バスケのデータ見ながら語ります。

2017 ファイナル第3戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーリアーズ 118 キャブス 113

勝負の第3戦。スイープなんて話も出てたけど、アウェーでの連敗に過ぎないから、ここで勝てば問題ないキャブス。

, , ,

◉ハイテンポではなくハイスコア

立ち上がりはJRスミスが目立つ。その理由はカリーを攻めたいため動いてスイッチさせる事を狙う。アーヴィングやラブと対面させられるカリー。 ウォーリアーズもそれは少し嫌なのでカリーのディフェンスになる前にファールするシーンが続く。なのでスクリーンの流れから今度はパチュリア狙って攻めたのは判断が早かった。

結果的にウォーリアーズはJRスミスを空けるのだけど、それを決めたのは大きい。シャンパートには出来ないお仕事。珍しくドリブルからのストップジャンプシュートを決めたレブロン。それがなかったから怖くなかったのだよ、とジョーダンやコービーに言われそう。

ウォーリアーズは相変わらずデュラント。そしてクレイ・トンプソン。超高確率で決める2人。カリーに強くプレッシャーをかけるので、その分動き回るウイングがキャッチ&シュートがし易い状況。トンプソンの60点ペースはウォーリアーズが最も強い時。

両チームとも高確率で決め合う。なお、ハイテンポはウォーリアーズの流れだけど、高確率はキャブスの流れなので、キャブスが選択するペースとしては正しい。ハイスコアだからといってウォーリアーズペースではない。

, , ,

ウォーリアーズは余裕と戦略をみせる。デュラントとトンプソンを下げて、グリーン、リビングストン、イグダラにボールを持たせるユニットに変更する。いつもはデュラントが出ている時間。 この狙いはカリーをウイングにする事。スクリーン使いながら動き回りマークを引き剥がす。ボールをもらった時にマークがついていてもピック&ロールでマークを変える。ウイングなのでダブルチームするとコーナーでフリーが出来てしまうから、カリーを潰しに行けなくなる。

つまりカリーに得点させに行ったウォーリアーズの策は、カリーの連続3Pが成功しリードを奪った。あれが連続で入るのはどうしようもない。

ディフェンス面でもシャンパートに打たせたウォーリアーズ。それまではJRスミスが決めてたから競っていたけど、シャンパートは外した。キャブスのスタメン選択が正しい証拠でした。

序盤からレフリーがスクリーン関連のファールに厳しいの。それは始めにキャブスに、途中からウォーリアーズに味方した。基準は変わってないのでアジャストが必要。

, , ,

◉ウォーリアーズの勝手な押し引き

2Qはベンチメンバーでも戦えるウォーリアーズだけど、今年もグリーンのメンタルが危険。第2戦もそうだったがラブを止められないグリーン。イライラしたかスクリーンファールも犯す。それ吹かれるの分かっているじゃん。アジャストすべき事項じゃん。インサイドのファールトラブルが先の展開にどう響くのか。

次第にレブロンの活躍が目立ち始める。明らかに走るのを辞めてハーフコートにパワーを残しているので後半に失速する感じではない。ハイペースではないハイスコアが継続する。

そしてウォーリアーズのミスが目立ち始める。その理由は展開を早くしようとし始めたから。つまり、このペースはキャブスな気がしてきたわけだ。早い展開を始めて足を動かしてからカリーを入れてくるから厄介。ミスになっているけど、そのうち入るさ。

そして実際にカリーが決めたのを引き金に速攻が増えるウォーリアーズ。非常に理にかなった采配なんだけど、それがコート上で成功するのはやっぱりカリーとデュラントのタレント力が半端ない。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
イグダラ
ラブ
アーヴィング
トンプソン
カリー
デュラント
ウォーリアーズ
レブロン
キャブス

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【湘南校舎男子バスケットボール部】関東大学新人戦 1回戦 神奈川大【東海スポーツ】

【日本代表】2017' 東アジアバスケットボール選手権大会 3決 日本○76-58●中国。#AkatsukiFive【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

バスケットボール部・第57回関東大学バスケットボール新人戦対東京成徳大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1641400

(12月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. カイリーのトレードが決まらない
  4. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. バトラーのトレードを考える
  10. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss