明日の野球界を背負う逸材を求めて

熊本県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

九州学院  一昨年秋の九州王者で、昨年は春夏の甲子園を経験している。昨秋は県で準優勝し、九州大会に進むも、初戦敗退。この春も選抜帰りの秀岳館のいない県を制し、出場した九州大会では佐賀商に10-5と初戦敗退しているが、震災の影響を考えればまずまずといったところか。昨夏の甲子園で登板こそなかったものの、1年生ながらベンチ入りした185㎝の長身右腕の藤嶽裕大(右投右打)が2年生にして、いよいよエースナンバーを背負う。が、まだまだ素材先行という感じ。技術、体力のさらなるレベルアップが望まれる。2番手には同じ2年で九州大会の決勝でも登板している本田力斗(175㎝・右投左打)あたりに期待か。最上級生では同じ決勝で登板している野木、豊山、光田あたりに注目か。打線はさらなる逸材揃い。1年で4番を打った松下且興(176㎝・右投右打・中堅)を新たに1年で押しのけた185㎝の大型捕手・村上宗隆(右投左打)も2年で健在。昨秋の九州大会では3番・村上、4番・松下という並びで、この打順はよほどの調子の変化がない限り、変わらないものと思われる(松下は昨夏は不調だったのか、甲子園では7番を打っていた)。その他にも昨夏の甲子園でもサードを守り、6番を打った元村優吾(171㎝・右投右打)に、米満巧(170㎝・右投右打)の三遊間にも力があり、さらには1年から期待されていた2年の田上将太(171㎝・右投左打)もセカンド、7番を打ち、九州大会では長打を放つなど、攻撃力は全国レベルでも上位に入る。この打撃陣に春はルーキーの緒方敬亮がリードオフマンに起用されるなど、選手層は着々と厚みを増している。 ※決勝では13-2と思いのほかの大差で敗退。初回3点を失った後に2点反撃したのが、唯一の反撃だった。先発した光田は2回で降板。その後吉野が最長の6回を投げている。藤嶽は7番一塁手として出場し、2の0で出塁した時に代走を出されている。村上が3番で4の0、松下は4番で4の2だった。緒方も2番で外野から三塁で起用され5の2を打っている。元村は5番で4の0、その後を田上が打ち、4の1で1打点。さらに米満が8番で4の2を打っている。 秀岳館  高校野球の解説でおなじみの鍛冶舎巧が、監督に就任し、自らが指導し、主要大会5冠を達成したオール枚方のメンバーも入学し、3年計画で全国制覇を目指したチームが2年目の秋に九州制覇し、明治神宮大会、今選抜にも出場しベスト4に入っている。1年から期待されていた178㎝右腕の堀江航平(打も右)は昨年2年でMAX143kmを計測していたが、昨年の6月に肩を痛め、昨秋の九州大会ではセカンドを守り5番を打っていたが、九州大会の決勝では先発。神宮大会でも5回を投げている。選抜でも背番号はセカンドの4だったがマウンドに上がり、139kmを計測している。新チームからエースナンバーを背負ったのは、昨年急成長し、昨夏のマウンドも経験している184㎝右腕の有村大誠(打も右)。選抜では144kmをマークしている。これに同じく昨夏のマウンドを経験している170㎝の2年生左腕の田浦文丸も健在で小柄な体からでも140kmを投げる(選抜でのMAXは135kmだった)。さらに選抜ではベンチ入りはならなかったが、2年の田畑孔怜充(177㎝・右投左打)は春はベンチ入りしている。そして、背番号20ながら、昨秋の九州大会準決勝で先発した左腕の中井雄亮(打も左)は身長186㎝と身体にも恵まれ、すでに135kmを投げと、期待度は高く、選抜では背番号10を背負って実際に登板。ただし、MAXは131kmにとどまっていた。同じ準決勝で投げた2年の174㎝左腕の川端健斗もおり、選抜でも登板し135kmを計測。投手陣は期待の素材も含めてかなり充実している。実際、初戦で敗れた明治神宮大会でも、中京大中京の藤嶋に2発打たれての4失点だけで、あとは抑えている。一方、打の中心はこれらの投手陣をリードする捕手の九鬼隆平(181㎝・右投右打)で4番に入る。他にも遊撃を守り、リードオフマンを務める松尾大河(174cm・右投右打・内野手)に、外野手で7番を打った天本昴佑(182㎝・右投右打)らは経験も豊富。これに2年で3番を打つ一塁の木本凌雅(180㎝・右投右打)に、サードを守り6番に入った広部就平(171㎝・右投右打)、さらには今は代打での出場が多い、2年の吉安雄飛(右投左打)の182㎝・100㎏という体格にも期待でき、彼らの新戦力もうまく融合するようだと面白くなる。また昨秋はベンチ入りメンバーに入っていないが、長打力はチーム内でもひときわ飛び抜けていると言われた永水秀樹(左打)や石橋亮太といった選手も最上級生で健在のはずで、これらの能力の高い選手らが競争することで、さらにチームは強化されそうだ。現在のレギュラーのスタメン野手のうち7人が6秒3以内、残る広部も6秒5の足があり、どこからでも機動力を使えるのも強みだ。春は、選抜出場校として出場した九州大会で、初戦で大分に延長13回の末、タイブレークで6-4での敗退と、震災の影響を考慮すれば、健闘といえよう。この試合は川端、有村のリレーだった。 ※決勝では九州学院を13-2と一蹴。初回から3点、4点、2点と奪い、20安打を浴びせ、大量リードの中、投手も田浦が先発し、川端、中井と余裕のリレー。大会を通じても苦戦したのは準々決勝の熊本工戦の延長10回7-6のサヨナラ勝ちのみで他は安定した試合運びだった。有村も準決勝、準々決勝では投げている。野手の面々もみな健在で、中でも木本は3番を打ち、5の2の3打点。来年の4番か。同じ2年では広部が6番で2の0、9番を打った右翼の赤坂が3の1だった。 文徳  昨夏の県の準優勝チーム。昨秋は2戦目で必由館に7-2で敗れたが、この春は九州学院に決勝で延長の14回の末に敗れるという惜敗。投手陣は決勝でも継投した、先発右腕の松永、左サイドの中原、183㎝右腕の秋吉の3人。楽しみなのは1年生ながら180㎝・83㎏の堂々たる体格で4番に抜擢された萩尾匡也(右投右打・内野手)。先々が楽しみだ。他にも1年から遊撃のレギュラーを守る165㎝の児玉亮涼(右投右打)がリードオフマンを務め、萩尾の前後を打つ巧打者タイプの内倉健太に、長打力のある捕手の坂田歩とタレントは揃っている。 ※準決勝で秀岳館と当たり、初回から点を奪われ、7-1と完敗を喫す。先発した中原が6回を投げ、7点すべてを責任。その後を松永が受けて、最後まで投げている。萩尾は3回戦の途中で交代した後、試合の出場がない。アクシデントか。 東海大星翔(旧東海大二校) 昨秋の県はベスト4も準決勝で8-1と秀岳館に8回コールド負けを喫している。スリークォーターの技巧派右腕・大竹泰志-品川のバッテリーは健在。ただ、チーム全体に小柄なのが、ちょっとさみしい。 ※2回戦でルーテル学院と激突し、4-2で敗れる。大竹が完投し被安打は10だった。4番の品川は4の1だった。 熊本工  主軸打者の鶴田舜が最上級生で健在。昨秋はベスト8まで進み、準々決勝で優勝した秀岳館に3-2と惜敗している。今春はベスト8にも入らなかったが、センス抜群の遊撃手・溝越圭太が攻守の要として存在感を見せた。投手陣も故障で出遅れた2年生右腕の山口翔が5月の練習試合で140kmをマーク。183㎝右腕の椎葉大成が控えの投手陣に、NOMOジャパン出身のルーキー八木田武洋(174㎝・右投右打)も加入し、実力的には侮れない。 ※準々決勝で秀岳館と激突。乱打戦で8回には一挙4点を取り、6-4とリードするも、その裏追いつかれ、延長10回に決勝点を奪われ、7-6のサヨナラで敗れる。橋口という投手を先発させるも、1アウトだけで3安打打たれ降板。その後を山口が最後まで投げている。椎葉もその前の3回戦で先発し、8回まで投げている。八木田も2回戦では代打で出場している。 城北  昨夏のチームから180㎝の柳瀬、サイドの吉岡、さらに左腕の登川が残るはずだが、昨秋のベスト4に入ったチームで、準決勝の3-1で敗れた九州学院戦では藤戸、坂口、勝田という3投手でリレーしている。この春はさらに183㎝の2年生右腕の上田大輔や鈴木耶馬も台頭してきており、投手陣はかなり充実。柳瀬は野手になった模様だ。ただ、この春はベスト8にも残っていない。 ※準々決勝で文徳と激突。初回3点奪うも、5回に一気に5点を奪われ5-3で敗れる。勝田が先発し5回を投げ被安打5、次に藤戸が登板し、2回をノーヒット。最後に2イニング投げた上田が被安打2だった。柳瀬は5番中堅で出場し、無安打ながら1打点を挙げている。 有明  MAX137kmの170㎝左腕の山中愛斗と受けるドラフト候補の強肩強打の捕手・内村僚(178㎝・右投右打)は旧チームからのバッテリーで経験も豊富。春もベスト8まで残っているが準々決勝では東海大星翔に10-1で敗れている。 ※初戦で八代東に6-2敗。山中は完投するも12本の安打を浴びている。内村は1番で4の1だった。 ルーテル学院  好投手・山下幹弘(右腕)を擁し侮れない力を持つ。 ※準々決勝で千原台と激突し、3-0で敗れる。先発した山下が8回途中まで投げている。 必由館  185㎝・90㎏の大型内野手ながら、俊足を誇り、昨年から4番を打つ小林龍輝(右投右打)がいよいよ最上級生で、エースとなり、投手としてのセンスを見せつけるも、昨秋は準々決勝で九州学院4-3と惜敗し、ベスト16どまりで、その後右ヒジ痛を発症し心配されたが、この春はベスト4で、準決勝でも1-0と惜敗。夏には間に合いそうだ。 ※準々決勝で九州学院と激突し3-1で敗れる。小林が先発し、3回途中で降板。この回3点を奪われ、これを打線が返せなかった。小林は降板後は中堅を守り、4番を打ったがノーヒットだった。 鎮西  昨夏下級生中心で戦いながら、県ベスト4入り。昨秋はベスト8にとどまっている。4番の竹村に、右サイドのエース朝久らが軸となり、震災の影響を最も受けた学校だったが、立て直しは順調であり、逆にそれをバネにモチベーションが上がっている。選手層も厚く、戦力的にも侮れない実力校だ。 ※2回戦で千原台と当たり、9-1と7回コールド負け。朝久が先発し6回を投げ、全失点を奪われている。最後の1イニングを相馬という投手が投げている。 熊本国府  直球に威力のある右腕・村添を軸に、この春は8強入り。しかも準々決勝では優勝した九州学院に4-3敗と、ほぼ互角の戦いをしている。 ※2回戦で九州学院と激突し、延長10回の末、8-7と惜敗を喫す。村添が先発したが3回に捕まり一挙に5点を失い降板。その後を鳥枝という投手が最後まで投げ、決勝点を含む、2失点だった。打線が相手を上回る13安打を放ち、8四死球をもらいながら、15残塁と攻めきれなかったのが痛かった。 開新  184cmの大型右腕・池田照之は130km後半を投げ、昨夏からマウンドを踏み、昨秋は準々決勝で敗れるも3-2の惜敗で、優勝した秀岳館をかなり苦しめている。 ※初戦で専大玉名に4-2で敗れる。池田は2番手で3イニング投げている。 千原台  昨秋、この春と8強入り。高倉絹汰(右打)が2本のアーチをかけるなど、打線が活発だ。 ※準決勝で九州学院と激突し、3-1で敗退。高倉は4番で2の1だった。 八代東  162cmの丸山信吾に、178㎝の森の左腕コンビが最上級生で健在のはず。昨秋は初戦敗退も、篠田、増田、2年生の古閑といった中軸がパワフルだ。 ※2回戦で熊本工と激突し、3-1で敗退。丸山が先発し、8回途中まで投げ、最後の2アウトを森が取っている。打線が2安打と完全に封じ込められた。古閑も3番に入ったがノーヒットだった。 済々黌  昨夏を1、2年生中心で戦っているが、昨秋は初戦敗退。この春も目立った結果は残していないが、伝統の実力校で、これまでもまったく下馬評にもあがらない中から快進撃した実績もあり、侮ると危ないかも。 ※3回戦で秀岳館と激突し、12-2の5回コールド負け。 熊本北  昨年急成長した180㎝左腕の松永が頼りのはずも、今年は名前が聞こえてこない。 ※3回戦で城北と激突し、7-1で敗れる。松永が先発し、7回を投げ、被安打5の3失点。ここまでは3-1の好ゲームだったが、9回に一挙4点を奪われている。4つの失策も響いていると思われる。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
熊本
高校野球
甲子園

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

宮崎県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

2016選手権大会予選の状況(7/11,12)【野球傍目八目】

余談・甲子園球場の芝生について【高校野球観戦日記】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:27
  • 累計のページビュー:321254

(11月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 熊本県の有力校2016
  9. 宮城県の有力校2016
  10. 福島県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss