明日の野球界を背負う逸材を求めて

群馬県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

前橋育英  177㎝・89㎏とがっしりとした体格の捕手・森田健斗(右投右打)を擁し、この春は県を制している。関東大会でも決勝では横浜相手に181㎝右腕の佐藤優人が1失点完投し、優勝している。しかも、その前の準決勝の関東一戦では、8-0の7回コールドながら178㎝の2年生右腕・皆川喬涼も完封。準々決勝の花咲徳栄戦では174㎝の2年生右腕・吉澤悠が2失点完投。初戦の青藍泰斗戦では2年生ながら192㎝と長身の根岸崇裕(右投右打)も登板。さらには、県大会では一塁手兼任の飯島大夢(184㎝・右投右打)、外野手兼任の丸山和郁(170㎝・左投左打)も好投し、投手陣の層は厚い。リードする森田健斗(177㎝・右投右打)が、主将で遊撃を守る4番の小川龍成(171㎝・右投左打)に、飯島らと組む主軸を中心とした打線も、関東大会では次々に好投手たちを攻略。全国トップレベルの得点力・破壊力があることを証明した。U15アジア選手権の日本代表入りした期待のルーキー外野手・竹内純也(180㎝・右投左打)も加入したが、夏にこの中に割って入ることができるのかどうかにも注目だ。 ※決勝の健大高崎戦は佐藤優が9回を投げ抜き3点に抑え延長に突入。12回に一気に4点勝ち越し、延長戦から投げていた吉沢がしっかり抑え、8-4で勝利している。2013年に全国制覇した時のエース高橋光成の弟、亮成も背番号14でベンチ入りしている。投手は決勝まで佐藤と吉沢しか登板していない。竹内の試合出場はない。

健大高崎  昨選抜のベスト8校にして、昨夏の代表校。その夏は甲子園でも2勝しているが、このときのベンチ入りのメンバーは1人を除いてすべて3年で、新チームにレギュラーは残らなかった。それでも、昨秋はベスト4まで勝ち進んではいるが、準決勝で樹徳に⒒-1の5回コールドという惨敗を喫している。この試合では5イニングで2年生左腕の片倉雅史(169㎝)、高原、宮崎、石毛力斗(177㎝・左投左打)といった4人の投手を繰り出している。投手陣が崩壊したか、この試合でアクシデントがあったのか? この春は県準Vとなっている。関東大会では初戦で横浜と激突し、エースナンバーを背負った石毛が、1年の秋に受けた左ヒジの手術から見事に復帰し完投、3-2で敗れている。故障経験のある石毛をフォローする存在の一番手として、181㎝の2年生右サイド・伊藤敦紀(打は左)が台頭してきたのは頼もしい。打線は例年に比べて小粒という声もあるが、昨夏の甲子園で5割の成績を残した外野手の宮本隆寛(171㎝・右投左打)がリードオフマンとして、機動破壊の口火を切り、そんな声も吹き飛ばす。1年ながらベンチ入りした大柿廉太郎(179㎝・右投右打)はU15アジア選手権で捕手として日本代表入りした期待のルーキーで、今後に注目だ。 ※決勝は前橋育英に延長12回の末、8-4で敗れる。石毛が先発し、4回途中で降板。そのあとを伊藤が最後まで投げている。大柿が正捕手で8番を打ったほか、4番にも1年生の山下を抜擢(守備は一塁)。3番も2年の安里が務め6の3を放っている(守りは二塁)。

前橋工  今春県ベスト4に入り、地元開催の関東大会に出場している。エースナンバーを背負うのは178㎝左腕からMAX136kmを投げ、安定感抜群の八野田龍司だが、関東大会では173㎝左腕の塩浦康太、179㎝左腕の萩原義己のリレーで3失点に抑えるも二松学舎の大江から初回の1点しか奪えず、初戦敗退している。攻撃では4番を打つ中堅手の中林幹弥(183㎝・右投左打)が中心となる。

伊勢崎清明  MAX141kmの速球にスライダーを武器とするエース右腕の岡本卓也(174㎝)を擁し、控えにも清水陽介、2年生の霜田健太といった大型右腕が揃う。打線の中心は左の長距離砲・原一真で、前後の打者もしぶとく、この春は8強どまりも、準々決勝で健大高崎をあと一歩といところまで追いつめながらの逆転負けという互角の戦いを演じている。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
群馬
高校野球
甲子園
2016

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

栃木県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

岡山県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

広島県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:54
  • 累計のページビュー:297557

(12月31日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 宮城県の有力校2016
  9. 熊本県の有力校2016
  10. 福島県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月31日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss