明日の野球界を背負う逸材を求めて

山梨県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

山梨学院(旧山梨学院大付)  すでに来年のドラフト候補と評判で、140kmの速球にタテと横のスライダーを投げる182㎝の2年生右腕の栗尾勇摩に、177㎝右投左打の外野手・瀧沢虎太朗が投打の軸となる。これにかつて清峰を率いた名将・吉田監督のタクトも健在。昨秋は2回戦で駿台甲府にサヨナラ負けしているが、この春は2年生左腕の宮内大河も台頭し、4強入りを果たしている。 ※決勝では吉松が先発し、逆転を許した4回途中から栗尾が登板し最後まで投げ、東海大甲府の反撃を1点で抑え、逆に打線は東海大甲府の繰り出す4投手に16安打を浴びせ、12-5と完勝を収めている

東海大甲府  昨夏の2年連続の代表校。昨夏エースナンバーを背負い、146kmをマークした178㎝の右腕の菊地大輝が健在も、同じく昨夏のマウンドを経験し、135kmを計測した松葉行人(177㎝・右投左打)が成長し、菊地が冬に肩を痛めたこともあって、今春出場した選抜では、エースナンバーが逆転。選抜では松葉が138km、菊地も140kmどまりで初戦敗退。昨夏は監督から全幅の信頼を得ていた菊地に絶対的なエースの力を取り戻して欲しいところ。打線は昨夏セカンドを守り、高打率を残している福武修(177㎝・右投左打)が守備位置を遊撃に変え、3番を打ち、180㎝・右投右打の一塁手・松岡隼祐が右方向にも長打が出る打撃で4番を務める。2年生では183㎝・右投右打の捕手・亀田啓太は昨夏1年で守りのみだが甲子園の舞台を経験しており、他にも正三塁手候補の沖野谷翔太(181㎝・右投右打)は、将来の主軸として期待されている。投手でも183㎝左腕の内藤武人も来年のエースとして期待がかかる。ただし、選抜では亀田以外の2年生はベンチ入りからも漏れている。その選抜では創志学園の好投手・高田から先制しながらもあとが続かず、松葉が5回に4点を失い、菊地も登板したが、5-1で敗れている。この春も県を制している。関東大会では初戦で花咲徳栄と当たり、先発した菊地が初回に失った1点を返すことができず、1-0で敗れている。この試合は松葉も登板している。また登板はなかったものの、1年生でベンチ入りした180㎝左腕の渡部雄大と、ベンチ入りはならなかったものの、MAX143kmを投げ、打撃でもパワーあふれる打球を飛ばす183㎝・右投右打の小野寺瑞生、U15アジア選手権で代表入りした投手の清水凪(167㎝・右投右打)には今後注目したい。 ※決勝の山梨学院戦では菊地が先発するも2回に捕まり、2失点で降板。あとを受けた松葉も味方が逆転した直後の4回に4点を奪われ、6回にも捕まり途中降板。味方の3失策も響いたかもしれない。その後は1年の渡部と小野寺が受けたが、12-5と完敗を喫している。打線は1番の萩原が3安打、2番の福武が2安打と気を吐いたが、それ以外の選手が合わせて6安打と奮わなかったのが痛かった。



昨夏の甲子園での富士山決戦で、優勝候補の一角の静岡を撃破した東海大甲府の戦いぶりには驚きましたが、 その時の投手の残る同チームをここまで打ち込む学校が出てくるとは思いませんでした。 しかも、校名変更して山梨学院から”大付”がなくなってたんですね。 ただ、敗れた小野寺、渡部というルーキーが残ります。山梨学院の栗尾もまだ2年生。 この2校の凌ぎあいは来年も楽しめそうです。、

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
甲子園
高校野球
山梨
2016

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

高校野球 各都道府県レーティング(強さ) の歴史【konakalab】

神奈川県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

埼玉県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:321296

(11月09日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 熊本県の有力校2016
  9. 宮城県の有力校2016
  10. 福島県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss