明日の野球界を背負う逸材を求めて

東東京の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

関東一  昨夏の代表校で、今選抜の出場校。選抜では東邦の藤嶋の前に6-0と1安打完封された。投手陣はエースナンバーを背負う169㎝右腕の河合海斗が先発し132kmを計測。あとを継いだ外野手兼任の181㎝右腕の竹井丈人が137km、175㎝左腕の佐藤奨真が129kmを計測し、3人とも失点している。他にも173㎝の新2年生右腕の小川樹もおり、昨秋の神宮大会のマウンドを経験している。この投手陣をリードする佐藤佑亮(171㎝・右投右打)は昨夏の甲子園で唯一試合に出場しており、その経験を活かし、打撃でも4番に入り、攻守でチームを引っ張る。その他リードオフマンを務める中堅手の宮本瑛己(177㎝・右投左打)は50m5秒9の俊足を、主将で遊撃を守る村瀬佑斗(174㎝・右投右打)は115mの強肩を誇る。選抜は残念な結果に終わったが、この春も都を制し、関東大会では初戦でエースナンバーを背負った佐藤奨が1失点完投勝利するや、その勢いでベスト4まで進んでいる。準決勝の前橋育英戦ではコールド負けを喫しているが、この試合は小川、河合、竹井のリレーで投手をまかなっており、佐藤は投げておらず、あとで投げている河合、竹井が打ち込まれている。1年生でベンチ入りした捕手の石橋康太(180㎝・右投右打)の今後にも注目したい。またベンチ入りはならなかったものの、2年生の185㎝右腕・高橋晴も急成長しており、5人は入れたいという夏のベンチ入り投手の一人に入る可能性は高い。 ※決勝の東亜学園戦では延長10回にいったん勝ち越されたが、その裏に2点を奪い、4-3のサヨナラ勝ち。佐藤奨が先発し、7回途中まで投げ、あとを竹井が投げている。4番の佐藤佑は4の2の1打点だった。石橋はこの試合は2の0だったものの、5番で起用されている。 二松学舎大付  一昨夏の代表校にして、昨選抜の出場校。その夏の甲子園からマウンドに上がり、初戦の松山東戦で5-4と惜敗を喫するも、評判通りの142kmを投げ、16三振を奪った172㎝左腕の大江竜聖がいよいよ最終学年を迎え、昨秋は一人で投げ抜き、都の準Vに輝くも選抜は逃した。この春には大江は148kmを計測。他にも、MAX144kmを投げる177㎝右腕の松島知将もベンチに入っていたが、昨秋の登板はなかった。打線もリードする強肩強打の捕手・今村大輝(172㎝・右投右打)が5番に入り、昨秋は日大三戦で2本の本塁打を放つなど、長打力を誇る。あとは昨年から未完の大器の大砲と言われた橋本雅弥(183㎝・右投左打)が6番サードに入っているが、その本格的覚醒が待たれるところ。他にも平野智也(165㎝・右投左打)、島根寛人(168㎝・右投右打)、三口英斗(162㎝・右投左打・遊撃手)といった1~3番も残るが、主将になった三口がリードオフマンになった以外は、二塁手の鳥羽晃平(168㎝・右投左打)、外野手の市川睦(181㎝・左投左打)といった新2年生が押しのけ、さらには4番にも2年生外野手の永井敦司(176㎝・90㎏・右投右打)が入るなど、層も厚くなっている。今春は都の準V校となり、関東大会に出場。関東大会では大江が初戦で完投勝ちし、次の試合では大江が投げずに一塁兼任の183㎝右腕の橋本雅弥(打は左)が先発し、175㎝右腕の梶井一貴、177㎝右腕の松嶋知将、173㎝の1年生左腕の牧武琉のリレーで文星芸大付に10-4で敗れている。大江はいいものの、それをサポートする投手には課題を残す形となった。1年でベンチ入りした外野手の中沢航介(176㎝・右投左打)の今後にも注目したい。なお、都大会では2年の市川も先発させている。ルーキーとしては、パンチ力のある1年生・中沢のほか、春はもう1人をスタメンで起用し、チームに刺激を与えている。 帝京  昨夏1年生で4番を打った2年生の岡崎心(173㎝・右投左打)は昨秋は背番号6を背負うも、一塁と外野を守り、3番を打ち、4番でプロも注目する強肩捕手の郡拓也を軸に相変わらず打線には力がある。課題は高丸優太(182㎝・左投左打)、安村陸人(177㎝・右投右打)、中堅手を兼任する大胡優太(178㎝・右投右打)といった投手陣。昨秋は準決勝まで進むも、関東一に打ち込まれ、コールド負けを喫している。この春は183㎝右腕の仁田がエースナンバーを背負い、8強に進んでいる。夏は、外野手から転向し、球威のある183㎝右腕の佐藤怜がエース格に浮上し、ベンチ外だった184㎝右腕の田口も急成長し、これにU15アジア選手権の日本代表入りした1年生右腕の松沢海渡(180㎝)も加わる可能性もあり、投手陣は大きく再編されそうだ。 小山台  昨夏8強の原動力となった、185㎝右腕の矢崎裕希が健在。栄養学を学び、さらに進化中というだけに、140km台中盤の球がどこまで伸びるのかが楽しみだ。 修徳  青野甲治(173㎝・右投右打・外野手)、高島賢佑(178㎝・右投右打・三塁手・主将)、プロも注目の渕上聖司(177㎝・右投左打・中堅手)、牧野幹大(180㎝・右投右打・遊撃手)といった野手陣が残る中、新2年生の捕手・宮本博文(176㎝・右投右打)も加わり、昨秋は準々決勝まで進むも、関東一に14-4のコールドで敗れている。投手陣の整備に課題が残った。 岩倉  182㎝の大型左腕・早川を擁すも、実質的なエースは春8強の立役者となった165㎝の市川幸輝となる予定。これをリードする伊勢海星が中心となる打線も強力だ。 東海大高輪台  キャプテンでリードオフマンを務める捕手の嶋崎草太郎(176㎝・右投右打)に、昨秋は1年生ながら184㎝・85㎏の堂々たる体格で4番を打った2年生外野手の大西星夜(右投右打)らで、昨秋はベスト4に入るも二松学舎大付に準決勝で10-1のコールドで敗れている。が、この春からルーキーの伊東翼(181㎝・右投右打・三塁手)が加わり、打線に厚みが加わっている。 日本ウェルネス  長打力の光る内野手・渡部健人(175㎝・105㎏・右投右打)を擁す。エースの西川大成を中心に守りからリズムを作る。 城東  MAX144kmを誇る182㎝右腕・関根智輝が5番を打ち、投げない時は三塁も守り、攻守の軸となり、昨秋はベスト8入りを果たす。打線も主将の高野慎太郎を中心に他の打者にも力が付いてきており、こと攻撃に関しては関根頼りではなくなりつつある。 江戸川  タフな右腕の山田を擁す。打線もクリーンアップを中心に破壊力があり、力がある。 紅葉川  スライダーのキレのいい栗林直生を擁す。 東亜学園  183㎝・85㎏の恵まれた体の右投右打のスラッガー、鈴木翼が4番を打つ打線は強力。投手は4、5番手だった田原芳紀が制球力の良さからエース格に昇格。球威のある左腕の鈴木裕太、186㎝右腕の青木大河がリリーフに回る。2年生左腕の藤下凌也(170㎝)がいるはずも現状は名前が聞こえてこない。 ※決勝で関東一と対戦し、延長10回に1点勝ち越したが、その裏、先発の藤下を5回途中から救援した青木が2点を奪われ、サヨナラ負けを喫している。 明大中野  右サイドのエース川西雄大に、大竹義輝と共に140km超を投げる2枚投を擁す。 立教池袋  181㎝の2年生右腕の小幡圭輔は昨秋はまだスタミナに不安を見せたものの、右本格派として楽しみな投手である。 日大豊山  注目の内野手だった秋庭蓮(177㎝・右投右打)は昨秋から主将として、捕手を務め、左腕・山本日向の投球をリードする。横尾もいる打線は力がある。 雪谷  好打者の神子堅吾を中心に打線を強化している。 葛飾野  エース右腕の神戸友彰が投打の柱で、4試合連続アーチも記録している。ガーナ人を父に持ち、高い身体能力を誇るブライト健太、ブラジル人の祖母を持つタカムラと並ぶ中軸は力があり、楽しみなチームだ。 堀越  エースナンバーを背負う181㎝右腕の佐藤大吾と遊撃を守る佐藤洸貴(181㎝・右投左打)の佐藤ツインズに、主将で4番を打つ木村拓人(170㎝・右投右打)らを中心にチームがまとまり、昨秋はベスト16。注目の181㎝右腕・秋山翔太郎も楽しみな存在だ。 成立学園  遊撃を守る大角健人(175㎝・右投左打)はまだ2年生ながら、しなやかな打撃を見せ、攻守にレベルが高く、将来的に期待される素材だ。昨秋は都大会本選に進出するも初戦で優勝した関東一と激突し、16-2のコールドで敗れている。 文京  右投左打の注目の内野手・浅川裕介(182㎝)を擁すはずも、今回は下馬評には上がっていない。 錦城学園  174㎝右腕の根岸涼を擁すはずも、今回は下馬評には上がっていない。 正則学園  178㎝の好左腕・小沢優耶を擁す。 ※2回戦で3-2で敗れる。光瀬という投手が先発し、立ち上がりに2点を失っている。その後3回にも1失点。その後を投げた小沢は無失点だったが、攻撃があと一歩及ばなかった。 東京実  評判の好捕手・鈴木柊馬(177㎝・右投右打)が注目の175㎝左腕・横山恒平をリードする。 ※2回戦で9-5で敗れる。横山が先発するも、2回に5点を失い、続く3回に1点、4回に3点とられて、計9失点。横山は4回途中で降板しているので、ほとんど関わっている可能性が高い。相手の駿台学園が8安打しか放っていないが、⒒の与四死球、4つの失策では、まず勝てないだろう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
東東京
甲子園
高校野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

南北海道の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

北北海道の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

2016選手権大会予選の状況(7/9)【野球傍目八目】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:67
  • 累計のページビュー:297450

(12月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 宮城県の有力校2016
  9. 福島県の有力校2016
  10. 熊本県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss