明日の野球界を背負う逸材を求めて

高知県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

明徳義塾  昨夏の甲子園代表校で、昨秋の県V校、そして四国大会の準V校にして、今選抜出場校。昨夏の甲子園の初戦では、昨選抜の優勝校の敦賀気比と激突し、延長10回4-3のサヨナラで敗れている。そのときいろいろな事情で夏はベンチ入りできなかった昨年の2年生投手3本柱が、ボーイズ時代ですでに141kmを計測していた平石好伸(188cm・左投左打)、MAX145kmの180㎝右腕の国光瑛人、一昨年の秋からエースナンバーを背負う中野恭聖(172㎝・右投右打)の3人。そのうち、中野が不調から脱し、エースとして独り立ちしたもよう。球速は135kmを計測する。平石は故障が契機になったのか、一塁手として野手に専念し主軸を担う。国光は右ヒジの疲労骨折から回復具合が思わしくないのか、昨秋も昨夏に引き続いてベンチ入りはしていない。そして、昨夏の甲子園で敗れたあと、馬淵監督は「今年はこんなもん、来年は強いチームで帰ってきますよ」との言葉を残したが、その根拠となっているのが、西浦颯大(177㎝・右投右打)に、遊撃の今井涼介(170㎝・右投右打)といった「これからの明徳を背負う」と監督のほれこんだ昨年の1年生。夏はベンチ入りできなかったが、昨秋は両者ともにベンチ入り。西浦は3番スタメンで四国大会にも出場している。また、マウンドに上がれば140kmを投げ、スライダーにもキレがあることから、春は無理でも夏にはエースナンバーを背負う可能性もある。なお、新チームでは昨夏の甲子園でもスタメンマスクで6番を打った捕手の古賀優大(178㎝・右投右打)が4番を打っている。今選抜では先発した中尾がMAX132kmで、ストレートもスライダーも一発を食い、3回で被安打8の3失点で降板。後を新たにベンチ入りさせた2年生左腕の北本佑斗に投げさせたがMAX127kmと130kmに満たず4イニングで被安打7の4失点。最後に登板した林田がMAX136kmを投げ、被安打0の無失点に抑えているが、相手、龍谷大平安打線の打ち疲れもあったかもしれない。打線は龍谷大平安の市岡の前に散発の6安打、1得点に抑えられてしまった。平石は2安打し、4番の古賀も走者を置いて2ベースを放ったが、走者が本塁で憤死。この初回の攻撃をもう少し大切にしていれば、少し流れは違っていたかもしれない。この春は県2位で出場した四国大会では177㎝右サイドの金津知泰がエースナンバーを背負い、林田、北本の投手で1勝を挙げている。西浦、中野、平石、国光といった選手がベンチ入りメンバーから漏れている。逆に強肩強打のルーキー捕手として谷合悠斗(179㎝・右投右打)がベンチ入り。まずは外野手として出場しそうだ。左のスラッガー立花虎太郎もベンチから漏れたが実際は健在で、夏に向けてのチーム内競争も激しくなりそうで、目が離せない。ただ、投手として最も球威のある国光の復帰は難しそうだ。 ※決勝の中村戦でエースの金津を初登板させ、8回まで無失点で9回に2点を奪われるまで被安打5と好投。最後はここまでの試合を一人で投げ抜いてきた中野が締め、4-2で勝利している。3番西浦、4番古賀は健在。立花は1番に起用され2安打していて、今井もセカンドで7番を打っている。 高知  昨年、2年で4番を打った捕手の栄枝裕貴(179㎝・右投右打)が健在。昨秋は高知商に3-2の僅差で敗れ、ベスト8にとどまっているが、この春は県を制し、チャレンジマッチでも明徳を倒し、四国大会でも優勝している。その原動力は完投能力のある2枚の右腕。186㎝の谷脇瑞基はMAX142kmを誇り、172㎝の吉村大輝は同135kmも安定感は抜群。U15アジア選手権の日本代表入りしたルーキー右腕の中屋友那(179㎝・打は左)も加入したが、春はベンチ入りはなく、この夏の登板があるかどうかもまだ見えない。打線はトップを打つ遊撃の十河友暢(168㎝・右投右打)に、この春の4番で一塁手の西海友貴(170㎝・右投右打)を中心に得点能力は高い。 高知商  昨年2年生で130km台中盤の球を投げていた高橋大(170㎝・左投左打)に、4番に座る生島隆成(185㎝・右投右打・一塁手)と投打の主軸が残り、昨秋は県準V、四国大会では初戦の相手、済美に9-1のコールドで敗れている。ただ、高橋は県大会では5試合を一人で投げ抜き、防御率は1.47だった。これにはリードした捕手の国沢拓矢(169㎝・右投左打)の力も大きく影響しているといっていいだろう。 土佐  今選抜出場校。174㎝左腕の松原頌季をエースに、昨秋は県3位。四国大会では県の準決勝で5-0で敗れた明徳義塾に、またも準決勝で当たるも、今度は2年生の164㎝右腕・尾崎玄唱が踏ん張り、延長10回に4-3のサヨナラ負けと成長のあとを見せる。春はこの尾崎がエースナンバーを背負い、甲子園ではMAX138kmを出すも大阪桐蔭打線に12本の安打を打たれ9失点(自責点は7)し初戦敗退を喫している。他にも176㎝の2年生右腕の清岡和俊も県大会準決勝で登板している。打線は166㎝と小柄ながらも控え投手も兼ねる中堅の吉川周佑(左投左打)が3番を打ち、4番の松原とともに引っ張るが非力さと得点力不足は大阪桐蔭に9-0と敗れたように解消といえるまでに至っていない。選抜後は尾崎は腰痛で春は登板回避も順調に回復中とのこと。選抜後の明徳の代表決定戦では清岡も登板している。 中村  トップを打つ主将の大黒から3番を打つ2年生遊撃手の北原で引っ張る攻撃陣には得点力があり。これをエース右腕の渡辺を中心にした堅い守備陣で守り、春は4強に入る。 ※決勝で明徳義塾に4-2で敗れる。渡辺が完投し、被安打8で4失点は決勝の疲れた状況での明徳相手ではよく投げたほうといえる。9回にようやく反撃したが、届かなかった。大黒は1番でノーヒット。北原は4番で1安打。3番サードで2安打を放った一円も2年で、同じく2年でファーストで6番を打った中野が来年の主軸か。 室戸  178㎝の左腕からMAX143kmを投げ、延長12回の参考ながら24の三振を奪ったこともある安田将妥を擁し、右腕の安岡航、清水も控え、投手陣の層は厚い。 梼原  将来有望な2年生外野手・溝渕翔(180㎝・左打)を擁す。 高知南  腕の振りのいい左腕の友竹を破壊力のある活発な打線が援護する。 高知工  左腕の小松、4番の高橋を投打の軸に、昨秋、今春と4強入りしている。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
2016
高知
甲子園
高校野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

千葉日大一vs成田〜優勝候補を追い詰めて〜【高校野球】【ゴールネットの向こうに】

千葉黎明vs松戸六実〜流れの綱引き〜【高校野球】【ゴールネットの向こうに】

関東学院、麻布台付属を破る。次戦は第3シード大師戦【カープのことが好きだから】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:321364

(11月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 熊本県の有力校2016
  9. 宮城県の有力校2016
  10. 福島県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss