明日の野球界を背負う逸材を求めて

静岡県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

常葉学園橘  昨年からエースナンバーを背負う180㎝右腕の谷脇亮介(打も右)が、昨年の段階で130km中盤だった球速を144kmまで伸ばし、クローザーを務め、この春はチームを県Vから一気に東海大会を制するまでに導いている。先発を務めるのは、179㎝の2年生右腕・鈴木楓で、他にも右腕の望月にも安定感がある。打線も3番の山野(180㎝)を中心に東海大会の決勝で0-5のビハインドをひっくり返したこともあり、集中打を浴びせるだけの力を持つ。 ※準決勝で兄弟校の菊川と激突し、12-0の完敗を喫す。谷脇を先発させ、序盤は接戦だったが、中盤から打ち込まれだし、鈴木楓や望月が登板するも止められなかった。 浜松商  昨年からエースナンバーを背負う178㎝右腕の大橋健斗を擁す。 ※準決勝の袋井戦では打撃戦の末、14―10で敗れる。先発は大橋で途中マウンドを降り、再度登板などをしているが、袋井打線の勢いは沈めることはできなかった。 常葉学園菊川  栗原健(左打)は170㎝と小柄ながらも50mを5秒9で走る俊足を誇り、プロも注目の県下屈指のスラッガーでもある外野手。彼を中心とする打線の攻撃力も県下№1との呼び声も高い。あとはエース左腕の落合竜杜らの投手陣を整備するだけだ。 ※決勝でも袋井を12-0と一蹴したように、県大会の7試合中5試合が2桁得点。県№1打線の実力をいかんなく見せつけている。決勝、準決勝では落合が完封。栗原も準決勝、決勝で連続アーチをかけている。

袋井  好投手と評判の右腕エース稲垣淳之介を擁す。 ※決勝の常葉菊川戦では先発した稲垣以下3人の投手が19安打を打たれ12点を奪われ、打線は完封され、12-0と完敗を喫している。



菊川の栗原には注目ですね。強力打線で再び甲子園に菊川旋風を起こす可能性は十分にあるといえるでしょう。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
甲子園
高校野球
静岡
2016

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

福井県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

石川県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

富山県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:331
  • 累計のページビュー:297268

(12月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 宮城県の有力校2016
  9. 福島県の有力校2016
  10. 熊本県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss