明日の野球界を背負う逸材を求めて

宮崎県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

日南学園  今選抜出場校。昨夏からマウンドを経験している160㎝左腕の森山弦暉が主将としてチームを引っ張る。選抜では明石商に3-2とサヨナラスクイズで敗れたが、完投した森山は被安打8。最高速は129kmどまりだった。しかも、選抜後に故障を発症しているのは気がかりだ。投手陣は他に175㎝右腕の蓑尾陸と、2年生右腕の上野椋太にも注目だが、172㎝と、投手陣というか、チーム全体が小柄だ。野手では昨年の主将の弟、前田尚樹(167㎝・右投左打)が昨年同様セカンドを守り、打でも3番を打ち、攻守の要となる。ちなみにチーム一の長距離砲は4番の益田海成(173㎝・右投左打・外野手)で50mも6秒3と足もある。さらにリードオフマンで中堅を守る長原拓海(176㎝・右投左打)は50m5秒8の俊足を誇る。彼らに加え、芳賀憲伸(168㎝・右投左打)、金丸駿汰(180㎝・右投左打)といった2年生の成長が望まれるところだ。 ※決勝の宮崎商戦では5-1で勝利。先発した森山が1失点完投しており、完全復活と見ていいだろう。芳賀が2番サードで出場し、5の2を放っている。前田、増田、長原らも健在だ。 都城  177㎝の右腕から2年生の時点でMAX147kmを投げていた逸材・山本由伸を擁す。昨夏の県大会でも準々決勝で優勝した宮崎日大に敗れているが、その試合でも8回まで零封し、1-0で敗れている。昨秋からは球速も151kmまで伸ばし、九州BIG3の一角を占めるまでになる。受ける捕手の山本陽の成長度合いと、山本抜きでのぞみ、ベスト8まで進んだ投手陣、右の浜田雅庸、左の瀬戸口廉人がカギを握りそうだ。 ※3回戦で宮崎商に2-0で敗れる。山本が先発し、途中1イニング瀬戸口をはさみ、最後まで投げている。被安打8の2失点だった。 富島  宮崎商を夏の甲子園に導いた浜田監督が就任して以来、好素材が集まり、176㎝右腕の吉田寛輝や、181㎝の右サイドの黒木彰真に、168㎝右腕の河野竜真らの投手陣に、これをリードする木村天響(180㎝・右投右打)が打でも4番を打ち、一昨年は1年生大会で優勝している。彼らがいよいよ最上級生を迎え、昨秋は県で準優勝。ただし九州大会では鹿実相手に初戦でコールド負けしている。力はあるが、残塁が多かったりと、その出方のムラをなくすのが課題か。春も日南のいない県を制し、九州大会では初戦、長崎の海星と当たり、6回までは0-0と互角に渡り合ったが、7、8回と失点し、5-1で敗れている。吉田はMAX141kmを出すまでになっている。また打線も木村頼りではなく、粟田祥人ほか長打力と巧さを兼ね備えた打者が揃い、十分な力がある。 ※準々決勝で宮崎大宮に9-2の7回コールド負け。先発した吉田は被安打2ながら4回で降板。チーム全体の与四死球が9あっただけに、制球に苦しんだか、はたまたアクシデントか。あとを受けた黒木が2イニングで被安打8はやはり打たれ過ぎだろう。最後の1イニグを浜村という投手が投げている。4番の木村は2の1だった。粟田は3番で3の0だった。 宮崎日大  昨夏の甲子園出場校。そのチームから一塁の木原修(175㎝・右投右打)と三塁の溝上憲伸(178㎝・右投右打)が残るが、実際に甲子園で試合に出たのは、7番を打った溝上と代打で出場した長友晃輝(184㎝・右投左打)のみ。木原は控え投手を一塁で先発させたため、背番号3を付けながら、試合には出場できなかった。そのため、今年は2年生が中心のチームとなり、そこに実力ある1年生が揃うという、まったく新しいチームになった感がある。春は1回戦で敗れているとはいえ、日々成長中のチームだけに参考にはならない。打線は昨年の経験者の木原、溝上、長友が主軸を担うが、一塁の黒田、二塁の水津、左翼の清田という1年生がレギュラーに入りそう。投手は2年生の右腕・木幡がエース格となりそうだが、1年ながらMAX137kmを出す右腕の伊藤に、同じく1年の左腕・瀧本も出番がありそうだ。 ※準々決勝で宮崎商に11-4と8回コールド負け。投手は6人の投手をつぎ込む継投で、その中には伊藤に瀧本も入っていた。木原はこの試合で本塁打を放っている。思いのほかの大差は、若さが悪いほうに作用したか。 延岡学園  昨夏前に胸骨を骨折した2年生右腕の藤谷勇介(183㎝)がこの5月に復帰し、MAX143kmの球威を取り戻しつつある。この藤谷が投げられない間に投手陣を支えた左腕の馬場幹樹、藤井辰徳、2年生の吉武壮太も健在で、投手陣の充実は県内トップといっていい。野手にもU-15の日本代表で主将を務めたルーキーの椿原塁(171㎝・右投左打)が1番・遊撃の座をつかみそう。他にもNOMOジャパン入りしたルーキーの戸高洋希(168㎝・右投左打)も加入。楽しみだ。 ※初戦の2回戦で都城と激突し、7-3で敗れる。先発した山本に、途中瀬戸口が1イニング少し投げた都城の投手陣に被安打3の12三振を食らっている。自軍の投手陣は藤谷が先発し6回途中で降板。馬場、吉武らに繋いでいる。椿原も戸高も出場はしていない。 聖心ウルスラ  昨年の投の3本柱の中から2年だった柳田が残る。ただし、昨夏は準決勝まで進んだものの、柳田はコールドで勝った初戦でしか投げていない。エースは右腕の相良だったが、4月に打球が直撃し、夏は柳田でのぞむ可能性もある。打線は是則大貴らを軸に小柄ながらもパンチ力のある選手が揃い、春は4強まで進んでいる。 ※3回戦で5-4の惜敗。柳田が完投。是則は3番で4の1の1打点だった。相良は大会通じて試合出場なし。まだ回復しきってなかったか。 日章学園  山崎翔太、2年の広島翔らを中心にどこからでも一発の出そうな打線に、遊撃の宮ノ原、外野の林田と打力のある1年生が加わった。投手は130km台中盤の球を投げる右腕の徳丸智哉、スリークォーター右腕の早川に、遊撃手兼任の谷口泰翔もマウンドに上がる。 ※2回戦で冨島と激突し、7-6と惜敗。先発した徳丸が7回を投げ、最後の1イニングを早川が投げている。宮ノ原は1番遊撃として6の2を打っている。 延岡星雲  左腕2枚の存在が面白いとダークホースに挙げる声もあり。 ※2回戦で宮崎商に6-3で敗れる。対馬、田野のリレーだったが、それがその左腕2枚か。 宮崎工  167㎝右腕の枡田大聖に、右のスラッガー・崎村龍揮と昨夏を経験している主力が投打に残る。投手は枡田のほかに横田、浮田雄真と右腕が揃う。 ※準決勝で日南学園と激突し、9-0の7回コールドと完敗を喫す。崎村は4番を打ち、3の0だった。 宮崎一  右サイドの平はMAX135kmを出す。攻撃はリードオフマンの黒木と主砲の丸目がカギを握る。 ※3回戦で宮崎日大に4-3と惜敗。先発した平松(もしかしたら、平らではなく平松か)が6回を投げ3失点。その後の3回を4番の岡本が投げ1点を失っている。黒木はトップで4の0。丸目は3番で3の0だった。 日向学院  MAX139kmの速球とチェンジアップで打者を打ち取る右腕の小倉龍成と、これをリードする山下稜介の2年生バッテリーを軸に、この春は県準V。 ※3回戦で砂土原に5-2敗。吉田という投手が先発し、3点を奪われた途中で降板。そのあとを小倉が最後まで投げている。山下はトップを打ち、3の0だった。 都城西  重久、崎山、東、相馬の上位打線に力あり。 ※3回戦で宮崎工に延長13回の末、3-2のサヨナラ負けを喫す。重久、崎山、東、相馬の4人は上からこの順に並び、各自ヒットを1,2本打っている。 都城商  エース右腕の西村成史に、2年生ながらMAX137kmを出す森山に、サブマリンの金子と投手陣は揃い、2年で4番を打つ友田がシュアな打撃を見せ、地力は十分。 ※初戦で7-6と惜敗。西村、森(森山のことか?)、金子のリレーだった。友田は3番を打ち、5の2の2打点だった。 鵬翔  リードオフマンの島袋に、4番の石黒と打線の核があり、地力は高い。 ※準々決勝で宮崎工に9-2で敗れる。島袋は1番で4の3、4番の石黒は4の1だった。 西都商  好右腕・池上を擁す。 ※2回戦で日向学院に8-1の7回コールドで敗れる。池上が完投するも、日向打線に12安打を浴びている。 都城工  昨年のレギュラーが7人残る。180㎝の本格派・有留十季に、3試合連続アーチを記録しているリードオフマン・高橋潤(中堅手)ら楽しみな素材もおり、要注目だ。 ※2回戦で宮崎一に3-2と惜敗。有留は試合出場がなく、高橋は1番で4の0だった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
宮崎県
高校野球
甲子園

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2016選手権大会予選の状況(7/11,12)【野球傍目八目】

余談・甲子園球場の芝生について【高校野球観戦日記】

鹿児島県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:321332

(11月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 熊本県の有力校2016
  9. 宮城県の有力校2016
  10. 福島県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss