明日の野球界を背負う逸材を求めて

岐阜県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

大垣日大  一昨年夏の甲子園で1年ながら2番遊撃で起用された、センスの塊・湯口郁実(167㎝・右投左打)が最上級生として主将を務める。右腕候補だった小木曽翔理(172㎝・右投右打)はサード、184cm右腕としても期待されたの山口駿太郎(右投右打)も外野手として野手に専念するもよう。山口は東海大会では3番を打っていた。4番に入っていたのは、捕手の山田航平(173㎝・右投左打)。エースナンバーを背負うのは、野手転向を拒否し、サイドスローで活路を見出した172㎝右腕の田辺憲虎。そして昨年の3人いると言われた1年生の即戦力候補だが、2年はセカンドの都築雄紀(169㎝・右投左打)のみがレギュラーを獲得。あとは176㎝左腕の石川隼也が東海大会で登板しているのみ。それでも、沼尻峻(181㎝・左投左打)、宮坂、浦野虎之介(181㎝・右投左打)、和田といった選手がベンチ入り。先々に期待か。昨秋は県を制するも、東海大会ではいなべ総合に7-3と初戦敗退している。この春は石川が球速を137kmにまで上げ、エースの座をつかみ、同じく2年の伊藤翔平、西岡杏朗らで投手陣を形成し、県ベスト4。1年生右腕の杉本も戦力になるかもしれない。ただ主将の湯口が腰痛に苦しんでいるのが気がかりだ。 ※決勝で中京に3-2と惜敗。石川が先発し7回途中まで投げ3失点で降板。あとを受けた同じ2年の伊藤が最後まで投げている。田辺はコールドで勝利した初戦で最後に投げて2アウトをとったのみで、その後の出番はない。湯口は3番を打ち3安打1打点と、懸念された腰痛は大丈夫だったようだ。山田が5番を打ち、代わって2年の宮坂が4番。投打で主力が残り、来年が楽しみだ。

中京  元プロ野球選手を父に持ち、2年までですでに通算30本塁打を超えているスラッガーの今井順之助(178㎝・右投左打・内野手)が最上級生となり通算本塁打も50本を超すまでになっている。抜群のスイングスピードで、プロのスカウトも打撃は全国でもトップクラス」と賛辞を惜しまないほど。その前後を打つ選手も内野手の渡辺豪(180㎝・右投左打)など、好打者が多い。昨秋は県準Vで、東海大会は1勝。エースナンバーを背負ったのは169㎝の左腕の小嶋純貴で、一級品のスライダーを誇るが、県の決勝や東海大会では5人ほどの投手で継投しており、軸は不在。体格的にも大きくない投手が多い。この春は4強入り。制球難で昨秋はベンチ入りしていなかった140km超の右腕・若山と岩川がカギを握りそうだ。 ※決勝の大垣日大戦では、岩川奎司がエースとなって先発。5回を投げ、その後を2年生の古田星投が最後まで投げ、ともに1失点で抑えている。古川が準決勝では完投。この2人以外の投手はほとんど登板していない。4番の今井は2の0。おそらくは警戒されたか。

市岐阜商  技巧派右腕の徳永拓也に、140km近い速球が武器の178㎝左腕の松向輝の両投手が好調で、これに2年生左腕の吉田が加わった投手陣に、野手も捕手の梅村はじめ、昨年から多くの主力が残り、これにルーキー遊撃手の中神が加入し、春は8強入り。

県岐阜商  昨年の選抜出場校。エースナンバーを背負う村橋主晟は180㎝の右腕からMAX143kmの球を投げる。捕手の松田汰一(179㎝・右投左打)も打順は2番だが打撃も良く、この先が楽しみだ。4番を打つのは、172㎝右投右打の外野手・時田大雅。3番を打つ外野手の広瀬将(174㎝・右投右打)もおり、選手個々の能力は高く、昨秋は県3位も東海大会では準々決勝まで進出している。その準々決勝では178㎝の2年生右腕・岡本滉史も登板している。さらにこの春は野中や岩崎英といった投手も台頭、岡本も140kmを計測して県を制し、東海大会も延長でサヨナラ負けで準Vと、優勝と遜色ない成績を収めている。 ※準々決勝で長良に4-2敗。村瀬が先発し5回を投げ、そのあとを岩崎が投げ8回に決定的な2点を奪われている。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
岐阜
甲子園
高校野球
2016

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

愛知県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

センバツ王者智辯学園に挑んだ奈良県トップの進学校の戦い【「熱球の証明」~勝利の空へ~】

静岡県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:30
  • 累計のページビュー:321476

(11月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 熊本県の有力校2016
  9. 宮城県の有力校2016
  10. 福島県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss