明日の野球界を背負う逸材を求めて

長野県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐久長聖  元PLの監督だった藤原監督の指導も健在で、一昨夏には代表校、昨年も春の県を制し、夏も決勝で延長の末、2-1で敗れている。176㎝右投右打で遊撃を守り、打撃でも主軸を打つ主将の元山飛優が攻守にセンスを見せる。4番を打ったのは182㎝の堂々たる体格で中堅を守る甲田尚大(右投右打)。投手陣は昨秋エースナンバーを背負ったのは180㎝右腕から130km台後半の球を投げる小林玲雄だが、県準Vのあとの、北信越大会では172㎝左腕から130km中盤の球を投げる森本雄河が準々決勝の日本文理戦では延長戦を完投し勝利。準決勝の敦賀気比戦でも先発し、6回までは零封しリードを奪うなどしており、エースと遜色ない実績を残している。この準決勝でリリーフに立った安藤もいるが、168㎝と上背はなく、この試合でも打ち込まれている。この春は能力の高い選手が多くいるため、あえてレギュラーを固定せずに戦い、それでも8強入り。元山もマウンドに上がり、140km台を叩き出している。 ※決勝の松商学園戦では、今大会ただ一人2年生でベンチ入りした塩沢太規が初先発するや被安打5で8回まで無失点という好投で完投し、6-2と完勝を収めている。元山は3の0の1打点だったが、準決勝まではコンスタントに安打を放っており、特に不調ということはなさそう。小林もそれまで試合では先発し、元山もリリーフを経験している。

松商学園  昨選抜に出場し、124kmを計測した170㎝右サイドの徳田涼介が残るも、エースナンバーを背負うのは175㎝右腕の島田恭汰。これに、2年生の184㎝右腕の青柳真珠に、174㎝左腕の丸茂将悟の投手陣で昨秋は県3位。北信越大会は初戦敗退も、島田が6回までは零封できたのは大きな自信となるはず。リリーフで打ち込まれてしまった青柳も、これをいい経験としたい。野手では2年で4番を打つ三塁手の藤井大地(178㎝・右投右打)が楽しみだ。春は島田が肩痛で離脱し、青柳がエースナンバーを背負い、県準V。北信越大会ではほぼ勝利を手中に収めていた9回に一挙4点を失い、6-5で初戦敗退している。 ※決勝の佐久長聖戦では先発した丸茂が5回を投げ、5失点。ワンポイントの手塚の後、最後まで投げた梨本も1失点し、6-2で敗退。打線が5安打で、2点を返したのも9回で内容的にはほぼ完敗といっていい。青柳は準々決勝で先発するも1アウトもとれずに初回に5点を失うきっかけとなって以降、登板していない。



PL学園の野球部が休眠した年に、元PLの監督の藤原氏の率いる佐久長聖が代表として出てくるのには何やら因縁じみたものを感じますね。同校野球部は160人近い大所帯とか。長野の地でPLイズムが継承されていれば、なんて思ってしまいます。 PL時代はマエケンを育てた、藤原監督が”一番勝てる投手で”と決勝に送り出した2年生の塩沢投手。甲子園で観るのが楽しみです。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
長野
甲子園
高校野球
2016

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

新潟県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

2016選手権大会予選の結果と状況(7/25)【野球傍目八目】

不自然に語られない創志学園―玉野光南の誤審疑惑が示唆する,高校野球の病巣【キキアシワアタマ】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:15
  • 累計のページビュー:321423

(11月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 熊本県の有力校2016
  9. 宮城県の有力校2016
  10. 福島県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss