明日の野球界を背負う逸材を求めて

愛知県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

東邦  一昨年の夏の1年生エースとして甲子園に出場し、MAX144kmを計測した右腕エースの藤嶋健人は健在で、球速はMAX146km、右打席の打撃も神宮大会で1試合2発の見事な打球を放ち、投打にスケールの違う力を見せつける。堂々のドラフト候補といっていいだろう。控えにも同じく1年で135kmを計測した177㎝左腕で右翼を兼任する松山仁彦も球速を143kmまで伸ばし、スライダーの切れも抜群。さらには神宮大会の準々決勝で公式戦初先発をした176㎝右腕の近久輝も145kmを計測。投手陣に関しては全国屈指といっていい。打の中心も藤嶋だが、リードオフマンを務める右投右打の外野手・鈴木光稀(173㎝)の50m5秒9の足も光る。他にも捕手の高木舜(175㎝・右投右打)に遊撃の浜嶋良明(172㎝・右投右打)、さらには松山も6秒フラットの俊足で、もう一人の外野手でこの冬一番打撃力が上がったという石橋裕太(181㎝・右投右打)も6秒1と機動力を使えるのは大きな強みといえる。昨秋は県も東海大会も制し、神宮大会でも1勝。敗れた準々決勝も4-3の惜敗とその力は全国屈指のレベルといっていい。中でも藤嶋は1勝を挙げた秀岳館戦では2本の本塁打で全打点を挙げ、しかもその当たりは外野手が一歩も動かないほど見事なものだったといい、打者としても非凡な力を見せつけた。選抜では、初戦で藤嶋が関東一を相手に、松山を登板させる余裕を作るほどの好投で、2投手で完封。次戦では味方打線が完封され、明石商に3-0で敗れるも、藤嶋は自己最速の146kmをマーク。松山のMAXは134kmだった。この春は藤嶋を登板させず、県大会は準々決勝で中京大中京に5-3で敗れ8強どまりだった。が、春はベンチを温めていた大月隆治(179㎝・右投左打・一塁手)に、内外野に投手をこなす2年の田中と足のある選手も台頭し、機動力を格段にアップさせ、攻撃のバリエーションも増やしており、照準はしっかりと夏の覇権に合わされているようだ。 ※決勝の愛工大名電戦も藤嶋が完投し完勝。準々決勝の享栄戦が3-2の逆転サヨナラ勝ちともっとも苦しんだ以外、決勝までは無失点と安定した強さを見せつけている。

享栄  178㎝の右サイド・成田達也の粘りの投球で昨秋は県準V。ただし、東海大会は完封で初戦敗退。攻撃力に課題を残した。ただそれ以上に184㎝の長身右腕・二宮衣沙貴が140km超を計測し、プロも注目するまでに成長し、二枚投でさらに投手力を強化し、この春は県を制している。東海大会は初戦で7-5で敗れているが、打線もそれなりに点を取れるようになっており、春の勢いをそのまま夏に持ち込もうとしている。U15アジア選手権の代表入りしたルーキー右腕の藤江亮太‘174㎝・打も右)が戦力として加わるかどうかも楽しみだ。

愛産大三河  182㎝右腕の寺沢遼太と池田寛人(178㎝・右投左打)のバッテリーを軸に、この春は県準V。東海大会も初戦で2-1のサヨナラ負けを喫しているが寺沢は完投し、好投している。

愛工大名電  180㎝の左腕から140kmを投げる藤村が健在のうえ、184㎝の右腕から142kmを投げる横山、137km右腕の中神も加わり、投手陣も駒は揃ってきた。高校通算40発超の3番・高橋優斗(180㎝・右投左打・内野手)と同30発超の4番捕手の山崎基輝(178㎝・右投右打)の主軸をより効果的に爆発させるために、機動力をうまく絡めてくる。昨秋は中京大中京に11-2と惨敗を喫し、ベスト16どまり。この春もベスト16の手前で愛産大三河に敗れているが、その力は決して侮れない。 ※決勝の東邦戦は7-2と完敗。先発した藤村は立ち上がりから捕まり、6回を投げ6失点(自責は4)で降板。その後を横山、1年生の室田が1イニングずつ投げている。試合内容は完敗も、相手の藤嶋のこの夏の無失点記録をストップさせており、連投で相手が疲れていたとはいえ、ドラフト上位候補を相手によく戦ったともいえそうだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
愛知
高校野球
甲子園
2016

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

センバツ王者智辯学園に挑んだ奈良県トップの進学校の戦い【「熱球の証明」~勝利の空へ~】

静岡県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

福井県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:27
  • 累計のページビュー:321254

(11月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 熊本県の有力校2016
  9. 宮城県の有力校2016
  10. 福島県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss