明日の野球界を背負う逸材を求めて

三重県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

いなべ総合  昨年、選手層の厚さで秋春と無敗できながら、最後の夏の決勝で敗れてしまったチーム。昨秋は県3位から東海大会準Vで今選抜出場。その原動力は選手層の厚さを活かし、機動力から犠打、強打と多彩な攻撃力。中でも3番の奥村拓希(178㎝・右投左打)、4番の藤井亮磨(173㎝・左投左打)の両外野手の長打力は群を抜く。課題は投手力。昨年から期待された山内、水谷優(172㎝)の両右腕のうち、177㎝の山内智貴が昨秋はエースナンバーを背負ったが、身体の開く悪癖を修正中で、中学時代の三塁手に戻りそうだ。ただし、新たにエースナンバーを背負いそうな2年の179㎝右腕・渡辺啓五(打は左)はMAX142kmを計測したものの、スタミナに不安があり、選抜でも救援での起用となりそうだ。となると、問題は先発で、180㎝左腕の田村玲、2年の右サイド・渡辺祐希(179㎝)あたりが候補と思われたが、実際には山内が先発し、渡辺啓がリリーフで登板。渡辺祐は結局ベンチからは漏れた。試合は、神宮覇者の高松商に初戦で激突し、相手を上回る10安打を放ち、8回には6-3とリードしながら9回に追いつかれ、延長10回7-6のサヨナラ暴投で敗戦と、互角の戦いを演じた。甲子園でのMAXは山内が133km、渡辺啓は背中を痛めた影響もあって、135kmにとどまったが、復活したこの春には144kmまで伸ばしている。投手陣では選抜ではベンチ外だった2年生左腕の赤木聡介が球速も140kmに乗せてきて台頭。同じく左サイドの2年生・加藤も投手陣に加わり、この春は県を制し、東海大会でも1勝をあげている。攻撃陣では選抜でリードオフマンを務めた宮崎悠斗(166㎝・右投左打・外野手)の俊足ぶりにも磨きがかかっている。 ※決勝では10-4と津田学園を一蹴。山内が先発し5回を投げ、あと水谷が受け、最後まで投げている。1-0と最も苦しんだ準決勝の海星戦では赤木が完封。加藤も3回戦で少し登板している。

津田学園  昨年2年で130km中盤の球を投げていた注目の182㎝左腕の後藤魁が投球フォームを崩し、昨秋は三重に13-8で敗れ、ベスト16止まりだったが、この春は完全復調し、球速も140km超に乗せてきた。後藤が不調の間主戦を務めた180㎝右腕の北川和貴に、182㎝の浅田、181㎝の2年生・水谷、180㎝の不殿、174㎝の高橋、勢力の6人の右腕も140kmを投げ、と投手陣の層の厚さと質の高さは、県内はおろか、全国でもトップレベルを誇る。野手陣も182㎝・82kg・右投右打で、50m5秒9で走るプロも注目の外野手・浜田大輔がリードオフマンを務め、主砲の広翔悟(176㎝・右投右打)も県内屈指のスラッガーと、逸材が並び、投打にタレントが揃い、この春は県準V。東海大会でも1勝をあげ、準決勝でも5-4のサヨナラ負けと惜敗を喫している。 ※決勝のいなべ総合戦では先発した北川が2回から捕まりはじめ、失策もあり、自責は1ながら6点を失い3回で降板。そのあとを浅田が3回投げ、最後は水谷が2回を締めるも、計10失点の10-4で完敗。失策6は自滅といっていいかもしれない。浜田、広はともに2安打を放っている。不殿や勢力もほかの試合では登板もしている。

三重  一昨年夏の甲子園準優勝校。リードオフマンで俊足を誇るセカンドの北出敦也(169㎝・右投左打)が健在で、昨秋は県準V。東海大会は東邦に敗れてベスト4。選手層が厚く、レギュラークラスの選手も多い。投手では入学時から期待された178㎝右腕の斉藤隼大が最終学年となり、140km台を投げ、プロも注目するまでのエースとなり、これを167㎝右腕の山岡健人に、169㎝の2年生左腕の堀内大輔、捕手の藤田までもが右腕としてマウンドに上がったり、中堅を守る岩崎寛太(178㎝・右投左打)も8回コールドながら東海大会で先発し、2失点完投するなどして、バックアップする。一昨年の選抜初戦敗退後に就任した中村監督は、三重中京時代に現楽天の則本を育てた実績があるだけに、新たに2年生左腕の森本大翔に、ルーキー右腕の定本拓真を育て、さらに投手陣の層を厚くしている。打線も「4番を打つ選手が7人ぐらいいる」と監督が自信を持つメンバーの中に、新たに2年生の大砲・上田祐摩(180㎝・90㎏・右投右打)も割って入りそうで、この春は県8強入り。チーム力的には、一昨年の甲子園準優勝当時と引けをとらないと自信を持つ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
三重
甲子園
高校野球
2016

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

代走の切り札を使うなら盗塁させるべし【スポーツ えっせい】

岐阜県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

愛知県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:331
  • 累計のページビュー:297268

(12月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 宮城県の有力校2016
  9. 福島県の有力校2016
  10. 熊本県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss