明日の野球界を背負う逸材を求めて

茨城県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

常総学院  中学時代は全日本のエースも経験し、抜群の安定感を誇る175㎝の左腕エース・鈴木昭汰に、179㎝右腕の樫村雄大と共にMAX143kmを誇る2枚投で、昨秋は県でも関東大会でも準Vだった。今選抜初戦の鹿児島実戦では先発した鈴木が8回を投げ、MAX141kmを計測したものの、被安打9の4失点(すべて自責点)と普段の安定感が見られなかった。9回に登板した179㎝右腕の樫村雄大もMAX138kmどまりで被安打2の1与四死球で2失点。打線も2点を先制したものの、あとが続かず、6-2と敗れ、攻守ともに課題を残した。投手陣は他に180㎝の右サイドの倉田希、175㎝の左サイドの伊藤龍、136kmの175㎝右腕の加藤翔大、2年生の175㎝右腕の小林克洋らがおり、層も厚い。攻撃陣は昨年のスーパールーキーの陶山勇軌(177㎝・右投左打・外野手)が50m6秒フラットの足を活かし、リードオフマンを務め、173㎝・80㎏の右投右打の一塁手・宮里豊汰は、チームメートが「あんな化け物、見たことがない」というほどのスラッガーで、4番を打つ。この2人の2年生がキーマンとなり、攻撃力は十分に全国クラス。あとは、走塁やバントなどのミスを抑え、あと1本が出ない時でも何とかできるソツのなさが加われば、選抜での課題も解消されることになるだろう。この春も県を制している。ただ、出場した関東大会の初戦では先発した鈴木が4回に捕まったあとは、伊藤、倉田、樫村の投手陣がピリっとせず、14-4のコールドで千葉黎明に敗れている。鈴木は選抜で痛めた左肩は回復したものの、まだそのスタミナは十分ではなかったようで、この点は夏に不安を残す。バックアップの投手にもさらなるレベルアップが要求されそうだ。1年でベンチ入りした内野手の吽野圭祐(181㎝・右投右打)、そしてU15アジア選手権日本代表入りした内野手の池田瑞基(168㎝・右投右打)らは今後の主力候補としても注目だ。 ※決勝の明秀日立戦では鈴木が11三振を奪って完封。これで完全復活か。

霞ヶ浦  昨夏の代表校。このときのメンバー7人がスタメンを連ねた昨秋は県を制し、関東大会は準々決勝で東海大甲府に7-0のコールドで敗れている。昨夏サードを守っていた飯村将太(182㎝・右投右打)がエースナンバーを背負い、投げない時は一塁を守り、5番を打つ。投手としては140kmを投げ、プロも注目する素材だ。そして、同じく投げない時は一塁や外野守り、リードオフマンを務める左腕の根本将汰(172㎝・左投左打)との二枚投で、投手陣を形成する。野手では1年の春から遊撃を守り、最終学年を迎える小川翔平(180㎝・右投左打)に注目だ。ルーキーの捕手・鈴木と同じくルーキーの小儀という新戦力を加えた春も準決勝で5-4と惜敗を喫してのベスト4入り。なお、リードオフマンは新たに2年の益子が務め、層も厚くなっている。 ※準決勝で、明秀日立に3-1負け。飯村が先発して完投も立ち上がりに失った3点をはね返せなかった。

明秀日立  昨年で2年で急成長し、4番を打つまでになっていた外野手の細川成也(178㎝・右投右打)が健在。現巨人の坂本を育てた金沢監督もほれ込む高い身体能力で、この春からはマウンドにも上がり、まだ制球面で粗削りな面もあるがMAX146kmを計測する素材の高さには、この先々も注目したい。通算本塁打50発のこの細川が3番を打ち、同40本の糸野雄星もMAX140kmを投げるが勝利重視でスピードにこだわるのをやめ、サイドに変えて、安定感が増した。二刀流を二枚擁し、左腕の長谷川もおり、投打に戦力は高く、層も厚い。昨秋は不祥事で辞退し、この春も2回戦で敗退しているが、秘めた力は高いだけに不気味な存在だ。ただ、試合経験の少なさが心配と言えば心配だ。 ※決勝は1-0で常総学院に敗退。細川が完投している。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
茨城
高校野球
甲子園
2016

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

群馬県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

栃木県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

岡山県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:117
  • 累計のページビュー:297384

(12月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 宮城県の有力校2016
  9. 福島県の有力校2016
  10. 熊本県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss