明日の野球界を背負う逸材を求めて

新潟県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

中越  昨夏の代表校も、残っている選手は2年生でただ一人ベンチ入りした広川健介(172㎝・右投右打)のみで、甲子園での試合出場はなし。そのせいもあってか、昨秋は県大会に進むも初戦で2-0で敗退している。新しいチームは左腕の今村をエースに、1番の斎藤と4番の西山が攻撃の要となる。 ※決勝の新潟明訓戦では今村先発し5回を投げ2失点。そのあとを沢中という投手が最後まで投げ、10-2で勝利している。1番の斎藤は5の1、4番の西山は4の2の1打点。広川は捕手で9番を打ち、4の2の1打点だった。

新潟明訓  エースは167㎝と小柄な大藪祐司だが、元ヤクルトの高津の長男・大嗣(176㎝・右投右打)が父譲りのサイドで、さらに右腕の広田祥一朗、遠藤、復帰の待たれる昨秋のエースだった長身左腕の梶山駿介と多彩な投手陣が武器となる。打線も県内屈指の内野手・秋葉悠(171㎝・右投右打)を中心に、力があり、このバランスのとれた戦力でこの春は県を制し、北信越でも4強入り。 ※決勝の中越戦では広田が先発し、6回までは2-1とリードしていたが、7回に捕まり一挙7点のビッグイニングを作られ、降板。ワンポイントの高津のあとで投げた大藪も2失点し、終わってみれば10-2の完敗だった。4番の秋葉は3の2だった。



昨年に続き、中越が代表の座を射止めましたね。 最近の県勢は日本文理が甲子園でも好成績を収めていますが、中越は昨年、滝川二に惜敗。 日本文理の活躍で「自分たちにもできる」という自信が沸いてきていることと思いますが、 今回の中越が初戦ではね返されると「やっぱり日本文理じゃないとダメか」という雰囲気が漂う可能性もあります。 中越、というか、日本文理以外の県勢は、ここが正念場かな、という気がしますね。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
新潟
甲子園
高校野球
2016

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2016選手権大会予選の結果と状況(7/25)【野球傍目八目】

不自然に語られない創志学園―玉野光南の誤審疑惑が示唆する,高校野球の病巣【キキアシワアタマ】

山梨県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:321374

(11月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 熊本県の有力校2016
  9. 宮城県の有力校2016
  10. 福島県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss