速攻失点 31→24 スティール 15→9

この試合では明らかに速攻の場面が少なく、それはスティール数の減少にも由来するのかもしれません。

トラッキングデータ(前後半計)

9秒以内のシュート
キャブス 40%→31% ウォーリアーズ 38.5%→47%

キャブスはペースを落としに行った事がわかる。そしてウォーリアーズはより早い展開を狙っていました。キャブスにとってハイスコアは自分達のペースでもハイテンポは違います。

第2戦のキャブスの積極的なディフェンスはリバウンドの減少に繋がり疲れ損ともいえました。頑張るけど積極性は落とした感じでしょうか。リビングストンをガラ空きにするなどポイントを絞ったのは間違いありません。

オフェンスは走らずにディフェンスはポイントを絞ったため第2戦ほどの疲労はなかったのでしょう。

, , ,

◉ペースは守れたが入らない3P

上記以外の選手が39%だったウォーリアーズに対し、17%に終わったキャブス。

これだけみるとキャブスの方が勝つべき試合をサポートキャストで負けた。しかしチーム構成考えると見え方が変わってくる。

キャブスはレブロンとアーヴィングがリングにアタックして(彼らにとっては)イージーなシュートを打ち、ディフェンスが収縮した所で外にキックアウトして打たせる。

ファイナルまでのプレイオフで平均25本オープン3Pを打ってきたキャブス。そのうち17本がレブロンとアーヴィング以外の選手。しかもそれを50%近く決めている。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【NBA】FINAL GSW 3-0 CLE , KD爆発!終盤に11-0のランでGSWが3連勝。#NBAfinals【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

2017 ファイナル第3戦【バスケのデータ見ながら語ります。】

【湘南校舎男子バスケットボール部】関東大学新人戦 1回戦 神奈川大【東海スポーツ】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1641400

(12月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. カイリーのトレードが決まらない
  4. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. バトラーのトレードを考える
  10. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss