明日の野球界を背負う逸材を求めて

神奈川県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

東海大相模  昨夏全国制覇をしたチーム。このとき1イニングだけの登板とはいえ、大会№2の速度146kmをたたき出した182㎝右腕の北村朋也が残り、さらにベンチ入りしていた169㎝左腕の山田啓太、2年生の安里海、鈴木海世といった2年生も140kmを投げ、投手力は昨年の全国トップクラスとまではいかないが、十分に全国レベルには到達している。野手は全員入れ替えとなるが、本来全国からタレントが集まっているだけに、力は決して侮れない。4番候補は右の大砲・赤尾光祐となるが、2年で監督の長男・門馬大に、遊撃手の小松勇輝(170㎝・右投左打)、187㎝の大型内野手・大関克歩(右投右打)といった有望な新入生も加わり、まだまだメンバーは流動的だ。昨秋は県ベスト8も、準々決勝で横浜に10-1の8回コールドで敗れている。今春も横浜に敗れてのベスト8だが、スコアは5-4の惜敗。力は確実に遜色ないレベルに上がってきている。中でも山田の成長は著しく、夏はエースナンバーを奪取しそうな勢いだ。 ※準々決勝で慶応と対戦し、1点先制しながら、先発した山田啓、安里、そして最後に投げた北村がそれぞれ一発を食い、安打は1本多く放っていたが、11-2の8回コールドで敗れる。最後に投げた北村は145kmの生きた球をズバリとコーナーに決めることもあったが、甘いコースに入ってしまうところもあり、最後はそれを打たれ、3ランで試合を決められてしまった。 横浜  昨夏は県大会の決勝で、全国制覇の東海大相模に9-0と完敗を喫しているが、そのときマウンドを踏んでいる藤平、石川がその経験を大いに活かしつつある。186㎝右腕の藤平尚真は秋はエースナンバーを背負い、この春はチームの編成上10番を付けるも自己最速の152kmを計測。さらには打撃でも中軸を担う。藤平に代わって春からエースナンバーを背負う178㎝左腕の石川達也も昨夏の決勝では先発でマウンドを踏むなど、経験値は高く、さらに藤平同様中軸打者でもある。彼らと共に昨年から中軸打者を務める179㎝・右投右打の大砲・公家響も健在で、不動の4番打者になりつつある。さらには2年生の中堅手・増田珠(179㎝・右投右打)も3番打者も任されるほどに成長。2年で正捕手となっている福永奨(177㎝・右投右打)にも今後注目だ。昨秋は県を制したものの、関東大会では初戦で常総学院とぶつかり、3-1で敗れているが、この春は県を制している。関東大会は決勝で前橋育英に5-1で敗れているが、この試合では藤平が先発していない。藤平は投げた試合はほぼ常時140km後半を投げており、試合内容的にも攻守で他校とは格の違いを見せつけていた感があった。そして、今大会では1年生が4人もベンチ入り。中でも注目はアメリカ人とのハーフで190㎝・92㎏という堂々たる体格を誇る万波中正(右投右打・外野手)は期待の逸材。他にも捕手の角田康生(174㎝・右投右打)、内野手の齊藤大輝(177㎝・右投右打)、さらには公式戦第2打席で初本塁打を放った(しかも第1打席は死球)外野手の長南有航(183㎝・右投左打)の今後にも注目したい。また左の大砲の村田雄大が成長し、4番争いにも注目だ。唯一の不安は右手首を手術した増田の回復具合か。 ※決勝の慶応戦では藤平、石川のリレーで9-3で勝利。増田は3番で2発放っており、手首の回復は十分だといっていいだろう。

桐光学園  昨秋の県準V校。昨年2年でエースナンバーを背負った177㎝左腕の石山智大だが、秋はエースナンバーを182㎝の右アンダーで、ミートセンスの高い左の打撃で投げない時は一塁を守って4番を打つ中川颯に譲り、先発の機会も178㎝左腕の大河原に譲ることが多かった。受ける捕手で、中軸打者も担う大坪亮介(172㎝・右投右打)にも注目だ。昨秋は関東大会の初戦で優勝した木更津総合と激突し、2-1の惜敗を喫している。ただ、この春は大河原、石山といった投手が調整不足で8強にとどまっている。それでも中川は4本塁打をマークし、飛距離もアップしてきている。敵将に県内ナンバーワン打者といわしめるほどになっている。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
神奈川
甲子園
高校野球
2016

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

埼玉県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

千葉県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

茨城県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:67
  • 累計のページビュー:297450

(12月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 宮城県の有力校2016
  9. 福島県の有力校2016
  10. 熊本県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss