明日の野球界を背負う逸材を求めて

岩手県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

釜石  今選抜に21世紀枠で出場し、初戦の小豆島との21世紀対決を2-1で制して1勝。次戦は滋賀学園に9-1と完敗したが、全国レベルの学校と対戦したことは大きく活きるはず。171㎝の右腕エース・岩間大はMAX127kmだったが、その投球のほとんどは110km台だった。野手では2年生でリードオフマンを務めた佐々木航太のバットコントロールのうまさが目を引いた。選抜後は岩間がヒジ痛で登板回避しているのはやや不安だ。 ※2回戦で一関学院に激突。延長13回の末、2-1で敗れる。岩間は完投し、被安打は9だった。ただ、味方打線は10安打しながら一関の大竹に14の三振を食らっている。

花巻東  昨夏の代表校。昨秋は2回戦で敗退したが、この春は準V。東北大会でも4強入りした。投手は昨夏の県の準々決勝でロングリリーフした左腕の平沢文太(176㎝)に、甲子園で2回先発し、135kmをマークした左腕の加藤三範(180㎝・左投左打)の投手陣に2年生右腕の佐藤真生(172㎝)が加わった。野手では甲子園を経験している熊谷星南(182㎝・右投右打)が3番を打ち、191㎝の長身の外野手で、マウンドにも上がり140km超の球を投げる4番の千葉耕太(右投右打)とともに攻撃の中心を担う。ただ昨夏の甲子園で出番はなかったものの、1年生ながら178㎝・84kgの堂々たる体格でベンチを経験した山口澪也は2年になった今年の春はベンチから漏れている。代わって、同じ2年の足沢椋介(167㎝・右投右打)が本塁打を打つなど大活躍をしている。 ※2回戦で盛岡工と対戦し、1点リードしていた8回に3点を失い、3-1で敗れている。先発した平沢は8回途中まで投げ、のこりの3分の1を佐藤真が投げている。8回の3失点の内訳は不明。それよりも味方が4安打しか打てなかったのが痛かった。 一関学院  昨夏は県の決勝で延長13回の激闘の末、9-8で敗れたチーム。昨秋は県3位で東北大会に出場し、ベスト入り。そしてこの春は県を制した。その中心となるのはエースで4番の大竹樹希哉(172㎝・左投左打)。昨秋の東北大会でもほぼ一人で投げ抜いたが、準決勝の光星戦では5回途中で捕まり自責点6で降板し、チームも8-0でコールド負けしている。その後を181㎝右サイドの千葉拓望、中堅兼任の平岡弘喜(170㎝・左投左打)が投げているが、千葉は打者3人を相手にアウトを一つも奪えていない。が、この春は千葉が決勝で先発、そして新たに右サイドの佐々木蓮(172㎝・打は左)が東北大会で先発するなど、投手陣の底上げもできてきている。野手では大竹の前を打つ小林亮介(右投右打・遊撃手)が183㎝の恵まれた体から勝負強い打撃を見せ、同じく183㎝の恵まれた体格の2年生の三塁手の千葉愛斗(右投左打)は下位で高打率をマークするなど急成長中で、来年の主軸候補と思われる。 ※決勝では盛岡大付に1-0の完封負け。大竹が先発し完投。被安打6の1失点も自責は0だった。大竹は打順は6番に下がり1安打。4番は小林が務め2安打。千葉は9番サードで2の0だった。リードオフマンを務めたセカンドの小椋に捕手で2安打した斎藤も2年生だ。

盛岡大付  1年生ながら140km超を投げていた臼井春樹が2年生となるも、昨秋エースナンバーを背負ったのは、189㎝の長身右腕・井上涼平。2年からマスクを被る伊藤勇貴(175㎝・右投右打)がリードし、打でも4番を打ち、2年で5番を打った石橋泰成(176㎝・右投左打)は一塁から三塁にコンバートされ、主将となり、リードオフマンを務め、県を制し、東北大会でも4強に入った。臼井はベンチを外れたが、175㎝の2年生左腕・三浦瑞樹が経験を積んだのは大きい。野手では背番号17ながら5番を打った植田拓(右投右打・外野手)が一発を放つなど大活躍を見せている。165㎝と小柄だが、200㎏を超す脅威の背筋力に、俊足で守備範囲の広い逸材だ。体格もまだ1年秋のものだけに、これから伸びる可能性にも期待したい。この春は準決勝で花巻東に⒒-3と大敗して県3位。出場した東北大会でも初戦で八戸工大一に9-8で敗れ、投手陣に不安を残した。東北大会は三浦が先発し7回を投げ8失点。その後はエースナンバーを付けた180㎝右腕の坪田伸祐と井上が投げ、臼井も県大会では投げているが東北大会ではベンチから外れている。他にも県大会だけなら2年の森も登板している。野手も春は植田が3番にあがり2本塁打。菅原がリードオフマンを務め、石橋は2番に回っている。4番も高校通算48本塁打のスラッガー塩谷洋樹(178㎝・右投右打・外野手)が入り、伊藤は5番に下がっている。 ※決勝は井上から三浦のリレーで一関学院を完封。8回に敵の失策であげた1点を守り切った。打線はこの試合では一関学院の大竹に6安打に抑えられたが、準々決勝、準決勝では2ケタ得点を挙げているほどで、自慢の強力打線は決して湿っているわけではない。植田も決勝では出場していないが、それまでは3番中堅でかなり打ちまくっている。投手は坪田が4回戦で先発しているが、臼井の登板はなかった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
岩手
2016
甲子園
高校野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

青森県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

2016選手権大会予選の結果と状況(7/17)【野球傍目八目】

154kmをマークした江陵のアイツ 第98回全国高校野球選手権大会北北海道大会~江陵高×旭川西高【僕の中の大投手 諭】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:26
  • 累計のページビュー:320857

(10月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 熊本県の有力校2016
  9. 宮城県の有力校2016
  10. 福島県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss