明日の野球界を背負う逸材を求めて

佐賀県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

龍谷  昨夏の代表校。甲子園ではプロ入りした秋田商の成田に3安打1得点に抑えられ、初戦敗退したが、同年の春は九州大会を制している。その原動力となった2投手が健在。160㎝と小柄ながら変則の左腕で甲子園で1試合ほぼ一人で投げた池田智浩(マークしたMAXは133km)に、エースナンバーを背負い打者一人に投げた167㎝右腕の矢ケ部航(同131km)だ。これに今年は右サイドの福山も加わった。野手も甲子園でも右翼を守り、リードオフマンを務めた石橋優希(175㎝・左投左打)が残り飛距離もアップさせている。さらに左翼で7番に入り、成田から1安打を放った北村大空(175㎝・右投左打)や、同じく昨夏の甲子園に1年生ながら代打で登場した170㎝・83㎏のドカベンタイプの2年生・矢野駿典(右投左打)は正捕手となり、主軸として打線を引っ張る。昨秋は2戦目で優勝した佐賀商に当たり、4-2で敗れている。この春も決勝で佐賀商とぶつかり、延長13回の7-6の惜敗といえども、またもはね返され、健大高崎の“機動破壊”の野球を研究するなど、新たに機動力も加味した攻撃で、打倒佐賀商に挑む。 佐賀商  昨秋の県優勝校にして、この春も県を制し、出場した九州大会でも初戦で九州学院を相手に10点を奪う強打を見せつけた。その中心となるのが1年から不動の4番で捕手として守りの要も務める野中翔太(181㎝・93㎏・右投左打)で、パワー抜群のその打撃は超高校級。この野中とともに、中軸を打つ龍野瞳衣(右投左打)も184㎝・80㎏の体格で2年の頃から長打を放っていたが、昨秋の新チームからエースナンバーを背負い、145kmを計測するも、故障が多く、昨秋はほとんど登板せず5番打者として一塁の守りに付いていた。さらには3番を打つ平野友都(172㎝・右投右打・内野手)が並ぶクリーンアップの破壊力は強烈で、全国レベルで見ても上位といえる。不安は龍野が投げない時の投手で、昨秋マウンドを守っていたのが、172㎝右腕の弘川勝紀で、県大会の決勝でも1失点完投しているが、九州大会では樟南打線に捕まり、初回にKOされている。その後を2年生右腕の竹下柊(174㎝右打)に、遊撃を守っていた三島康雄(175㎝・右投左打)が投げるも11-8で敗れている。この春は新たに140km前後投げる170㎝右腕の大嶌雄偉、右アンダーの諸隈潤(179㎝・打は左)、2年生の175㎝右腕・永渕拓大に、ルーキーの177㎝右腕の木村颯太が登板。竹下はベンチからは外れたものの、陣容は充実。ただ、一部には安定感はないとの声もあり、打線の援護が不可欠かもしれない。 ※決勝の唐津商戦では、先発の大嶌から繰り出した木村、永渕、三島の4投手がことごとく捕まり、15安打を食い、16-5で敗れている。打線は4番龍野は4の2だったが、3番の野中がノーヒットだった。 佐賀学園  日永田凌(180㎝)に藤木大輔(177cm )と、140km超の球を投げる右腕を2枚揃え、この春は4強入り。ただ、昨秋見せたいい時と悪い時の差の激しい調子の波の解消がこの春も見られなかったのが大きな不安要素。長打力のある4番の内田とともに、投打の柱の安定感が欲しいところ。 鹿島  183㎝の本格右腕の平方壱生希(右投左打)は昨夏はサードを守り、リードオフマンを務めていたが、最上級生となり、マウンドに戻り、MAX146kmを誇る坂口蒼(176㎝・右投右打)とともに投の二枚看板をはる。平方は打でも4番に座り、投打の中心となる。 神埼清明  176㎝右腕の本幸司(右打)で昨秋は県準V。九州大会では大島に初戦で3-0と負けているが本は完投している。打線もトップの中島、主軸を打つ生島、高沢広輝、本と力のある打者が揃い、さらに台頭してきた2年生がその中に割って入り、レギュラーの半数を占める。8強に入った今春も準々決勝で龍谷に3-1敗と互角の戦いを演じている。来年も楽しみなチームだ。 鳥栖工  130km後半の球を投げる右腕の酒井をエースに、松尾、福井の主軸打者が投打の柱となり、春4強入りしている。ただ、準決勝では佐賀商に9-1と完敗を喫している。 鹿島実  昨秋のベスト4。優勝した佐賀商に延長12回の末に3-2で敗れた昨秋の準決勝ではMAX140kmの山口航平が投手―捕手―投手と守備位置を変え、ツーベースも放っている。同じ右腕の北村皐も安定し、さらには2年生左腕の岩田も成長し、投手陣の層も厚くなっている。山口は打でもリードオフマンを務め、4番の松尾とともに、打線も引っ張り、この春も8強入りしている。 佐賀北  左のサイド・犬塚をエースに、2年生右腕の中島が控え、打線も2年生の古川が主砲となり、投打で来年が楽しみだ。 佐賀東  エース右腕の福嶋雄大は189㎝・86㎏の堂々たる体格から140km台後半の球をガンガン投げるプロも注目の逸材。この夏の活躍次第では九州BIG3と肩を並べる可能性も十分に秘めている。打でも4番を打ち、まさに大黒柱といえる。 佐賀西  リードオフマンの松石遼典(170㎝・右投左打・内野手)は50mを5秒台で走る圧巻の快足でチームを引っ張る。元阪神の永尾のコーチ指導もあって、この春は8強に入っている。 小城  左腕エースの江口哲平に、2年生右腕の川久保が成長。192㎝右腕の江越健太は捕手に転向し、強力打線の中軸を担う。 唐津商  井上樹希也、打越を軸に打線には力があり、投手も好左腕を擁する。 ※決勝は自慢の打線が爆発し、佐賀商に16-5の大勝。井上はリードオフマンで4の3を打ち4打点。打越は代打での出場でノーヒット。3番を打った2年の岡本(外野手)2安打、2打点。5番には1年生捕手の土井が入り、2の1だった。投手は谷口が完投。 早稲田佐賀  力強い球を投げる右腕の酒見直希は、打でもリードオフマンを務め、機動力で突破口を開く攻撃陣を引っ張る。 伊万里  昨年キレのいいボールを投げていた川原が最上級生で健在のはずも、今年は校名がダークホース的に一部で挙がるのみにとどまっている。 鳥栖  新監督で上位をうかがう。 多久  長打力のある左のスラッガー谷村大聖に、2年生の巧打者・大坪俊介を擁し、春は8強入り。ただし、準々決勝では佐賀商に10-0と圧倒されている。 高志館  器用な2年生の変則左腕・田中脩弥を擁し、面白い存在となる ※初戦で延長15回の末、5-4で敗れる。田中は7回を投げ、被安打3でマウンドを降りている。 唐津青翔  エース右腕の矢筒開人が打でも4番を打ち、県内最小部員数のチームを牽引する。 佐賀工  球速は130km台もスローカーブのいいエース右腕の犬塚敬太を伝統の機動力野球で援護する。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
2016
佐賀
甲子園
高校野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

長崎県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

大分県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

熊本県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:117
  • 累計のページビュー:297384

(12月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 宮城県の有力校2016
  9. 福島県の有力校2016
  10. 熊本県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss