明日の野球界を背負う逸材を求めて

栃木県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

作新学院  昨年まで5年連続代表の座を掴んでいるチーム。昨春の関東大会で2本のアーチをかけた小林虎太郎(174㎝・左投左打)や、昨夏の甲子園で136kmをマークした186㎝右腕の入江大生が残る。昨秋は準決勝で2-1で敗れ、ベスト4にとどまっている。この試合では180㎝の右腕から140km後半の球を投げる今井達也、宇賀神という投手のリレーで入江は登板していない。春は今度は今井を温存。4番の小島寛生(184㎝・右投右打・内野手)が2戦連発を放って8強入り。他にも野手では北関東選抜入りした山本拳輝の名も挙がる。投手陣にも右サイドの藤沼竜矢に、素材的に期待度の高い2年生の大関秀太郎も加わり、投打に戦力の厚みは増している。 ※2年連続で同じカードになった決勝の国学院栃木戦では、先発の宇賀神が立ち上がり2点を失ったものの、攻撃陣がその裏7点をとってすぐに逆転。その後も2点ずつ奪って、3回までに11-2と大差をつけるや、宇賀神も立ち直り、7回まで投げ、その後を今井が抑え、15-6と完勝を遂げている。入江はファースト4番に入り、1本塁打を含む3安打4打点と大暴れ。チームも19安打を放っている。

国学院栃木  昨夏の準V校。昨秋、この春と8強入り。昨夏もレギュラーだった寺島大貴(左打)が主将となり、打ちだしたら止まらない打線を引っ張る。 ※決勝では作新学院相手に先制しながら、その裏から一気にかまされ、4回戦で3-2で敗退。渡辺は完投し、被安打9の3失点だった。



栃木は昨年と同じ決勝カードで、結果も同じ。今年の作新は昨秋から県を制したこともありませんし、関東大会も出ていませんが、夏にはきっちり仕上げてきましたね。これで夏は6連覇ですか。こうなると甲子園でも相手が名前で構えてくることもあります。投手陣の柱もまだ確定できていない感じもありますが、タレントは揃えているだけに、甲子園で勝ち進む中で、それが開花し、チームとしての勢いにつながることも十分考えられます。6連続の中で最上位のベスト4超えも夢ではないかもしれませんね。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
甲子園
高校野球
2016
栃木

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

岡山県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

広島県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

鳥取県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:331
  • 累計のページビュー:297268

(12月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 宮城県の有力校2016
  9. 福島県の有力校2016
  10. 熊本県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss