明日の野球界を背負う逸材を求めて

大阪府の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

履正社  昨夏の府大会の対桐蔭戦で先発し、完投して敗れた今秋のドラフト候補と言われる150km左腕・寺島成輝(181㎝)を軸に、昨秋は府ベスト4。この春は決勝で180㎝左腕の山口裕次郎が自己最速の143kmをマークし、大阪桐蔭を完封するなどして、府を制し、近畿大会でも決勝で山口、寺島のリレーで選抜V校の智弁学園を完封し、優勝している。投手陣にはNOMOジャパン入りした175㎝のルーキー右腕・浜口太陽(打も右)が加わっているが、この夏出番が回ってくるかどうかは微妙。野手では来年のドラフト候補と言われる2年生の内野手・安田尚憲(188㎝・右投左打)が不動の4番として打線を引っ張る。この春デビューしたルーキーの筒井も楽しみな存在だ。 ※決勝の金光大阪戦は寺島が12三振を奪って完封。12-0で完勝。準決勝の桜宮戦では6回コールドながら山口が1失点完投。もっとも苦戦したのは浪商を相手にした5回戦の2-0で、他はすべてコールドで勝っている。筒井も2試合代打で出場し、安打はないが四死球で出場し、ホームは踏んでいる。

大阪偕星学園  昨夏の代表校。そのチームで5番を打った一塁手の岸頼大(176㎝・右投右打)と遊撃を守った的場優斗(172㎝・右投右打)が残る。昨秋はブロックの準決勝、実質ベスト16で敗れている。的場が主将、岸は4番となり、この春は1年生3人がデビューし、4回戦で大阪桐蔭にコールドで敗れている。カギを握るのは投手陣だが、183㎝右腕の道脇龍之介に185㎝右腕の服部康太郎と身体には恵まれた投手がいるだけに、一皮むければ一気に行く可能性も秘めている。

上宮太子  この春は8強入り。2年生右腕の森田輝が抜群の安定感を見せる。

大体大浪商  MAX147kmを投げるプロも注目の180㎝右腕・西田光汰を擁し、この春は準々決勝で履正社に4-2で敗れて8強入り。

金光大阪  140km台の球を投げる右腕の末友雄悟に、4番の井上滉太と投打の軸が揃う。 ※決勝まで進むも寺島の前に完封負けし、12-0と完全な力負け。末友は完投し、被安打15に9与四死球。3番の井上は3の1だった。6番を打った中堅の木下が2年生。来年の主軸か、リードオフマンか?

大成学院大高  府内屈指のスラッガー・吉川恭二(180㎝・右投右打・外野手)を擁す。

関西創価  今春の8強。MAX146kmを投げ、プロのスカウトからも面白い素材と目をつけられている179㎝右腕の中田聖太郎の背番号はまだ10番。精神的な甘さを克服し、エースの座をつかめば、夏は一気に頂点に駆け上がる可能性もある。



最後に代表の座を決めた履正社にはさっそく西の横綱の評価が。 まあ、確かに優勝候補の筆頭グループの1校には間違いありません。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
大阪
高校野球
甲子園
2016

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

兵庫県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

2016選手権大会予選の結果と状況(7/26)【野球傍目八目】

三重県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:297384

(12月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 宮城県の有力校2016
  9. 福島県の有力校2016
  10. 熊本県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss