明日の野球界を背負う逸材を求めて

兵庫県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

市尼崎  専門誌はホームランのみが学校名をダークホースとして挙げていたのみで、選手個々に関する事前情報はなし。 ※決勝で完投した平林弘人は被安打9で与四死球9で2失点はよく耐えたほうだろう。平林は打順も6番で勝ち越しとなるツーベースも放っている。打線には1~3番と7番以降の6人が2年生と若いチームだけに、勢いに乗ると怖いがモロさも併せ持つ感じか。ただ、今回甲子園を経験できることは大きいだろう。

明石商  昨秋県を制し、近畿大会では準決勝で大阪桐蔭に敗れて5-3で敗れて、今選抜に出場。昨年からマウンドを守る170㎝右腕の吉高壮はMAX142kmの速球を軸に粘りの投球が光る。他にも180㎝右腕の山崎伊織も145kmを投げる。打撃はプロ注目のスラッガー小西翔太(175㎝・右投右打)を軸に全体的に穴はないが、近畿大会では拙攻も見られたのが反省点。それでも、犠打をきっちりと決める力はある。小西は昨年の遊撃手から今年は背番号5を背負って一塁を守り、さらには中学時代に経験のある捕手の練習も積んでいたが、選抜では背番号3でサードを守り、2回戦で東邦を破り8強入り。準々決勝では龍谷大平安と延長12回の死闘で2-1のサヨナラ負けで、それまでを一人で投げ抜いた吉高はMAX146kmを計測している。ただ、小西は選抜で2割を切る打率で不発。全試合3得点以下のロースコアゲームとなった一因ともなった。この春は、その憂さを晴らすように6割近い成績を残し、県を制している。ポジションもついに背番号2を背負い、正捕手となり、一塁兼任でマスクを被っている。投手陣も決勝の報徳戦では山崎が完封、最速も148kmをマークし、夏に向けて吉高の負担を減らす目処も立った。近畿大会では1勝を挙げたあと、選抜V校の智弁学園に6-0で敗れている。2年前に取り入れたウェイトリフティングのコーチによる筋力強化の効果が表れてきており、ベンチ外だった選手まで着実に力をつけており、メンバーの入れ替えがあっても、みな力のある選手となっているだけに、一気に黄金時代を迎える可能性もある。 ※決勝で市尼崎に3-2で敗れる。先発の吉高が7回を投げ、自責は0、続く三浦が1イニングで自責は1。最後は山崎が1イニングで自責は0。攻撃は共に9安打で打点は明石商のほうが多かったくらい。失策絡みの失点が悔やまれる。小西は4番で4の1だった。

神港学園  昨秋は県3位で近畿大会出場も初戦で敗退。ただ、敗れた相手は選抜Vの智弁学園だった。エースナンバーを背負ったのは174㎝の2年生左腕の大西泰生だが、近畿大会では中堅兼任で4番も打つ三宅浩史郎(178㎝・右投左打)が先発し4失点で完投し、敗れている。その後も三宅が投打の柱となるが、ルーキー右腕の亀谷が加入したのは大きなプラスといえそうだ。

神戸国際大付  2年の段階で140kmを計測していた182㎝左腕の東郷太亮は腰痛から復帰し、球速はMAX143kmに。50mを5秒台で走る俊足も魅力だ。さらにMAX145kmを出す185㎝右腕の平内龍太とプロが注目する2枚投を擁す。しかもそれだけでなく、2年生にも、昨年1年でデビューした右腕の森田貴(173㎝)も健在のはずで、さらに左腕の黒田もグングン伸びてきており、投手陣は質量ともに豊富だ。打線も他校の監督が№1と口を揃えるほど強力で、2年でセカンドを守った妹尾克也(左打)がリードオフマンを務め、4番の神野虎太郎を中心とした居並ぶ強打者たちに火をつける。1年で代打デビューした2年生の内野手・後藤貴大(162㎝・右投両打)も健在のはず。この春は報徳に敗れて8強どまりも夏は筆頭候補として推す声は多い。 ※準々決勝で明石商と激突。5-4と惜敗している。平内が先発し、6回までは0で抑えていたが、7回突然捕まり5点を奪われて降板。打線も妹尾が5番を打ち、神野はなんと8番に下がっていたが、チーム全体の安打は相手と同じ⒒安打。まさに紙一重の差の敗戦だった。ただ、課題と言われた捕手に2年の荒那が固定できたはずも、この試合では妹尾がマスクを被っていた。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
兵庫
高校野球
甲子園
2016

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2016選手権大会予選の結果と状況(7/26)【野球傍目八目】

三重県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

代走の切り札を使うなら盗塁させるべし【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:63
  • 累計のページビュー:297726

(01月03日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 宮城県の有力校2016
  9. 福島県の有力校2016
  10. 熊本県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年01月03日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss