明日の野球界を背負う逸材を求めて

和歌山県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

市和歌山  昨秋県を制し、近畿大会でも1勝を挙げ、今選抜に出場。エースナンバーを背負うのは179㎝右腕の赤羽陸(打は左)と171㎝左腕の栗栖拓巳が投手の軸。打線は大物打ちはおらず、つないで攻めるのが身上だったが、全国の舞台では通用せず、選抜では南陽工・重富の前にわずか4安打でもらった6つの四死球も活用できず、6-0で敗れる。ただ、スコア的には完敗に見えるが、8回までは0-0と互角に戦い、9回に連続死球から失策で無死満塁となり、一度は投ゴロ併殺で、あと一歩まで来たものの、そこで3ランを食って崩れたもの。先発した赤羽はそこで降板し、その後を栗栖が投げている。球速は赤羽が143km、栗栖は131kmをマークしている。選抜後も投手陣は赤羽がMAX145kmをマークするなど順調。あとはこの春も2-1で敗れて8強で終わった打撃陣。選抜ではベンチだった薮井や小倉といった2年生も台頭してきており、チーム内のレギュラー争いの激化がいい刺激となることに期待したい。 ※決勝の箕島戦は7回まで0-0だったが、3番で中堅に入り、この日2安打を放っていた薮井が2ランを放ち、2-0で勝利。接戦だったが、赤羽は箕島打線を被安打2と寄せ付けていない。薮井は背番号13だが、それは中3の夏に手術している右ヒジにこの5月にも再度メスを入れ、まだまっすぐ伸ばせないためで、完治すればレギュラーの番号になるはずだ。

箕島  左腕の中村光はじめ、下級生主体のチームで戦い、昨夏はベスト4。が、昨秋は2回戦敗退で、県大会にも進めていない。ただ、一昨年、1年生軍団で夏の大会に挑んだメンバーが最上級生を迎え、その中で右腕の福居蓮矢も安定した投球ができるようになり、この春は3回戦で3-4の逆転負けといえども、侮れない。さらには、2年生の高尾、1年生の森と新たなメンバーが加わり結果を出しているので、彼らも含めてチームに一体感が生まれてくれば、一気に走る可能性もある。 ※決勝まで進むも市和歌山の赤羽の前に2安打完封で2-0で敗れる。福居が完投し被安打7の2失点。7安打のうち3安打は薮井1人に本塁打も含めてやられているので、ほかはほぼ抑えたといえる。森が右翼で6番、高尾が中堅で4番に入り、ともに1安打ずつ。来年のリベンジには期待できそうだ。

和歌山東  2年生右腕の野口大輔、森下という投手で昨秋は県3位。野口は急成長を見せ、球質もよくなり、安定感も増した。リードする捕手の小川も1年からスタメンマスクを被り、攻守の要となっている。

智弁和歌山  昨夏の代表校。初戦で敗退したものの、マウンドを経験し139kmをマークした177㎝右腕の加藤諒が2年生で残り、同じくベンチ入りしたものの、登板機会のなかった179㎝の2年生左腕の平田翔真も最上級生で残る。野手では一昨年の期待のルーキーで、昨夏は遊撃で6番を打った高垣鋭次(179cm・右投右打)に、中堅を守り、リードオフマンを務めた野口春樹(176㎝・右投左打)が最上級生で残る。昨秋は地区代表にはなるものの、県大会初戦で5-4で敗れている。一塁の文元洸成(173㎝・右投右打)、三塁の林晃太(178㎝・右投左打)といった期待のルーキーをいきなり主軸で起用して刺激を与えたこの春は県を制し、近畿大会も4強入り。ただし、準決勝では履正社に9-2とコールド負けを喫しているように、投の軸が不在という不安要素も露呈した。その要因は、エース候補筆頭だった平田が故障で長期離脱し、加藤諒も腰痛でリタイアしたこと。エースナンバーを背負った170㎝左腕の橋祐我を中心に2年生左腕の黒原拓未(172㎝)ら5人の投手で夏は乗り切ることになりそうだ。 ※準々決勝で市和歌山と当たり、序盤は点の取り合いで接戦を演じたが、終盤突き放され、10-5で敗れている。投手力が不安という弱みが露呈してしまったといえそうだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
和歌山
甲子園
高校野球
2016

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

大阪府の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

兵庫県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

2016選手権大会予選の結果と状況(7/26)【野球傍目八目】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:27
  • 累計のページビュー:321254

(11月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 熊本県の有力校2016
  9. 宮城県の有力校2016
  10. 福島県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss