明日の野球界を背負う逸材を求めて

鳥取県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥取城北  昨夏の代表校。そのときのトップバッターで50mを5秒9で走る寺坂黎哉(167㎝・右投両打・外野手)と一塁手の垣内祥平(171㎝・右投右打)が残る。垣内は注目の素材だが、昨夏は決勝で肉離れを起こし、甲子園の舞台では代打での出場にとどまってしまった。今年は当然この垣内が堂々の4番打者として一塁に入り、2年生の外野手・瀬戸成一郎(176㎝・右投左打)が3番に入り、エースナンバーを背負う181㎝右腕の中塚龍弥、169㎝の2年生左腕の黒木祐二、同じく2年生の171㎝右腕の福本拓真の投手陣で昨秋は県を制している。ただし、中国大会では初戦で南陽工に6-5と惜敗を喫している。この春もエースは中塚で球速は140kmを超すまでになっている。左腕・黒木、右腕の福本も健在だが、二番手には新たに2年生左腕の木下一生(171㎝)が浮上。他にも166㎝の2年生右腕・大宮隆寛も出てきて、投手陣の層は厚くなり、この春も県を制し、中国大会は初戦敗退も4-3という惜敗だった。ただ、この中国大会では黒木、福本がベンチから外れている。受ける捕手も2年の大石が正捕手の座を得たかと思ったが、中国大会ではベンチから外れ、固定できていない悩みもある。それでも、垣内以外の主軸打者として、瀬戸に加えて山本貴也(175㎝・右投右打)、中島翔人(173㎝・右投左打・三塁手)という2年生トリオの名が挙がり、来年も楽しみなチームだが、県下最多の147人の部員数を誇るだけに、垣内のようなルーキーが飛び出してくる可能性もあり、夏の戦いから目が離せない。 ※準決勝で境と当たり、7-3で敗退。木下が先発するも2回に4点を奪われ、3回途中で交代。そのあとを中塚が投げ7回まで2失点している。瀬戸、垣内、中島のクリーンアップで、瀬戸が2安打で、垣内が1安打、中島はノーヒットだった。寺坂は1番でノーヒットだった。

 163㎝と小柄ながらも注目の捕手・浜智也(右投右打)を擁し、昨秋は県準V。中国大会は初戦で完封負けを喫している。浜は正捕手も打順は9番。エースナンバーを背負うのは171㎝の右腕の杉岡敬亮だが、昨秋は少なくとも準決勝以上では登板していない。代わって、173㎝右サイドの隠家直人がメインで投げ、中国大会でも4失点完投している。県の決勝では182㎝と身体に恵まれた右腕の砂川優太が先発しているものの、初回から鳥取城北に捕まっている。この春は隠家がエースナンバーを背負ったが165㎝左腕の高木優も大事な役割を担い、県下屈指の大砲としてプロも注目する勝部浩平(175㎝・右投右打)を軸に強力打線を背景に県4位。中国大会では選抜出場校の開星に当たり、7-1で敗れている。ただ打線は相手の12安打に対して⒒安打とスコアほどには差が出ていない。投手は砂川もベンチ入りはしていたが、登板はなく、179㎝の2年生左腕の神田玄流が先発の隠家の後を受けて登板。杉岡はベンチにも入っていない。昨秋以降、大きな故障を背負ったか? 捕手も浜は正捕手を外れ、代わって2年生の紙野大輔(173㎝・右投右打)がスタメンマスクの座を奪った形だ。リードには課題を残すが肩の強さと送球の精度が高く、来年は不動の捕手となりそうだ。2番で開星戦で4安打した高塚孔大(167㎝・右投左打)、7番で同じ試合で2安打した上地一歩(170㎝・右投左打)の二遊間はまだ2年生。体格的にはややさみしいが来年の主力候補だろう。 ※決勝はどこも下馬評にも挙げていなかった米子松蔭が相手だったせいか、19-4の貫録勝ち。鳥取城北を7-3で破った準決勝が事実上の決勝といっていいだろう。この試合は隠家が13安打を打たれながらも完投し、4失点。勝部は3番で6の4の4打点だった。捕手は浜が正捕手に復帰している。高塚、上地はともに二遊間で出場し、2安打を放っている。準決勝の城北戦でも隠家が3失点完投している。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
鳥取
甲子園
高校野球
2016

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2016選手権大会予選の結果と状況(7/24)【野球傍目八目】

「ガチファン」(千葉テレビ)初観覧 ローカル高校野球の魅力全開!何故かハマる【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ん?どういうこと?【スポーツ雑談】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:67
  • 累計のページビュー:297450

(12月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 宮城県の有力校2016
  9. 福島県の有力校2016
  10. 熊本県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss