明日の野球界を背負う逸材を求めて

長崎県の有力校2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

海星  昨秋県を制し、九州大会でも準V。この春の選抜に出場。その原動力は何といっても強力打線。九州大会でも初戦から2戦連続コールド勝ちしている。その打線の導火線役となっているのが、トップを打つ右投左打の外野手・服部貫大(171㎝)に、2番を打つ180㎝右投左打の内野手(三塁)島原勇樹。課題は九州大会決勝で鹿実に13点を奪われ崩壊した投手陣。エースナンバーを背負ったのは、171㎝左腕の春田剛士だが、崩壊した試合では間(173㎝)、170㎝の2年生左腕の広森、土谷(174㎝)が登板しているが、総崩れ状態だった。この中で誰かが軸となるのか、それとも2年の180㎝右腕の飯田大翔のように別の投手の起用も考えられたが、選抜では春田、土谷のリレーがハマり1勝すると、勢いがつき、同じ継投で、前年の選抜の覇者、敦賀気比を撃破。ただ、春田は慢性的なヒジ痛を患っており、準々決勝の高松商戦では、同じリレーで7回途中までで10失点。あとを受けた間、広森も打たれ、17-8で敗れている。1試合に3度の暴投もあり、負ける時の投手陣の連鎖崩壊の解消が課題となりそう。ただ、神宮覇者の高松商から、相手の4失策があったとはいえ、8点を奪った打線は、全国で戦える力を証明したといえよう。各投手の選抜の舞台での球速は、春田が135km、土谷が133km、広森が131km、間が127kmだった。選抜帰りの推薦で出場した九州大会の初戦では飯田が140km超の球を投げ、1失点完投し、5-1で勝利しているが、次の西日本短大付戦では土谷、間、広森のリレーで6-3で敗れている。ただ、5回に5失点のビッグイニングを作られただけで、全国レベルの相手に、少しは継投が通用するようになってきているのかもしれない。打者でも選抜の準々決勝で高松商相手に本塁打を放った174㎝ながら93㎏とがっしりとした体形の永石拓武(右投左打・一塁手)の長打力が本格化しだすと、一気に突っ走る可能性もある。また今年のルーキーには、U15日本代表入りした永尾竜聖(171㎝・右投右打・内野手)もいるが、この選手層では今年戦力になるかどうかは微妙なところだ。 長崎日大  昨秋のベスト4から今春は県準V。九州大会でも鹿実、佐賀商と撃破して、ベスト4入り。準決勝でも西日本短大付に5-4とほぼ互角の戦いをしている。その原動力は、177㎝のエース左腕・馬場健一朗に、182㎝右腕の豊田凛平、トップを打つ俊足の2年生外野手・大塚由智(176㎝・右投左打)、主軸を打つ捕手の樋口祐作(175㎝・右投右打)といったタレントが、監督いわく「この10年間で一番キツイ」という練習で磨かれたこと。この戦力に春は故障で離脱していた右腕の江越が戻るようだと、さらに心強くなる。また、九州大会の準決勝では180㎝の2年生右腕・前比嘉滉平も登板。その他、1年生ながら背番号20でベンチ入りした梁瀬慶次郎(172㎝・右投左打)も先々楽しみな存在ではある。 大村工  昨秋の4番で181㎝・93㎏というどっしりタイプの城田錬(右投右打・外野手)をリードオフマンに固定し、中軸に九州屈指の捕手に成長した白石翔樹(175㎝・右投右打)と山道洸輔(174㎝・右投右打)のツイン砲を並べた強力打線で、この春の県を制した。エースは172㎝右腕の松尾心太郎だが、県の決勝、準決勝でともに5失点を喫している。ただ、178㎝右腕の秀島輝哉(打は左)が九州大会初戦の日南学園戦で2失点完投勝利を収めたのは大きな収穫。準々決勝の福岡大大濠戦では、普段は遊撃を守る主将の田中優志(178㎝・右投左打)が先発し、3回を投げて4失点、173㎝左腕の大石康太郎がワンポイントで登板したあとに、175㎝右腕の八坂佑真が2回弱を投げ、最後に松尾が登板し6与四死球で3点を失い、7-4で敗れている。打線に比べると、投手陣は全国レベルから見るとやや物足りなく感じるのは否めないところだろう。 ※決勝の長崎商戦では相手を上回る8本の安打を放ちながら、得点できずに1-0で敗れる。秀島が先発して7回まで投げ被安打3の1失点。その後を大石がワンポイントで投げ、松尾が最後まで投げている。1番の城田は4の1、3番の白石は4の2だったが、4番の山道は2の0で途中交代しているのはアクシデントか、不調か。 創成館  昨夏の甲子園出場校。このとき、天理から1勝を挙げたチームから遊撃で6番の宇土憲伸郎(169㎝・右投右打)と三塁で8番の中島巧喜(170㎝・右投右打)の三遊間が残る。昨秋は1勝のみのベスト16どまり。宇土は投手兼任となり、スライダーが武器の横崎と共にマウンドを守る。選手個々の能力が高いことは、昨年の甲子園でも実証済で決して侮ることはできない。中島は二塁にコンバートされた模様。 長崎南山  外野手の村上純平(177㎝・右投右打)を中心に50mを6秒台で走る選手を揃え、機動力を前面に押し出した攻撃力で春は県ベスト4。投手は173㎝右腕の松本天統の変則サイドの投法が効果的で、九州大会でも樟南に延長で2-1と惜敗を喫したが、相手打線を延長10回でわずか3安打に抑えている。あとは、8つ四死球を出してしまった制球力が課題か。 長崎商  昨夏のベスト4。そのときのエース、163㎝と小柄な右サイド・本田一政が健在でこの春もベスト4に食い込む。他にも176㎝右腕の吉村心之介・175㎝右腕の鰐口雷喜といった控え投手陣も残っている。九州大会では初戦の九産大九州を相手に本田が被安打5に抑えるも8四死球の影響もあってか3失点し、3-1で敗退。ただ本来は制球もよく、守備も堅い。課題は打力か。 ※決勝の大村工戦は被安打8ながらも完封し、1-0で勝利。与四死球も1と制球も本来の良さも発揮。打線は3回戦あたりからもうそこそこ力のある対戦相手となったとはいえ、最高得点が6はちょっと寂しいか。 長崎総科大付  昨秋の準優勝校。ただし、決勝では海星に17-1と大敗。出場した九州大会でも初戦で日南にコールド負けを喫している。ただし、2年生中心のメンバーだけに、この経験が大きく活きる可能性は十分にある。春は2年生エース右腕の東山輝星(171㎝)が背筋痛で投げられなかったが、2年生の大型左腕の川原豊(1年時の身長は178㎝)の踏ん張りもあり、ベスト8入り。東山の復活次第では面白くなりそう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
2016
長崎
高校野球
甲子園

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

大分県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

熊本県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

宮崎県の有力校2016【明日の野球界を背負う逸材を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconwhitehiro

  • 昨日のページビュー:331
  • 累計のページビュー:297268

(12月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 沖縄県の有力校2016
  2. 西東京の有力校2016
  3. 福岡県の有力校2016
  4. 東東京の有力校2016
  5. 青森県の有力校2016
  6. 北北海道の有力校2016
  7. 大分県の有力校2016
  8. 宮城県の有力校2016
  9. 福島県の有力校2016
  10. 熊本県の有力校2016

月別アーカイブ

2016
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss