明日の野球界を背負う逸材を求めて

福岡県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡大大濠  昨年2年ですでに140km超を投げていた浜地真澄(183㎝・右投右打)が最上級生を迎え、球速もMAX146kmまでに伸ばし、九州BIG3に加え、九州四天王と呼ぶプロも注目するまでに成長。この春は決勝で西日本短大付に2-1と惜敗するも、出場した九州大会を制している。この九州大会の決勝で先発した左腕の米村健一郎に、2年生右腕の三浦銀二もMAX139kmまで球速を伸ばし、投手陣は高い質で、層も厚い。浜地に頼っていた打線も1番から4番に2年生を並べ、さらには5番にはセンス抜群のルーキー稲本侑星(174㎝・右投左打・三塁手)を抜擢し、通算本塁打40本を超すスラッガー田中力哉(179㎝・右投左打・外野手)を6番に下げるほどの改造で、大きくパワーアップ。九州大会の4試合ではすべて2ケタ安打をマークしている。稲本の他にもU15アジアチャレンジマッチの日本代表入りした外野手の樺島竜太郎(178㎝・右投右打)といった楽しみなルーキーもおり、先々も楽しみなチームだ。 九産大九産  昨秋の優勝校。2年生ですでにMAX145kmを出していた右腕の梅野雄吾(174㎝)は、昨秋149kmをマークした球速も150km超と順調に伸ばし、プロも注目の九州BIG3と称されるほどに成長。昨秋の県準決勝でノーヒットノーラン、決勝でも8回までノーヒットに抑え、投球内容的にも大きく成長を見せたものの、九州大会では選抜出場のかかった準々決勝では力んで打ち込まれてしまったのは課題としたいところ。 西日本短大付  この春、県を制し、九州大会でも決勝まで進み、決勝では福岡大大濠に7-4とリベンジされてしまった。1~3番までは俊足の選手が揃い、4番の橋本と5番の渡辺大海(182㎝・90㎏・右投右打)と主軸に2年生スラッガーを並べた打線には力がある。投手はエース右腕の谷口碧から左腕の福井、右腕の大曲の継投となる。 九産大九州  昨選抜の出場校。そのとき投げた左腕の岩田将貴(178㎝)は最速は127kmと130kmにも満たなかったが、近江打線を3安打に抑えて完投。ただ立ち上がりは制球難で3四球を出し、1点を奪われ、自責点1の失点2ながら、味方打線の援護がなく、2-0で敗れている。野手では選抜で3番を打った尾崎誓也(誓哉?・173㎝・左投左打・外野手)に、捕手の中浜英寿(180㎝・右投右打)に注目。昨秋は県ベスト4も小倉に準決勝で10-3のコールドで敗れている点が冬の間の課題か。春もベスト4から3位決定戦を制し、九州大会に進み、1勝を挙げているものの、糸満には完封負けを喫し、それまでの試合も得点は最高でも3点と、あまり打てていない。岩田の球速はMAX133kmまでは出るようになり、フォームも緩急をつけるなどの工夫を凝らし、敗れた糸満戦でも1失点で完投している。何とか少ないチャンスを得点に結びつけてあとは岩田で守り切る野球で勝ち進むしかない。 九州国際大付  昨年まで2年連続夏の甲子園に出場し、昨夏はベスト8まで進んでいるチームからただ一人のレギュラー中山竜秀(176㎝・右投右打)が残る。甲子園では8番ライトながら、打率4割を残し、今年はリードオフマンとして打線を引っ張る。また試合出場はなかったものの、甲子園のベンチ入りメンバーには入っていた控え捕手の永岡大昇(174㎝・右投右打)も注目の選手だ。そのほかエースの藤本ほか、かつての若生監督時代から集まってきていた選手の個々の能力は高く、これまでの公式戦の成績は芳しくないが、巻き返すだけの実力は十分に有している。 ※決勝では福工大城東を4-3で下し夏三連覇。藤本が完投し、11安打を打たれながらも3失点ととく耐えた。中山はリードオフマンで3の1。永岡は主将としてマスクを被り、打順は8番ながら先制となるタイムリー三塁打を放っている。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
2016
高校野球
甲子園
福岡

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

佐賀県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

長崎県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

大分県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:117
  • 累計のページビュー:297384

(12月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 宮城県の有力校2016
  9. 福島県の有力校2016
  10. 熊本県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss