明日の野球界を背負う逸材を求めて

岡山県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

創志学園  昨年2年生ながらすでにMAX150kmを投げていた176㎝右腕・高田萌生がエースとなり、昨秋は県3位から中国大会優勝で、選抜出場を決める。神宮大会では敦賀気比の山崎と投げ合い、高田が被安打8で5失点(自責点4)し、味方打線は山崎の前にわずか4安打の1得点に終わり、初戦敗退している。178㎝の右腕でリードオフマンも務める外野手兼任のナックルボウラー難波侑平(179㎝・右投左打)や、165㎝左腕の秋山に使える目途がつけば、選抜では高田が大会最速の149kmをマークし、東海大甲府相手に1失点完投勝ちを収めている。(次戦は高松商にワンチャンスで5点を奪われ5-1敗)。4番を打つ外野手の高井翔(179㎝・右投右打)は50mを5秒8で走る俊足を持ち、ほかにも5秒台の選手が2人に、6秒前半の選手も3人おり、高い機動力で得点をもぎとる。この春は選抜では3番を打った難波がメインで投げ、8強入り。注目のルーキー、秋久(右腕)と中山がベンチ入りするようだと、夏に向けて投手陣の層も厚くなる。秋久は、元阪神の投手・上田二郎の孫という点でも先々楽しみだ。 ※決勝の玉野光南戦では物議を醸したあわや1-0敗からの逆転判定からの反撃で4-1の勝利。高田は被安打の9奪三振で完投している。高田は3回戦から決勝までを一人で投げ抜き、1試合の最多失点が1と安定。難波は1番に戻り、4の3、高井は3番で4の2、4番を打ったセカンドの湯井も4の2を打った。秋久は初戦先発し、8回を無失点に抑えている。あとは難波もマウンドを経験している。中山は試合の出場はなく、代わりに1年生の捕手、藤原がレギュラーとなり、決勝も先発マスクを被っている。

玉野光南  191㎝の大型右腕の浜口祐真に左腕の阿部、2年生右腕の斎藤と投手が揃い、守りは堅い。打線も受ける捕手の秋友佑斗や金原大樹を中心に破壊力があり、この準々決勝で5-4と惜敗を喫し、8強入りで止まっている。 ※決勝で創志学園と激突し、あと一歩のところからの逆転負けで4-1で敗れる。阿部が先発し5回を投げ、あと継いだ浜口が最後に崩れた。金原は7番サードで3の1。秋友は試合出場はなく、準決勝で代打出場。不調か故障か?

倉敷工  昨秋、今春の県準V校。エースナンバーを背負うのは180㎝右腕の大月廉に、同じく180㎝右腕の内山諒太も中国大会では先発、外野手兼任の国定拓哉も166㎝の上背ながら貴重な左腕として(打も左)県の決勝で先発しているが金光打線に早々に捕まってしまったのが、この先の課題か。4番を打つのは168㎝と小柄ながら強打のショート・長沢成晃(右投左打)。6番を打つレフトの八巻凌(177㎝・右投右打)が2年生で、来季にかけての成長にも期待か。 ※3回戦で岡山理大付に3-2と惜敗。内山が先発し6回を投げ、つないだ大月が3回を投げている。大月が4番で3の0、長沢は3番で4の1だった。八巻は大会を通じて試合出場はなかった。

関西  昨年2年でMAX142kmを出していた右腕・小郷賢人が最上級生となり、球速も148kmまで伸ばし、打撃でも長打力を秘める。左腕投手としても期待されたルーキーの物部大輝も2年生で健在。こちらも打撃はよく、投げない時は野手としても出場する。さらには、右アンダーの山下宏史郎に、三宅竜星がクローザーを務める。打線は本干尾、長打力のある寺尾陸(178㎝・右投右打)の中軸の2人が俊足も誇り、さらには難波、下地といった2年生も中軸の座を務めそうな勢いで成長。NOMOジャパン入りしたルーキー・尾嶋晃大朗(166㎝・右投右打)も加わり、この春は4強入り。 ※準々決勝で倉敷商に5-1で敗れる。先発した小郷が4回を投げ、あとを三宅が投げている。5回に4失点というビッグイニングを作られたのが痛かった。寺尾はリードオフマンで4の3。難波が4番で4の0。下地は6番で4の1、本干尾は9番で3の2だった。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
岡山
甲子園
2016
高校野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

広島県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

鳥取県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

2016選手権大会予選の結果と状況(7/24)【野球傍目八目】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:117
  • 累計のページビュー:297384

(12月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 宮城県の有力校2016
  9. 福島県の有力校2016
  10. 熊本県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss