明日の野球界を背負う逸材を求めて

愛媛県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

済美  昨年は部内いじめで1年間対外試合禁止で夏は不出場。172㎝左腕の菊池怜雄をエースに、176㎝右腕の大野真也、178㎝右腕の和合寛征、163㎝左腕の赤松勇樹弥らの投手陣で、昨秋は県3位。出場した四国大会ではベスト4で、しかも準決勝では6-5と惜敗と県勢では最高の成績を残すも、選抜は逃した。打線は4番を打つのは捕手の小山一樹(178㎝・右投右打)だが、3番と5番には、外野手の八塚凌二(175㎝・右投右打)、一塁手の宇都宮佑弥(163㎝・右投右打)といった2年生が組まれている。さらには2年生外野手の脇田が成長し、レギュラーを獲得しそうだ。この春も4強入りしているが、準決勝では松山聖陵に10-1と大敗しており、投手陣に不安が残る。 今治西  昨年の選抜と夏の連続出場も夏は早実に6-0の完封負けで初戦敗退。このとき1年生でベンチ入りしていた金本遼(176㎝・右投右打)が2年として昨秋からエースナンバーを背負い、130km後半を投げる。同じく2年で、昨年の夏のエース・藤原の弟で素質は兄以上という拓実(183㎝・右投右打)が今は控えもゆくゆくはエースの座を奪う可能性もある。その他にも投手陣は173㎝右腕の吉本春悟も控える。打線は昨夏2年で3番を打った捕手の高尾陽輔(173㎝・右投右打)や同じく2年で5番を打ち、甲子園で2安打したの右投左打の山内敦也(177㎝・中堅)らが主軸となる。昨秋は県を制すも、四国大会の初戦の準々決勝で8回に痛恨の逆転満塁弾を食い、9-7で敗れている。夏の甲子園で1年生で三塁の守備を経験した村上幹英(175㎝・右投左打)が2年になってレギュラーの背番号5をもらっているが、この試合では高尾が三塁を守っていたがこれは緊急的なもので、扇の要であることは変わらない。県の台湾選抜メンバー入りした杉野彰彦もおり、選手個々の能力は県内1,2を争う。 川之江  エース右腕の糸川亮太(170㎝)がヒジの違和感で登板回避しながら172㎝の2年生左腕・橋本光太の奮闘でこの春、県を制し、出場した四国大会でも準Vに輝いている。 松山聖陵  昨年2年生でMAX136kmを投げ、抑えを務めていた192㎝右腕のアドゥワ誠(右投右打=ナイジェリア人を父に持つ)が最上級生を迎え、球速も145kmまでに伸ばしているが、ポテンシャルは高いので、まだまだこれからの伸びに期待したい。昨秋は地区予選で新田に10-1と惨敗を喫しているが。今春は県準Vで、四国大会にも出場している。捕手で4番を打つスラッガーの稲葉にも注目だ。 ※決勝で新田と激突し、アドゥワは2失点完投し、3-2と勝利し、昨秋の借りを返した。稲葉は4番でこの試合は3の0だった。 北条  180㎝左腕の渡辺潤は、2年で計測した球速はまだ135kmだったが、肩やヒジの柔らかく、最上級生となり、139kmまで球速を伸ばしている。右サイドの藤田に、右腕の酒井も残っているだけでなく、昨年のレギュラーの7人が2年生だっただけに今年も十分期待できるし、さらに県内で唯一全国制覇の経験を持つ沢田元松山商監督のもとには昨年19人もの新入生が加わり、その中には楽しみな素材も多い。その今年の2年生の中では、186㎝・97㎏という大型内野手で“愛媛の清宮”の異名をとる西本祥大(右投右打)には要注目だ。昨秋は地区代表にはなるものの、県大会の初戦で1-0の完封負けを喫している。春は地区代表決定戦で松山商に敗れている。 ※2回戦で7-6と惜敗。先発した藤田は4回途中につかまり、それまで小刻みに加点した3点をすべて吐き出し、4-3と逆転され、渡辺と交代。その後再逆転するも、再逆転、同点を繰り返し、9回に決勝点を奪われている。西本は4番で3安打で2打点。チーム安打数も多かったが、12の残塁が響いた形だ。 新田  昨春の県の優勝校にして、四国大会の準優勝校。昨年急成長した177㎝右腕の田中蓮がエースナンバーを背負い、2年生の177㎝右腕の藤友暉とともに2本柱を形成し、さらには170㎝左腕の寺沖翔太も控え、昨秋は県大会準V。打線は一発のあるスイッチヒッターの三上幹太(164㎝・遊撃)に、3番の真田康弘(174㎝・右投左打・中堅)、4番の泉政斗(178㎝・右投左打・一塁)といった主軸が残り、新たにサードの黒川貴章(178㎝・右投右打)にライトの工藤耀介(172㎝・左投左打)といった2年生が主軸に入ったことで真田がリードオフマンに回り、四国大会の初戦では英明を相手に20安打16得点で大勝。敗れた準々決勝の明徳戦も10安打を放ち、5-4の惜敗と全国レベルの攻撃力は持っている。この春はベスト4入りも優勝した川之江に準決勝で⒒-0と惨敗している。 ※決勝で松山聖陵に3-2と惜敗を喫す。先発した田中が5回を投げ3失点。あとを受けた藤が最後まで投げている。真田、三上、黒川、泉、工藤と並んだ上位打線は、真田と工藤が無安打で、他はそれぞれ2安打ずつ放っている。 西条  MAX136kmの170㎝左腕・石丸慶次郎に、180㎝右腕の森実麟太郎に加え、130km後半の球を投げる2年生右腕の山本が急成長中と投手陣は厚みを増している。打線を引っ張るのは168㎝と小柄ながら3番を打つ主将の村上公康(右投左打・内野手)。 帝京第五  元プロ野球選手の小林監督がこの4月に就任。プロ注目のスラッガー大本将吾(186㎝・右投左打・外野手)に、その前を打つ3番の細見優己也(170㎝・左投左打・外野手)は50m6秒台前半の足と、広角に打ち分ける打撃センスがあり、この2人を中心に、この春は準々決勝で優勝した川之江に延長13回のタイブレークの末、7-6で敗れるという互角の試合をしている。 松山東  昨年の選抜の21世紀枠出場校。運動能力の高さで注目された越智優(172㎝・右投右打)が最上級生になっているはずも、昨夏の大会では出場していない。この夏もその時のメンバーが5人スタメンに並ぶはずだが、その中に越智がいるのかどうかは不明。 小松  昨夏は県の決勝で相手の今治西よりも多い安打を放ちながら4-3と惜敗を喫している。そのときにロングリリーフした2年にしてMAX140kmを出していた右腕の早柏佑至が最上級生で健在のはずだが、昨秋は東、馬越という投手で4強に入っている。昨年入部したセンスのある選手の多い新入部員21人らの中から台頭したか? この夏は165㎝の小柄な体から140kmを繰り出す右腕の馬越康輔がエースとなりそう。 聖カタリナ学園  男女共学化で今年から登録された新設野球部。1年生34人で始動。先々が楽しみだ。 伯方  180㎝の右腕エース・山岡昂平は、高校通算本塁打30本以上を誇る抜群の飛距離を出す右のスラッガーにして。50mを6秒前半で走る俊足も備え、肩も強い超の付く逸材として注目されている。 宇和島東  この春8強と戦力は揃う。 松山商  昨秋と春に8強入り。2年生エースの山本寛大が名門の伝統を引き継ぐ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
2016
愛媛
高校野球
甲子園

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2016選手権大会予選の状況(7/14,15)【野球傍目八目】

高知県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

千葉日大一vs成田〜優勝候補を追い詰めて〜【高校野球】【ゴールネットの向こうに】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:297268

(12月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 宮城県の有力校2016
  9. 福島県の有力校2016
  10. 熊本県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss