明日の野球界を背負う逸材を求めて

山口県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

宇部鴻城  昨選抜の出場校。このとき3番を打ち、外野とサードを守った上田力也(172㎝・右投左打)、途中から代打で出場し、一塁を守って、1安打を放った中村勝人(171㎝・右投右打)、長打力のある控え捕手の中村龍二(170㎝・右投右打)の2年生トリオが最上級生として残る。投手も昨春の県大会で登板した丸山颯は最上級生となり、強肩を活かして捕手にコンバート。2年の正木と共に、扇の要を守る。リードする新たな投手は右腕の木下に、135km左腕の荒武、同じく左腕の百留の2年生トリオが中心となる。新たに中軸打者に加わった右投左打の内野手の島田将平という2年生が加わり、県準V。夏は辻村に2年生の早稲田という本格派左腕も投手陣に入れた布陣で臨む。 ※決勝で高川学園に8-2で敗れる。先発は早稲田だったが、3回に1点を失ったところで交代。そのあとをほぼ辻村が投げるも被安打6で5点を失っている。百留、木下もわずかだが登板している。中村勝、上田の中軸はノーヒットだった。中村龍は代打でノーヒット。正捕手は正木で下位で1安打。丸山も代打出場でノーヒット。5番に2年生の遊撃手・嶋谷が2安打で2打点とチーム唯一の打点を挙げているが、彼の名前が将平ならば、上記島田のこととなるので、今後要注目だ(島田は報知高校野球の表記)。

宇部商  宮崎洸太(178㎝・右投左打・外野手)に宮崎大幹(169㎝・右投右打・外野手)といった昨年の主軸が残り、昨秋は県準V、しかも3-2の延長サヨナラ負けの惜敗。新たな4番は捕手の矢原真樹(174㎝・右投左打)。投手は昨年期待された183㎝右腕の宮本の名がベンチ入りメンバーになり、179㎝左腕の野口峻平がエースナンバーを背負っている。ただ春は守備の乱れから初戦敗退。本来の実力は県でもトップクラスだが、守備のミスの連鎖反応という悪癖がどこかで顔を出さないかだけが心配だ。投手は右腕の桑原の名も挙がる。

高川学園(旧多々良学園)  昨年のレギュラーが多く残り、選手個々の潜在能力は県内屈指と評判。左腕エースの山野太一は170㎝と決して体は大きくないが、球速は140kmを超す。右本格派の山崎も控え、昨秋は8強入りしている。 ※決勝の宇部鴻城戦では先発した山野が10三振を奪い、2失点完投し、8-2で勝利。

岩国  日下、海野、遊撃も兼ねる内海の2年生の右腕トリオが急成長し、技巧派右腕の原田が中心だった投手陣が一気に厚くなり、春は8強入り。打線は甲子園経験者の白石がリードオフマンとして引っ張る。

下関国際  140km超の球を投げる右腕の岸田を擁す。

防府  県最速の呼び声高いMAX145kmの175㎝右腕・森本兼生を、135km右腕の井上もサポートし、投手陣の層は厚く、この春は8強入り。森本は打撃でも非凡な才能を見せ、打っても4番で軸となる。

南陽工  今選抜の出場校。エースで左翼兼任の重富将希(182㎝・右投右打)と捕手ながらマウンドにも上がって135kmを投げる藤本大輔(177㎝・右投右打)が打でも3,4番を打ち、攻守の軸となり、昨秋は県3位から中国大会準Vまで進んだ。ただし、エースの重富は140kmは投げるものの、バント守備と兼任の左翼の守備はかなりの難があり、それが原因かどうかはわからないが、中国大会の決勝では12失点と惨敗を喫している。それでも打線は強化されつつあり、新たに182㎝右投左打の三塁手・山口勇太が5番、2年の家入龍生(170㎝・右投左打・外野手)が3番に入り、選抜では1勝。ただ、2回戦は秀岳館に初回に8点というビッグイニングを作られてしまい、これで完全に自分を見失ったか16-0で敗れている。重富は2試合とも完投。140kmを計測したものの、16点を失った2試合めでは自責点は7だったとはいえ、3本の本塁打を被弾している。この轍を踏まないための希望が、春からサブマリンに転向した右腕の戸倉だ。フォームを変えてからなんと30イニング無失点で、この春はベスト4までだったが、これは2年生の投手陣の力による。野手にもレギュラーの座を争えるほどに台頭している2年生も出てきており、夏はさらにレベルアップが見込めそうだ。 ※2回戦で高川学園と激突。6-1で敗れる。重富が完投しており、被安打は9。与四死球6と味方の3失策も影響したか。打では4番の重富は4の1。山口は5番で4タコ。家入は出場していない。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
山口
高校野球
甲子園
2016

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2016選手権大会予選の結果と状況(7/21)【野球傍目八目】

2016選手権大会予選の結果と状況(7/19,20)【野球傍目八目】

屋外球場の熱中症対策【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:117
  • 累計のページビュー:297384

(12月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 宮城県の有力校2016
  9. 福島県の有力校2016
  10. 熊本県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss