明日の野球界を背負う逸材を求めて

広島県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

新庄  昨夏の代表校。このとき左のサイドから140kmを投げ完投で勝利をあげた175㎝左腕の堀瑞輝が健在で、中四国№1左腕と呼ばれるほどに成長。実際、県3位になった昨秋は準々決勝では広陵を相手に毎回の16三振を奪っている。ただし、中国大会では初戦で捕まり、7-0のコールドで敗れている。打線は昨夏の甲子園で唯一人レギュラーで出場したリードオフマンの杉村泰嘉(170㎝・右投右打・二塁手)に、3番の外野手・北谷奨吾(178㎝・右投右打)、そして、4番を打つ一塁の小河虎之介(右投右打)の185㎝・84㎏という恵まれた体は将来的に楽しみではある。この春も軸は堀で球速は145kmにまで伸ばし、控えも左腕の新見に2年生左腕の有村、右腕の佐久間雄大(177㎝)と層も厚くなったが、春は如水館に敗れて、8強で止まっている。 ※決勝の如水館戦では堀が172球を投げ完投、最後の8回と9回に3点を奪われ、1点差に迫られるも何とか粘り切った。失点は4だが自責点は3で被安打は10の8奪三振。堀は準々決勝の広島商戦でも4点を奪われているが、それ以外では1試合最多でも1点しか失っていない。

崇徳  181㎝左腕の高原健太朗が140km近い球を投げ、カーブ、スライダー、チェンジアップにも自信を持つ。昨秋は県ベスト8。この春はリードオフマンの外野手・矢田悠貴(178㎝・右投左打)が決勝まで3試合連続アーチをかけるなどして、県を制している。中軸を打つ打者には4番の瀬尾寛大(177㎝・右投左打・一塁手)、5番の島住里空(177㎝・右投右打・外野手)と2年生が並び、来年も楽しみだ。中国大会でも194㎝右腕の河合球伍がMAX140km超の球を投げ下ろし、決勝で完封劇を演じ優勝している。 ※準決勝で広島新庄に4-1で敗れる。河合が先発し5回を投げ、被安打10でチームの4失点のうち、2点は確実に奪われている。高原は最後に1イニングだけ登板し、被安打はなし。矢田は2安打しているが、瀬尾が2の0で途中で代打を出されているのは、不調かケガか? 島住は5番で4の0だった。 如水館  昨秋は県準Vで中国大会4強。打線は好打者として評判で、監督も「今まで指導してきた中では一番の素材」とほれこむ持田大和(178㎝・右投左打)がリードオフマンを務めるほか、遊撃を守り、6番を打つ北谷航輝(170㎝・右投右打)はまだ2年と将来が楽しみだ。投手は継投で、エースナンバーを背負う173㎝の右腕・山下昇汰は主にリリーフを務める。中国大会で全試合に先発した2年生右腕の石垣雄規は165㎝と上背的にはやや寂しい。体格でいえば、同じ2年生右腕で178㎝の福嶋健矢に期待がかかるが、ほとんどがワンポイント登板で、まだ経験値は乏しい。この春は持田を遊撃にコンバートし、エースは石垣のままで県準V。石垣の球速は137km。福嶋はこの春は登板はなかったが、140km超の速球と多くの変化球を操り、監督が秘密兵器として秘かに期待を寄せている。 ※決勝で広島新庄に5-4で敗れる。投手は3年生の岡本が先発し、福島と交互に投げ合う継投でなんとか耐えていたが、8回に石垣を登板させるも決定的3点を奪われている。打撃では持田が3番に入り、5の3の1打点と活躍。北谷は大会を通じて試合の出場はなかった。故障か不調か。石垣は準々決勝、準決勝で先発しているが完投はなく、準々決勝では立ち上がりに失点し、序盤で降板している。研究されたのもあるだろうが、やはり春の調子とはほど遠かったといっていいだろう。

広陵  130km台を投げる投手陣の中では、左腕エースとなった松井健太郎に、1年時から経験を積んでいる柏野智也、福田良太といった130km台を投げる投手陣が最上級生として残るうえに、180㎝の2年生左腕・平元銀次郎も130km台中盤を投げ、これに加わりそう。そのため、エースとなってもおかしくない福田は4番サードでの出場が中心となりそう。これをリードする捕手の中村奨成(182㎝・右投右打)は2年生にしてすでに県内№1捕手と評判。昨秋は準々決勝で広島新庄に3-0で敗れ、ベスト8入りし、今春は崇徳に7-5で敗れ4強入りしている。。 ※準決勝で如水館に10-0と完敗。5で敗れる。終盤の8回、9回にそれぞれ3点ずつ奪われている。今西という投手が先発し、立ち上がりに2失点し、3回途中で降板。あとを受けた柏野が5回まで投げ、4回に6失点し、その後を松井が2回投げ2失点、平元が1回を投げている。中村は3番を打ち、福田は中堅で6番を打ち、ともにノーヒット。というか、チーム全体でも3安打だった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
広島
高校野球
甲子園
2016

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

鳥取県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

2016選手権大会予選の結果と状況(7/24)【野球傍目八目】

「ガチファン」(千葉テレビ)初観覧 ローカル高校野球の魅力全開!何故かハマる【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:55
  • 累計のページビュー:297504

(12月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 宮城県の有力校2016
  9. 福島県の有力校2016
  10. 熊本県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss