明日の野球界を背負う逸材を求めて

滋賀県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

近江  昨選抜の出場校。このとき、マウンドを踏み、142kmを計測したプロも注目の180㎝右腕の京山将弥に172cm左腕の内林瑞貴が健在。昨秋は滋賀学園に6-5でサヨナラ負けを喫しベスト8で止まっている。この春は3回戦で敗れているが、右腕の深田樹暉も成長著しく、監督は「15年前の甲子園準Vのような形になってきた」と期待する。打線も例年ほどの破壊力はないとも言われるが、本来力のある選手が入ってきているだけに、侮れない力を持つ。 ※決勝は京山が完封し、高島に3-0で勝利。3回戦までは2ケタ得点の大勝で、準々決勝の2-0が最僅少差の試合だった。 滋賀短大付  県下屈指の好左腕・西村を擁す。 ※準決勝で高島に3-1で敗れる。 滋賀学園  昨秋の県3位から近畿大会準Vで今選抜に出場。しかも、この決勝も大阪桐蔭に3-2の惜敗と健闘している。エースは170㎝の上背ながらMAX144kmを投げる2年生右腕の神村月光。控えの一番手になりそうなのが2年生左腕の沖田大輔(177㎝)で1年時に138㎞くらいを出している。これに175㎝右腕の奥東草太に、173㎝の2年生右腕の棚原孝太が続く。これをリードする捕手の後藤克基(172㎝・右投右打)が2年で3番を打つ。攻撃陣では他に186㎝と体格に恵まれたリードオフマン徳留魁人(右投左打・外野手)、4番を打つ一塁手の馬越大地(178cm・右投右打)が中心となる。選抜初戦の桐生第一戦では、放った11本の安打をうまく得点イニングに集中させ、中盤まで9点を奪い、試合を決めた。終盤、ミス絡みで5失点と課題を残すも9-5の勝利。神村は11安打されながらも完投し、自責点は1、MAXは141kmを計測している。その後も1勝を挙げ、8強まで進んでいる。棚原も登板機会があり、125kmをマークしている。選抜後、神村は自信をつけ、MAXも144kmとなったが、夏を戦い抜くための控え投手が確立できずに、春の大会は8強止まりだった。 ※準決勝で近江と当たり、先発した神村は5回に捕まり4失点し、7-2で敗退。



選抜の戦いぶりから滋賀はほぼ滋賀学園で堅いだろうと思いましたが、近江でしたね。 直接対決でしっかりと破っていますし、監督の言葉を信じるのであれば、甲子園でも結果を残すことも考えられますね。 決勝に進出した高島は本当にノーマークでした。 それで、ワンチャンスで3点を奪われただけの決勝の戦いぶりは見事といっていいでしょう。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
滋賀
甲子園
高校野球
2016

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2016ドラフト。田中正義・一極集中から指名分散へ【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

高校野球奈良大会準決勝2試合はともに大熱戦‼ 決勝に駒を進めたのは?【「熱球の証明」~勝利の空へ~】

京都府の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:27
  • 累計のページビュー:321254

(11月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 熊本県の有力校2016
  9. 宮城県の有力校2016
  10. 福島県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss