明日の野球界を背負う逸材を求めて

鹿児島県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿児島実  昨夏の代表校で今選抜も続いて甲子園出場。甲子園でも4番を打ち、初戦で2安打を放った主砲の綿屋樹(179㎝・右投左打・一塁手)は健在。昨秋も県を制し、九州大会でも本塁打を放ち、選抜出場を決めている。その長打率は8割5分を超す。この綿屋を中心に、昨夏の甲子園で7番を打ち、セカンドやサードを守り、投手としてマウンドに上がった際は135kmを投げる板越夕桂(175㎝・右投左打)や、178㎝・右投右打の外野手・追立壮輝らが並ぶ打線は九州屈指の威力を誇る。ただ、ここに昨年のルーキーで体重104㎏という2年の枦山幸平の名前がないのはさみしいところ。選抜でもベンチ入りならなかったのは、故障か伸び悩みか? エースの丸山拓也(173㎝)は変則右腕。九州大会の準決勝では立ち上がり海星打線につかまり4失点している。昨夏の県大会でマウンドを経験している171㎝の右アンダーの谷村拓哉(打は両)もこの準決勝では登板している。ここに2年の185㎝右腕の渡辺竜基や、同じく2年の左腕・瀬川慶がベンチ入りしてくるようだとおもしろくなる。選抜初戦では常総学院と激突し、丸山が立ち上がりに2点を失うもその後は常総の淡白な攻めにも助けられ、谷村との継投でしのぎ、6-2で勝利している。丸山はMAX135kmの球を有効に使い、谷村の最速は119kmと120kmにも満たなかったが、満塁のピンチで登板し、その後も淡々と投げ、常総打線から点を奪われることはなかった。枦山、渡辺、瀬川はベンチ入りしていない。この夏は投手陣に急成長中の173㎝右腕の秦厚志も加わりそうだ。春は九州大会に出場し、初戦で長崎日大に6-4で敗れている。この試合では瀬川が先発し、2年生の178㎝右腕・川越彪、秦という投手リレーで、瀬川は立ち上がりに1失点。3回にはKOされ、川越も勢いを止められず、5点を失っている。あとの5回は秦が2安打無失点で抑えたが、自慢の打線がはね返せなかった。この大会では枦山が背番号12でベンチ入りし、代打で登場している(結果は凡退)。体形は177㎝・96㎏とややシェイプアップしたようだ(右投右打)。ただ、この大会の前に丸山が右肩を痛めている。ただ、この春まで県内では無敗だ。 ※決勝の樟南戦は1-1で延長15回引き分けの再試合を3-2と惜敗。延長を完投した谷村が、再試合では先発した丸山を初回途中からリリーフし、最後まで投げている。綿屋は3の1で1打点。打線はチーム全体で5安打だった。枦山は試合出場はなかった。2年生では遊撃の井戸田智だけが、遊撃で先発メンバーに入っている。 鹿児島城西  昨夏の県の決勝で7-5で鹿実に敗れた試合で登板した181㎝の有川凌(右投右打)はサードに回り、4番を打つ。エースは昨年から140kmを投げていた177㎝右腕の平将太。昨秋も決勝も鹿実と当たり、またも3-2で惜敗を喫す。県準優勝で出場した九州大会では初戦で5-1で八重山に敗れている。昨秋1年で5番を打った2年生の外野手の上村大希(181㎝・右投右打)はこの春は3番を打ち、この春もベスト4入り。ただし、準決勝は優勝した神村学園に先発の平が立ち上がりに捕まり、3回までに8失点を喫し、9-2と8回コールドという内容。平がこの轍を踏まないことが大事だ。 ※2回戦で2-1敗。先発した平が8回投げ、最後の1イニングを井上という投手が投げている。有川は代打での出場にとどまっているのは故障か? 上村は3番に入り、5の1だった。 神村学園  昨選抜の出場校。昨年2年生でMAX137kmの176㎝右腕の内田雅揮に、同じく130km台中盤を投げていた内野手兼任の176㎝右腕・高山大河ら最上級生を迎える。内田は球速もMAX140kmに伸ばしてきているもようだが、いずれも打たせて取る投球を心掛けているもよう。さらに山本龍之介といった右腕(174㎝)もいて、投手陣は充実している。今春は、選抜帰りの鹿実のいない県を制しているが、九州大会では初戦で優勝した福岡大大濠に、内田、高山といった投手が11-1の6回コールドと打ち込まれたことで不安要素も出てきた。しかし、U15代表経験のある1年生左腕の俵森大輔(180㎝)などの加入というプラス要素もある。攻撃面では昨年の春の県大会に出場した2年の外野手・島中大輔(166㎝・右投右打・外野手)が3番に、昨年2年で一発を放った田中梅里(170㎝・右投右打)はリードオフマンとなり、新たに4番には2年の田中怜央那(175㎝・右投右打・捕手)が座り、昨年までの正捕手・赤坂泰成(171㎝・右投右打)が控えに回るも、実際は4番を打てるだけの力量は備えている。さらに、5番を打つ2年生の南川翔哉(175㎝・右投左打・一塁手)に、1年ながら185㎝という堂々たる体格を誇る渡辺陸(右投左打)も加わり、攻撃力はかなり高いうえに層も厚い。 ※準々決勝で川内に6-5の惜敗。内田が先発し、5回途中まで投げ、被安打8の4失点で交代。後を受けた高山が最後まで投げたが8回に追いつかれ、9回にサヨナラの点を奪われている。田中梅は3番に入り、3安打。田中怜が4番で4の0だった。島中はリードオフマンで4の3。南川は5番で2の1で、赤坂もその代打で出場。俵森も3回戦で先発し、6回途中まで投げている。山本、渡辺陸は大会を通じて試合出場はなかった。 樟南  176㎝の畠中優大に、172㎝の浜屋将太の昨年の2年生左腕コンビが最上級生を迎える。エース格となった浜屋は130km台後半の速球に、スライダーとチェンジアップに抜群のキレを誇る。畠中も制球力が向上し、持ち前の球威が生きるようになり、他校であれば確実にエースナンバーを背負えるまでになっている。野手陣では、昨年から遊撃を守っている大沢大樹(170㎝・右投右打)は昨年同様リードオフマンを担うこともあれば、3番に入ることもある。昨秋は県の準決勝で鹿実に9-5で敗れたが、九州大会では2勝をあげ、ベスト8まで進んでいる。4番を打つのは178㎝・右投右打の一塁手の河野勝丸。この春は県準Vで九州大会でも1勝し、NHK旗杯では決勝で敗れた神村学園に雪辱を果たしている。春の九州大会で1年でベンチ入りした松本晴(178㎝・左投左打)には、将来的に期待したい。 ※決勝の鹿児島実戦は延長15回1-1引き分けの再試合を3-2で制した。再試合は準決勝、決勝と完投した浜屋が先発し、2失点後、5回無死満塁のピンチで降板。その後を受けた畠中が無失点に切り抜けると最後まで投げて勝利。大沢は2番で3の0、河野は三塁を守り、7番を打ち、2打席凡退の後、交代している。4番を打ったのは吉内という選手で、3の2の2打点を挙げている。セカンドの折尾という選手が唯一の2年生で6番を打っていた。ただ大会を通じて1試合の最多得点は7で残りは5点以下。対して失点の最多は3で、大会を通じて6失点と投手力を中心とした守りで勝ち抜くチームといっていいだろう。 れいめい  昨夏から大型スラッガーとして主軸を打ち、マウンドにも上がっていた太田龍(190㎝・86㎏・右投右打)がエースナンバーを背負い、投打の柱となる。球速はMAX148kmを計測。長身ながら器用で、クイックや牽制、フィールディング等の技術は高い。弱いのは筋力というだけに、まだまだ伸びしろがあるのは非常に楽しみで、九州BIG3の中でも、ポテンシャルはピカイチといっていいかもしれない。投手には他に左腕の赤崎も昨夏の地方大会でマウンドに登っている。昨秋は準々決勝で鹿実に3-2と惜敗を喫している。投手陣では控えに左のアンダー・外薗雅也がいるのは、効果的かもしれない。あとは4番サードの堂免大輔を中心とした打線がどこまでバックアップできるかがカギを握りそうだ。 ※準々決勝で志布志に4-3と惜敗。先発の赤崎が5回を投げ、その後を外薗が3イニング。太田は最後の1イニングを投げたのみにとどまっている。ただ、その前の試合では先発し8回途中まで投げている。堂免は4番で4の0だった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
鹿児島県
高校野球
甲子園

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

西東京の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

東東京の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

南北海道の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:55
  • 累計のページビュー:297504

(12月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 宮城県の有力校2016
  9. 福島県の有力校2016
  10. 熊本県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss