明日の野球界を背負う逸材を求めて

西東京の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

早稲田実  昨年のスーパールーキー清宮幸太郎(184㎝・右投左打)がまだ2年生で健在。同じく2年生右腕の服部雅生も健在。服部は184㎝の長身から1年の時に甲子園で140kmを計測している。他にも2年で甲子園で登板し、135kmを計測した185㎝右腕の吉野星吾も最上級生で健在。しかも、この課題と言われた投手陣に1年生ながら180㎝超の身体から140km超の球を投げる左腕の赤嶺大哉も加わり底上げもなった。昨夏の甲子園ベスト4のチームだが、昨秋は都大会の本選に出場するも準優勝した二松学舎に9回までリードしながら、失策から同点に追いつかれ、延長で逆転負けを喫している。清宮、服部の他には、主将の金子銀佑(右投右打)が168㎝と小柄ながらも東京№1遊撃手として、4番に入っていたが、新たに今年の1年の逸材・野村大樹(170㎝・右投右打)、さらには元巨人の岡本光の息子の岡本大輔(178㎝・右投右打)が4番に入る可能性もある。 東海大菅生  177㎝右腕の伊藤壮汰を擁す。今年はエースナンバーを背負い、4番を打つ。控えの2年生右腕・小玉も打の中心であり、来年の大黒柱か。さらにスライダーの鋭い1年生右腕の戸田が加わり、投手陣は充実。打線では、シニア時代に全国制覇の経験を持つ2年生の佐藤弘教がリードオフマンに入り、さらに165㎝と小柄ながらもパンチ力のある1年生遊撃手・田中幹也(右投右打)が加わり、戦力はアップしている。 ※決勝の八王子戦では先発の伊藤が延長11回で力尽き、5-3で敗れる。佐藤は不調か試合には出場せず、田中は2番遊撃で出場し、3の0だった。小玉はセカンドで8番を打ち、1安打1打点だった。戸田はコールドが決定的な試合で最後の1イニングを投げている。 佼成学園 181㎝の本格右腕・梅田大樹と、183㎝の右アンダー塩山龍志を都内屈指の好捕手・中嶋瞭(176 cm・右投右打)がリードし、昨秋は8強入りを果たす。 ※3回戦で日大三と激突。取って取られてのシーソーゲームで、9回まで9-6とリードしながら、9回裏に4点を奪われ、10-9のサヨナラで敗れる。投手は中村という投手の他、小刻みなリレーで梅田も2回マウンドに上がり、最後のサヨナラの時もマウンドにいた。塩山は今大会では登板していない。 日大三  落ちる変化球の抜群の切れでエースナンバーを背負う182㎝右腕・小谷野楽夕に170㎝左腕の田口仁平の投手陣は、昨秋と大会本選の3回戦で二松学舎に2本の本塁打を打たれており、185㎝右腕の阪井康太と合わせて、もう一度鍛え直す必要がある。投手陣は他に、右アンダーの洞口、ライトと兼任の2年生左腕の桜井の名も挙がる。この投手陣をリードするプロも注目する一発の打てる捕手の坂倉将吾(176㎝・右投左打)と、主将で中堅を守る宮本紳道(169㎝・左投左打)や山本幸次郎が主軸を担う打線は、相変わらず強力だ。 八王子  2年生の170㎝左腕・早乙女大輝は130km前後の速球とカーブ、スライダー、チェンジアップを、西東京屈指と言われる制球力で巧みに操る。これに同じく左腕の奥村という投手陣を軸に厚い選手層でこの春は8強入り。 ※決勝の東海大菅生戦ではエースの伊藤を立ち上がりから攻め小刻みに3点を奪い、同点で延長に入り、11回に2点を勝ち越して5-3で制している。 日大鶴ヶ丘  184㎝・85㎏と堂々たる体格を誇る右投右打の内野手・羽根龍二を擁す。投手陣も本格派の山崎章雄、右アンダーの坪根武蔵と枚数は揃う。 ※5回戦で東海大菅生に当たり、7回に2-1と勝ち越した直後に逆転を許し、9回にも2点を奪われ突き放されて5-2で敗れる。赤星、勝俣という投手のリレーだった。山崎、坪根もそれまでの試合では投げている。羽根は5番で4の1だった。 創価  1年の夏からマウンドを守る140km右腕の谷井怜央(176㎝)がいよいよ最終学年を迎える。打っても4番で投打の軸で、投げない時はサードの守備にも入るため、フィールディングも一級品だ。 聖パウロ学園  昨年から正捕手の菅野岳史(175㎝・右投右打)が最終学年を迎える。エースの松尾奎吾との息もぴったりだ。 早大学院  「20年に1人の逸材」ともいわれた173㎝右腕の柴田迅がいよいよ最終学年を迎える。体全体のバネを活かしたフォームから投げ込むMAX143kmの速球は数字以上の威力を感じさせる。控えの岸本一真らがどこまでバックアップできるかがカギを握りそうだ。 日野  内藤啓太、高橋宙夢といった好右腕2枚を揃える。 ※3回戦で国士舘に当たり、4-1で敗れる。内藤、高橋のリレーだった。 東大和  制球力のいいエース右腕・藤原涼を擁する。 ※3回戦で早大学院と激突。6-3で敗れる。藤原は完投し、被安打は11。 聖徳学園  MAX143kmの速球と、縦横のスライダーで三振を奪う西東京の“ドクターK”の173㎝左腕・長谷川宙輝を擁す。 ※3回戦で国学院久我山6-0で敗れる。長谷川はリリーフで登板している。 国学院久我山  主砲の笠原を攻撃の軸に、千馬、滝嶋の右腕に、左腕の江川の3枚投の継投策で勝負する。 ※3回戦で日大三と激突。取って取られてのシーソーゲームで、9回まで9-6とリードしながら、9回裏に4点を奪われ、10-9のサヨナラで敗れる。投手は中村という投手の他、小刻みなリレーで梅田も2回マウンドに上がり、最後のサヨナラの時もマウンドにいた。塩山は今大会では登板していない。 日大桜丘  173㎝・左投左打の外野手・土田尚也を擁すはず。主将の捕手・伊藤が攻守の要となる。 ※初戦で11-4の7回コールド負け。4番土田は2の1.伊藤は5番で3の0だった。 昭和  春の早実戦で満塁弾を放ったスラッガー小谷英志(左打)を擁す。 ※4回戦で日大鶴ケ丘と激突。6-2で敗れる。小谷は2安打を放っている。鶴ケ丘14、昭和12の残塁は、両軍かなりストレスのたまったゲームだったろう。 狛江  179㎝・左投左打の内野手(おそらくは一塁手)・大宮瑞基を擁すはずも今年は名前が聞こえてこない。 ※4回戦で創価と激突。9-1と7回コールドで敗れる。大宮は3番を打ち健在も、この試合では3の0だった。 府中工   昨秋1年生ながら184㎝の恵まれた体格でレギュラー入りした2年生外野手の宮下祐輔(右投右打)は将来が楽しみな素材だが、今年は下馬評にわずかに校名が上がる程度にとどまっている。 ※3回戦で狛江と激突し、6-4で敗れる。宮下は代打で登場し1安打を放っている。 国士舘  本格派右腕の安陪蕙、強打の捕手・松沢龍樹や、攻守でセンスあふれる上野隼など、選手個々の能力は高いが、昨秋、今春と初戦で大敗している。メンタルの問題か? ※5回戦で早実と激突。4-0で敗れる。投手は継投で安陪は最後の3イニングを投げ1失点している。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
2016
西東京
甲子園
高校野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

東東京の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

南北海道の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

北北海道の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:331
  • 累計のページビュー:297268

(12月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 宮城県の有力校2016
  9. 福島県の有力校2016
  10. 熊本県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss