明日の野球界を背負う逸材を求めて

北北海道の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

白樺学園  昨夏の代表校。甲子園では下関商相手に初戦敗退。延長戦にもつれ込むも、11回ウラに決勝点を奪われ、4-3のサヨナラ負けという惜敗だった。このときのチームから二番セカンドの後藤博希(177㎝・右投右打)、5番サードの橋本球道(170㎝・右投左打)、9番ショートの松浦昌輝(165㎝・右投右打)のレギュラーが残る。橋本はエース右腕として3番を打ち、後藤はセンターに、松浦はセカンドへとそれぞれコンバートし、昨秋は道ベスト8まで進んでいる。春は道大会ベスト4と北北海道勢の中では最高の成績を残す。春は主に2年生左腕の牧野憲伸(177㎝)がマウンドを踏み、橋本は4番に集中。夏は牧野、橋本の2枚投でのぞむ予定だ。攻撃陣では、169㎝と小柄ながらも強打を放つ一塁の岡田拓巳(右投右打)にも注目だ。また後藤はセカンド、松浦はサードと春には再コンバートが行われており、後藤はリードオフマンとして定着している。 ※決勝トーナメントの2回戦で釧路糊料と当たり、9-8で敗れる。徳永という投手が先発するも、2回途中で4失点KO。その後を宮本という投手が投げるも6回に再び5点を失い、一時は9-2と大差がつくもその裏から毎回得点で食い下がり、1点差まで詰め寄ったが及ばなかった。最後に牧野が登板し、追加点は許していない。放った安打は相手と同じ13本。もらった四死球は6と相手よりも4つ多かったが、⒒の残塁が効いた形だ。

旭川西  上樂開士(166㎝・右投右打・内野手)を中心とした強力打線で、この春は2年連続で道大会に進出。投手陣はこの大会でMAX133kmを計測し、成長中の2年生右腕の坂本匠玄(170㎝)と復調のまたれる昨秋までの左腕エース・新出直之を強肩捕手の岸樹輝(177㎝・右投右打)がリードする。 ※決勝トーナメントの2回戦で江陵に5-1で敗れる。新出、坂本のリレーで7回までは2-1と互角の展開だったが、8、9回で3点を奪われて突き放された。自慢の強力打線も江陵・古谷の前に1得点でとどまったのも痛い。 旭川実  180㎝・85㎏の恵まれた体で、マウンドに上がればMAX142kmを投げ、中軸を担う打撃では通算40本以上の本塁打を放つ長打力でプロも注目する陣翔大(右投右打)という投打の大黒柱を中心に、昨夏準Vのメンバーが、当時のエース、吉田を含め7人残り、地力は№1といっていい。が、実際は昨秋はブロック予選で旭川西に4-2と惜敗。この春もブロック予選2回戦で旭川龍谷に8-2と敗れているだけに、雪辱に燃える思いは強い。 ※準決勝でクラーク国際に9回に追いついたが、その裏に決勝点を奪われ、5-4のサヨナラで敗退。陣が先発し、本塁打も放っている。 旭川大高  沼田、楠茂、安藤、猪飼といった4人の投手を揃え、長打力があり、守備範囲も広い主将の原田修が攻守の要となる。 ※準々決勝で8-4で敗退。猪飼が完投している。

旭川東  右サイドの高田知希が安定。これを機動力を活用できる粘り強い打線が支える。ただし、この春の2回戦の旭川工戦では、5点先制しながら、その裏、先発した高田が8失点している。試合は結局逆転で14-⒒で勝っている。次の地区代表決定戦では6回コールドながら高田が完投しているので、故障などではなさそうだ。 ※ベスト16からの代表大会2回戦で旭川実に9-2のコールドで敗れる。高田が先発し、途中で交代。継投した投手が7回に捕まり一気に5失点してしまった。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
北海道
北北海道
甲子園
高校野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2016選手権大会予選の状況(7/9)【野球傍目八目】

PL魂は消えてはいない【僕の中の大投手 諭】

沖縄県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:117
  • 累計のページビュー:297384

(12月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 宮城県の有力校2016
  9. 福島県の有力校2016
  10. 熊本県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss