明日の野球界を背負う逸材を求めて

石川県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

星稜  昨秋は惜敗ながら2回戦で敗退も、この春は準決勝、決勝を逆転サヨナラで制して県優勝し、北信越大会まで制してしまった。175㎝のエース右腕の清水力斗に、4番でリリーバーも務める191㎝と長身の寺西健(左投左打)、5番の木倉、さらには受ける捕手の川岸も2年生と若いチームで、来年も楽しみだ。2年前の甲子園を経験している内野手の虎谷貴哉(178㎝・右投右打)が主将として彼らをまとめる。 ※決勝では日本航空石川にリードを許すも、終盤逆転し、7-5で勝利。ルーキーの竹谷が先発し、5回途中で降板。その後を2年の小倉、3年の前井、2年の清水とつないでいる。寺西は4番で先制の本塁打を放っているが、背番号1を背負っており、準決勝、準々決勝では先発している。

日本航空石川  186㎝の長身右腕の打田雷樹に、佐藤裕次郎、馬力のある投球で打でも主軸を打つ野村工(右打)の投手陣で、昨秋は4強入りしている。攻撃陣は全体的にスイングが鋭く、中でも野村を軸とした中軸の破壊力は圧巻で、県内随一との声もある。ただ、春は初戦で6-2で敗退ともろさもあるのが唯一の不安要素か。 ※決勝の星稜戦では先制を許すも途中逆転し、4-1とリードするも終盤逆転され7-5で敗れる。佐藤が先発し4回を投げて、打田へとリレーしたが、最後に打田が捕まった。4番の野村は5の2。5番には1年生外野手の上田が起用されている。これは来年以降が楽しみだ。



マスコミにシン・ゴジラと命名された寺西選手が甲子園にやってきます。 まさか背番号1になっているとは思いませんでした。楽しみです。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
石川
高校野球
甲子園
2016

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

富山県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

長野県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

新潟県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:297557

(01月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 宮城県の有力校2016
  9. 熊本県の有力校2016
  10. 福島県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年01月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss